三鷹の家大使の住まいレポート『ぜんぶ、無印良品で暮らしています。』

今、有明に。 無印良品 東京有明その2

2020年12月18日 三鷹の家編2020

今、有明に。 無印良品 東京有明その2

さてさて、前回はMUJI HOUSEさんご提供のリノベーション案件をお見せしましたが、今回は良品計画さんご提供の新設!! リフォームコーナーをご紹介しますよ! リノベとリフォーム、何で分けてんねんなどと、疑問に思うこと間違いなし! なぜなら私も思ったから! というわけで違いとか、できることとかをご紹介していきたいと思います。

201218_02

リノベーションは「大規模な改修」ということ。リフォームは「部分的な改修」ということ。つまりリノベは間取りから内装・配管などすべてをゼロから考え直し、これから住む人たちの暮らしに合わせてつくり替えることで機能を刷新する改修をリノベーションと言います。一方でリフォームは、時間を経て汚れて古びた内装を新築の状態に近づけたり、好みの仕様に変えるための改修です。お分かりでしょうか?

201218_03

ちなみに写真にあるのはMUJI INFILL+。リノベーションの延長上にあるパーツの販売コーナーですね。こちらはMUJI HOUSEオリジナルの製品が多くみられます。パーツ買いできるの最高! うちも少しずつ綻びが出てきた部分があるので、普通に買いたい!! イエスっ!

201218_04

これはうちのトイレについてるペーパーホルダーだったりします。なんか色々な形の部品があるのですねえ。めちゃかわいいなあ。部分家具マニアにもおすすめのこちらのコーナー。是非みに行ってくださいな。

201218_05

MUJI INFILL+では、うちの家の床も販売されていました。床っていくつか敷き詰めて見てみないとイメージわかないもんですね。でも自分ちの床はすぐわかりました! 並べてみるといい感じ。白っぽい木の方が家が広く見えるのではないかという持論と、黒っぽい床の方がシックに見えてかっこいいんじゃないかと思う持論。

201218_07

オリジナルキッチンも販売しています。ステンレスですねえ。テカテカソリッドが好きな人には是非ともおすすめ。

201218_06

さてこちらは良品計画さんのDIYコーナー! DIYということはですね、壁の色を変えたり、棚をつけたりとか色々でしょう。おそらく自分でできる範囲のことを指しているのではないかな?そんな、自分でどうにかしたいっっ!!! という人の願いを叶えるブースがここにありました。素敵な塗装具。色は、生で見て欲しい! この色ならうちに合う! とか判断できるはず!

201218_08

漆喰本体も売っていました。その名もうま〜くヌレール。ちょっと笑っちゃった。でも本当に上手く塗れるらしい。笑 おもぴろいですね。初めて漆喰を塗る方々から、プロの職人さんまで幅広いお客様にご愛顧いただいています。とのこと。有明にはいろんなものが置いてあるんだなあ。

201218_09

壁の色を塗ったりするの、私も数年前にやりましたけど、とても大変だけどやりがいはすごい。やはりケチらず、いい道具を使うと吉ですぞ。ハケのタイプも良かったけどコロコロするタイプのふわふわしたやつが一番やりやすかったように思います。三鷹の家も、こないだ漢字シートを剥がしたら、トイレの壁の一部がハゲちゃったので、これを機にトイレを塗り直そうかと思ったんですけど、持って帰るのが重そうだったから一旦やめました。今度ちゃんとやろうと思います。

201218_10

リフォームコーナーは他にも台所とか売っていてすごかったです。電気とかね、換気扇まで売ってるんですね。蛇口がいい感じ。やっぱ壁の色、シックにすると心に落ち着き出そうですね。

201218_11

リフォームコーナーではお風呂のリフォームの提案もしていました。お風呂って個別で変えられるんだ…すごい。無印良品 有明では「陽の家」、「MUJI INFILL 0」、「リフォームコーナー」と3つのお風呂があるというわけですね。どれが良いか吟味するが良いのです!

201218_12

寝室空間のリフォーム。部分的に床色を変えているのはわざとだと思うのですが、シックですね〜大人の男の部屋って感じですかね〜大人の男でこのいい感じのおへやを保てるダンディはほんまにいるんかいな? いるに違いない。

201218_13

なんか紹介の順番が逆になってる気がするんですけど、逆から取材始めちゃったので申し訳ありませぬ。こちらは玄関の土間のリフォーム。まさかの土間に机。男のガレージと言いたいのでしょうか。男らしい。俺だけの時間、空間。誰にも邪魔されない、俺だけの空間を土間に作ってやったぜ。いいなー。ついつい本を読みふけってしまいそう。

201218_14

というわけでリフォーム担当の阪井さんに全部紹介してもらいました。阪井さんもなかなかのマスク越しでもわかる、グッドガイでした! ありがとうございます! みんな、有明へ急げっっっ!

妻のあみいちゃんでした

関連記事


「三鷹の家大使の住まいレポート」の単行本が発売されました!

著者は、我らがあみいちゃん。タイトルはそのまま『ぜんぶ、無印良品で暮らしています。「無印良品の家」大使の住まいレポート』。2016年5月26日より、全国の書店およびAmazonなどのWEB書店で販売しています。

ぜんぶ、無印良品で暮らしています。

家も、家具も、ぜんぶ無印良品で生活したら、どんな毎日になるんだろう。
無印良品では三鷹に建てた「無印良品の家」に2年無料で住む人を募集。当選した住まいモニターの無印良品に囲まれた暮らしがここに実現しました。
入居までのストーリー
動画(YouTube)

三鷹の家大使プロフィール

住まいレポートをするのは、57,884の住みたい宣言から選ばれた、2012年最も幸運なご夫婦。
プロフィールを更に詳しく