東京・大阪・団地暮らし

東京・大阪・団地暮らし光が丘と千里、2つの団地の住まいレポート

神戸無印良品で防災の備え

2018年 3月 29日

無印良品で防災の備え

みなさん、冷たかった空気もほころんで、やっと春が来ましたね。関西の方でも桜が咲いて、春の訪れを実感しているところです。ちなみに僕らが住んでいる落合団地は高台にあるためか、少し開花が遅いようです。

さて、前回はトーリーが、防災がテーマの「DANCHI Caravan in 町田山崎(団地キャラバン)」に行ってましたね! 「もしもの備え」をしなければ! と思うのですが、忙しさにかまけていつも後回しになっていました。 そんなことではいかん!ということで、心を入れ替え準備を開始することに。 イベントには行けなかったのですが、自分のできることを実践しました。

kobe180329_01

まずはリサーチに、無印良品 グランフロント大阪へ。実際にどんなものがあるか、自分の目で見てみたいなと思ってやって来ました。

kobe180329_02
kobe180329_03

最初に目についたのは「デンタルフロス・ワックス付」。シンプルな見た目でいいですね。避難した際は、歯磨きができないかもしれないので、すごく良さそうです。さらに「歯みがきシート」も発見! 水ですすぐ必要がないので、かなり防災向け。

kobe180329_04

さらに、同じコーナーに「汗ふきシート」や「除菌シート」もありました。これで水がなくても体を拭いたり、手を綺麗にできますね! それにしても無印良品のシート類の充実ぶりがすごい、、。

kobe180329_05
kobe180329_06

これなんかどうです?「耳栓」。ケース付きなのがいいですね。周りの音を気にせず、眠りにつけそうです。

img_2806

次はトラベル用品の「MUJI to GO」のコーナーにやって来ました。コンパクトで軽いものが多いので、ここにもいいものがありそうな予感。

img_2807

さっそく良さそうなカバンを発見。「パラグライダークロス 収納袋付きたためるリュックサック」。

kobe180329_09
kobe180329_10

ちなみに、このカバン、計ってみたら150gと、空のコップ250gよりも軽かったです。防災グッズはあれもこれも、と入れたくなりますが、カバンが軽いとその分少し余裕ができそうです。

kobe180329_11
kobe180329_12

この圧縮シリーズもいいですね! まさに非常用という感じがします。

kobe180329_13

広げるとこんな感じ。薄手なので、来ている服にプラスしたり、肌着として使うと良さそうです。

kobe180329_14
kobe180329_15

この「タグツール」シリーズもあると安心ですね。小さいので気軽にカバンにつけておけそうです。

kobe180329_16

これ、何かわかりますか?

kobe180329_17

正解は「手回し充電ラジオ」。しかもUSB端子が付いているので、携帯電話の充電もできてしまうのです! 便利すぎる。充電用のケーブルと様々な機種に対応した端子が付属している「充電ラジオ(LEDライト・時計機能付)」もあります。

kobe180329_18

こちらは「LED持ち運びできるあかり」。こういった灯りがあると、とっさの際も安心ですね。普段も寝る前に使用できるので、一石二鳥です。ベッドサイドに一つ欲しい。

kobe180329_19

あとは非常食が必須ですね。我が家では帰りが遅くて時間がないときの非常食として重宝していますが、もちろん災害時にも使えるのが、このカレーシリーズ。なんだかさらに種類が増えてませんか? 本当にすごい品揃えです。

kobe180329_20

そして、人の生活になくてはならないお水。これも無印良品で買えます。これ、大きいサイズもあったら嬉しいですね!


お店を回るだけで「使える」と思わせる商品がたくさん見つかりました。視点を変えると、商品がいつもとは違った見え方がしてくるのでおもしろいですね!
無印良品の商品には、ふだんから使える機能性とデザインを兼ね備えたものが多いので、「防災用に出費したな」というより「いいもの買えたな」という印象が強かったです。

長くなってきたので、実際に備える様子は次回に持ち越しです。実はまだまだ商品があったり、実際の避難の際はどうしたらいいのかも考えたいですね。

それではまた! アーリーでした。

レポータープロフィール

東京

光が丘パークタウンMUJI×UR Plan14に暮らすのは、建築士の青年トーリーと奥様のヨーメー。

神戸

落合団地MUJI×UR Plan12に暮らすのは、情報誌編集者のアーリーと奥様のターナー。

東京と神戸の2つの団地、MUJI×URの2つの部屋から、団地の魅力をレポートします。
このブログについてさらに詳しく

カテゴリー

最新の記事