鎌倉の家大使の住まいレポート『猫4匹と無印良品の家で暮らしています。』

鎌倉の家大使の住まいレポート『猫4匹と無印良品の家で暮らしています。』

鎌倉の家大使に選ばれるまで<面談編2>

2019年2月4日 2年目の冬 編

鎌倉の家大使に選ばれるまで<面談編2>

こんにちは。「鎌倉の家大使」みーさんです。
あっという間に2月になりました。お寒い日が続きますが、「鎌倉の家」には温かい日差しが入ってきます。窓がたくさんあるって本当に明るくて、そしてあたたか! 「窓がある=寒い」という今までの私の中での常識は、この2年で完全に覆されました。「鎌倉の家」はエアコン1台、暖房20度設定でも寒くないんですよー!

さて、2年前の今ごろは何してたんだろう?とレポートを振り返ってみると、ちょうど鎌倉の家の建築現場見学会へ出かけていました。
柱と壁と窓が入った状態で、まだまだお部屋感は感じられません。構造を見ることでSE構法というものを初めて知り、断熱のことを知り、「戸建ての家ってこういう風に建てるんだ~。へぇ~。」といろんな情報を知りはじめた頃でした。

mado170207_003

正直この頃は、まだ自分が「鎌倉の家」に住むという実感が全く湧いてなくって。レポートははじめていたものの、モニターに選ばれたという感じも、あるような、ないような…。あまりにびっくりな出来事だったので、ちょっと自分の中で消化出来てなかったような、そんな感じでレポートを続けていました、じつは。

さて、今回で3回目となる、鎌倉の家大使に選ばれるまでレポート。いよいよ最後となります。
はじめての一次面談から約2週間ほどたったある日、面談結果のメールが届きました!

2016年10月中旬・次回モニター面談のメールが来た!

mado190204_002

どうも一次面談に通ったようで、次は現地を見て、交通の便だとか、近所の様子だとか、実際にこれから住む土地を見て、確認してくださいね、ということでした。私は「鎌倉の家」が完成するまで現地は見れないんじゃないかと思っていたので、この現地を見るという面談はありがたいなーと思いながら、いざ鎌倉へ。この時点では、まだ数回面談があるんだろうなと思っていたので、この現地訪問の時には、一次面談ほどドキドキしなかったような気がします。

2016年10月末・まだ駐車場だったころの鎌倉の家を訪問!

mado170207_002

鎌倉駅からは徒歩で、「鎌倉の家」へ向かいました。10月の末でしたがこの日はとてもあたたかく、汗ばむような日。途中雑談をしながら向かうと、そこには駐車場が!
「ここに窓の家が建つんだ。へぇー。でも全然実感わかないし、家が建つ前の更地見てもわからない。どうしよう…。」と思っていると、スタッフさんが「記念にここの写真撮っときますか?」とおっしゃったのです。私としては、「モニターに決まったわけじゃないのに、この駐車場の写真撮っても、落ちたら後で哀しくなるんだけどー。」と思いながらもスマホでパチリ。それが、上の写真です。

鎌倉から池袋本社へ向かって二次モニター面談

現地を確認して、駅からの徒歩感、街並みなどを確認して、その後池袋本社で二次面談をしていただきました。
一次面談の時点で、10組近い方がいらっしゃったというようなことをお聞きしていたので、まだまだこの後、数回の面談があるだろうと思っていた私。

あれこれお話をして、再度確認事項などもお伺いしていると、「内定です。」というようなことを言われたのです。が、正直良くわからず…。何が内定なの? 二次に受かったってこと? とかイロイロ考えてしまったのですが、なんと、この時点でモニターの内定をいただいてしまったのです。えらいこっちゃ!

再度大阪に戻って考えて、後日お返事ください。と言われたので、とりあえず本社を後にするものの、頭の中は???マークが浮かんだまま。嬉しいんだけれども???な状態で、大阪へ帰りました。
帰りの新幹線の中で、「あ、内定したから現地の写真撮ってって言われたんだ! あとでレポートに使うための写真だったのね!」と納得した私。

2016年10月末・鎌倉の家大使になりました!

profile_01_720

そんなこんなで、面談が数回続くと思っていたのに2回で終わっちゃって、しかも決まっちゃったというあまりの出来事に、なかなか実感がわかなかった私。2016年11月からはメールでのやりとりが続き、年明けからのレポート用に、年内に再度東京へ行きました。 モニターとしての契約書を書いたり、テレビとインターネットの準備をしたり、年明けには三鷹のあみいちゃん家を訪問したり。 お買い物ツアーでIDEEさんを訪問有楽町でお買い物と、バタバタとした日が過ぎていきましたが、どれもこれも自分の日常ではないことだったので、本当に実感がないまま、引っ越しまでが過ぎていきました。ちょうど、2年前の今ごろの時期です。

mado190204_003

鎌倉の家大使に選ばれるまで。全3回で綴ってみましたが、いかがでしたでしょうか?
当時のことを思い出された方もいらっしゃるのではないでしょうか? 近い友人などには、私が「鎌倉の家大使」になったことを伝えたのですが、友人の妹が応募していたり、前回の三鷹の家にも、そしてこの鎌倉の家にも応募したという友人がいたり。本当に夢のようなモニター企画ですよね。MUJI HOUSEさんすごい! 4年後またお願いします(笑)

残念ながら私は「鎌倉の家」を購入出来ないので(BIG何回も買ったけど当たらなかった、泣)、モニター期間終了と共に大阪へ帰ることになりますが、あと少しのあいだ、猫大使たちとともに、「鎌倉の家」の魅力をお伝えしていきたいと思います! どうぞお付き合いくださいませ。

みーさんでした。

ぜんぶ、無印良品で暮らそう。

家も、家具も、ぜんぶ無印良品で生活したら、どんな毎日になるんだろう。
あの三鷹の家住まいモニター募集から4年。無印良品では、無印良品の家「窓の家」に2年無料で住む、鎌倉の家住まいモニターを募集しました。
入居までのストーリー

鎌倉の家大使プロフィール

住まいレポートをするのは、12,562の応募から選ばれた、ひとりの女性と猫4匹。
プロフィールを更に詳しく