東京・大阪・団地暮らし

東京・大阪・団地暮らし光が丘と千里、2つの団地の住まいレポート

インナーバルコニーの使い方あれこれ

2017年7月3日 1年目の夏 編

インナーバルコニーの使い方あれこれ

こんにちは。「鎌倉の家大使」みーさんです。
7月に入って梅雨らしいお天気も多くなってきました。洗濯物の乾きが気になるシーズンですね。「鎌倉の家」ではインナーバルコニーに洗濯物を干しているのですが、バルコニーをつくらず、室内に代わりとなるスペースをつくるというケースは、世の中的にはちょっと変わってるかも?しれません。

先日「『窓の家』を建築中です!」という方からコメントをいただいたのですが、ご夫婦共働き、お二人ともひどい花粉症ということで、「鎌倉の家」の間取りを参考にして、思い切ってバルコニーなしの間取りに決断されたそう!(洗濯物の外干しをしないので)入居後の参考に、記事を楽しみにご覧いただいてるとのことですので、今回は「鎌倉の家」のインナーバルコニーを私がどのように使っているのかをご紹介してみようと思います。

mado170703_001

スチールハンガーラックは物干しとしても利用

mado170703_002

室内ワイヤー物干しが便利

まず一つ目の利用方法ですが、物干し場としての利用です。ひとり暮らしという事で洗濯物が少ないので、物干し専用のラックは持っていませんが、ご夫婦、ご家族であれば折りたたみタイプのものを持っていた方が便利だろうなと思います。足りないときには、インナーバルコニーから続くランドリースペースの室内ワイヤー干しを利用していますが、基本洗濯物をためないので、日々これで足りています。洗濯物はインナーバルコニーで干すこともあれば、スチールハンガーラックごと吹き抜け付近に移動することも。

mado170703_003

真っ白タイルの掃除は?

「鎌倉の家」のインナーバルコニーは、バスルーム~ランドリールームとつながっていることもあり、すべて同じ小さなタイルで仕上げられています。目地がありますので、掃除用のドライシートは引っかかってしまい上手く使えません。モップなども同じくひっかかるので、一番楽に掃除ができるのは「ほうき」と「掃除機」です。猫大使たちが掃除機嫌いという事もあり、「鎌倉の家」ではほうきを愛用中。無印良品のリノベーションでもインナーバルコニーを見かけたのですが、大きめのタイルを使っているケースもありました。タイルが変わると印象も変わりますね。

mado170703_004

私のお気に入りスペース

そして二つ目の利用方法として、「鎌倉の家」ではインナーバルコニーをガーデンスペースとしても使っています。大き目サイズの鉢植えを置いたり、屋外用の溶融亜鉛シェルフを使ってグリーンを飾っています。溶融亜鉛シェルフはピカピカしていない、マットなシルバー色が好み。黒いアイテムと合わせてかっこいいグリーンスペースにしています。あと一つ二つ、グリーンを増やしたいな(猫大使たちは植物に関心がないので安心)。

ラックの中段には、硬質パルプの引き出しとFound MUJIのコシャーさんの箱を置いて、デスク周りの小物を入れるようにしています。デスク周りにはさほど収納がありませんので、このスペースをうまく利用。ラック下段には紙製のボックスを置いて、ゴミ箱として利用しています。

mado170703_005

インナーバルコニーは、バスルームと違って排水もなければ防水もしていませんので、水を使った作業はできません。グリーンの水やりはバスルームにまとめて持っていって行います。「鎌倉の家」はインナーバルコニーからバスルームまで導線が一直線! とても便利なんです。

mado170703_006

番外編ニャ

番外編という事で、タイルのひんやり質感が今のシーズンは猫大使たちに人気です。長時間いるわけではないのですが(冷えるのかな?)、日向ぼっこの後で寝ころんで、クールダウンする姿を見かけます。ペット専用の冷え冷えボードは今まで買っても一度も使ってくれなかったのですが、このタイルは猫大使的には気に入ってる様子。

床材が変わることで、室内でありながらなんとなく別のスペースに感じられるインナーバルコニー。私にとってインナーバルコニーは半分室内、半分屋外気分で楽しめる、お気に入りの楽しいスペースになっています。コメントをくださったご夫婦にとっても、便利で、楽しめるスペースになりますように!

mado170703_main

🐾 みーさんの鎌倉ミニレポート 🚲
気まぐれ更新な鎌倉ミニレポート。本日はJR鎌倉駅西口から徒歩12分ほど、「英勝寺」をご紹介します。鎌倉で唯一の尼寺で、一年を通して花が楽しめるそうなのですが、今回は見事な竹林が見たくて、緑が色濃く出そうな、今にも小雨が降りそうな日を選んで出かけてきました。じつは私、竹林が好きなんです。

mado170703_007

入り口では見頃の花のお知らせが

mado170703_008

花寺としても有名

「え? 見頃のお花1種類なの?」と花だよりを見てびっくりしたのですが、境内には紫陽花をはじめ、たくさんの花がちゃんと咲いていました。でも今日のお目当ては奥の竹林です。きれいな花たちも愛でつつ、気持ちは奥の竹林へ。順路にそって進んでいくと、大好きな竹林が登場しました!

mado170703_009

竹林どーん!

あーもう緑が美しすぎます! しっとりとした空気と暗めの緑、そして抜けて見える空。やっぱり竹林って素敵! こちら駅からほんの10数分なんですよね。日常を忘れさせてくれるような景色、本当に素晴らしかったです。報国寺の竹林と比べるとコンパクトなのですが、それでも十分に満喫しました(思わず3周)。

mado170703_010
mado170703_011

この日は書院でお茶もいただけました

引っ越し後のバタバタで、春の鎌倉はほとんど散策が出来なかったので、これからの季節、たっぷり鎌倉の花散策を楽しみたいと思います。みなさんのオススメ鎌倉スポットも、よろしければ教えてくださいね。

みーさんでした。

ぜんぶ、無印良品で暮らそう。

家も、家具も、ぜんぶ無印良品で生活したら、どんな毎日になるんだろう。
あの三鷹の家住まいモニター募集から4年。無印良品では、無印良品の家「窓の家」に2年無料で住む、鎌倉の家住まいモニターを募集しました。
入居までのストーリー

鎌倉の家大使プロフィール

住まいレポートをするのは、12,562の応募から選ばれた、ひとりの女性と猫4匹。
プロフィールを更に詳しく

鎌倉の家ってこんな家