三鷹の家大使の住まいレポート『ぜんぶ、無印良品で暮らしています。』

いまは昔の三鷹の家

2020年9月25日 三鷹の家編2020

いまは昔の三鷹の家

飼い犬、みみ子の匂いを嗅いでいたら、1時間くらい経過していることがたまにあります。あと、みみ子が爆睡していると、自分もその顔を見て動けなくなってしまったり…。そういえば娘が赤ちゃんのとき、眠っている顔を見てると平気で時間が経過していました。そのすきに家事でもすれば良いのでしょうけど、ゆったりした気持ちの人がそばにいるときは、自分もゆったりしたいなぁと思うものなんだと、知りました。というわけで、最近はみみ子の寝顔でゆったりしています。

そういえば、前々回のレポートでコメントくださった方、ありがとうございました! 見てくれてる人がいるのだ!ととても嬉しくなりました!喜びです。これからも頑張っていきたいと思います!そして、前回のブログでお伝えすればよかったのですが、先日2020/9/19の19:00〜のTBS「ジョブチューン!」にムジラーとして出演させていただきました!今週だったらTverとかで見れるかもしれませんので、よければご覧くださいませ!無印良品のカレーランキングなど、面白企画盛りだくさんでした。

200925_02

というところで、過去の施工時の写真を採掘したので、元気一杯欲張り盛りだくさんコースで写真を載せていきたいと思います。いまは昔、ただの土であったこの土地に、家が建ちました。

200925_03

こちらはおなじみの玄関側からのショットです。玄関の位置関係で、方角がわかる気がしますね。最初はこのように青いものに包まれていた謎の家だったのですね…

200925_04

玄関から入ってすぐ、右側はトイレやお風呂がある場所で、左側はリビングですね。奥にはキッチン。最初はこんなんだったんだなあ〜と不思議に思います。施行中の家のなかまで見せていただけるなんて、嬉しいことです。

200925_05

これはどこだろう…?と思ったけど、洗面所の配線周りですね。ブレーカーが付いているあたりです。こんなにたくさんの配線がプランプランしていたのですね〜! いまは線一本見当たりませんが、家のなかには電気という名の血が通っているのですね。

200925_06

このときは、はしごでしか2階に上がることができませんでした。非常にエキサイティングな経験でした。いまは、写真に写っているはしごとは逆の位置に階段があります。賢明な読者の皆さんなら、なるほどね…とわかっていただけるでしょうか…

200925_07

SE構法の基礎となる柱です。無印良品の家はSE構法です。なんやねんって思いますよね。ここをご覧くださいませ。簡単にいうと、強度が明確な「集成材」の柱と梁を丈夫な「SE金物」で接合してあり、一棟ずつ大規模建築と同様の構造計算を行っているということでございます。

200925_08

これは取材ということで特別に登らせてもらった、階段のついていない我が家の2階です。左手の壁は全てクローゼットになっているので、本来こんなに幅があるものだったかあ! とちょっと驚きました。いまは娘の部屋がある地点あたりからの撮影です。

200925_09

我が家、真四角に見えるかもしれないのですが、実はクローゼット部分が一部分斜めに屋根が降りているのです。隣のお宅への日当たりの計算のためだった気がします…(忘却)

200925_10

こう見るとすっからかんですね。私たちが立っている位置は、いまはベッドが置いてある場所です。何もなかったのですねえ。新築っていいな、新築っていいな。

200925_11

この場所は私がナウ、記事を書いております、私の仕事スペースです。日当たりも良く、快適です。みみ子(犬)の部屋も隣にあります。まだベランダも設置されていない状態がこの家にもあったのですね…

200925_12

MUJI HOUSEさんは、無印良品の家オリジナルヘルメットをかぶっていることが発覚。可愛いですね。

200925_13

いろいろと説明をしていただいた記憶がありますが、メモを取っている様子もないし、まだ意識朦朧とした状態です…。最初は何が何だか、わからん…という感じでした。いろいろと取材を重ねていくうちに、家の構造などに少し詳しくなってきたり…家づくりって奥深いものなのですね。MUJI HOUSEさんの話を聞いていると、「無印良品の家一択じゃん!」と普通に思うのですが、きっとそれぞれのハウスメーカーの主張する「一番最強の家」っていう考えは確実にあって、全てを聞いてみたいところですね。

200925_14

最後はいい感じに撮れてる無印良品の家ヘルメットにて閉めます…。
テレワーク推奨の世の中になってきつつある最近。住宅環境を見直すのにいい機会なのかもしれません。テレワークを快適に。で、いったら、MUJI×URの賃貸物件もめちゃめちゃ熱いですけどもね〜!!! 思い切って家〜イ!! というわけで次回に続くっ!

妻のあみいちゃんでした

最新の記事

関連記事


「三鷹の家大使の住まいレポート」の単行本が発売されました!

著者は、我らがあみいちゃん。タイトルはそのまま『ぜんぶ、無印良品で暮らしています。「無印良品の家」大使の住まいレポート』。2016年5月26日より、全国の書店およびAmazonなどのWEB書店で販売しています。

ぜんぶ、無印良品で暮らしています。

家も、家具も、ぜんぶ無印良品で生活したら、どんな毎日になるんだろう。
無印良品では三鷹に建てた「無印良品の家」に2年無料で住む人を募集。当選した住まいモニターの無印良品に囲まれた暮らしがここに実現しました。
入居までのストーリー
動画(YouTube)

三鷹の家大使プロフィール

住まいレポートをするのは、57,884の住みたい宣言から選ばれた、2012年最も幸運なご夫婦。
プロフィールを更に詳しく