東京・大阪・団地暮らし

東京・大阪・団地暮らし光が丘と千里、2つの団地の住まいレポート

東京女性による女性のためのお部屋「UR COCOCHI」を見に行きました

2018年 1月 25日

女性による女性のためのお部屋「UR COCOCHI」を見に行きました

こんにちは。トーリーです。
今回は、足立区にあるURさんの新プラン「UR COCOCHI(ココチ)」のお部屋を見に行きました。

UR COCOCHIとは、URさんの女性スタッフが女性目線でプランを考えたお部屋で、毎日仕事の女性やアクティブな女性、子育てする女性にとって心地良いと思えるような空間になっています。「1LDK」、「2LDK」、「3LDK」の3タイプのお部屋があり、部屋ごとにこだわりポイントが異なり、それぞれのライフスタイルに合わせたお部屋を選べるようになっています。

また、子供の成長とともに同じエリアで借りる部屋を変えて長く同じ場所に住めるようにもなっています。
新婚の時は1LDKに住み、子供ができたら2LDK、子供が大きくなったら3LDKということですね。

ではいつも通り、最寄り駅の地下鉄赤塚駅から電車に乗って赤羽駅へ。
そこからバスで15分ほど行ったところにありました。
ハートアイランド新田一番街。行き方は、王子駅からバスや池袋駅からバス一本で行けたり、色々な駅からアクセスできます。

このエリアはスーパーや学校、公園、病院などなんでも揃う便利な街として人気のエリアです。

そして今回のURさんの住戸はこちらです。

tokyo180125_01

築年数も14年の新しい住戸です。

そして今回は、UR COCOCHIのプロジェクトメンバーでもある、URスタッフの岩倉さんに案内して頂きます。

tokyo180125_02

よろしくお願いします

コンセプトにもあったように、UR COCOCHIのお部屋は1LDK、2LDK、3LDKの3タイプあり、それぞれ住む人の心地良さを考えて使っている床材や壁紙、キッチン、洗面所などの設備が異なります。
ポイントは水まわりと収納とこだわりのワンポイント色使い。


ではまず、「1LDK」のお部屋から。
1LDKは、ホテルライクな生活を好む、働く女性や新婚夫婦に向けたお部屋です。
中はウォルナット色(濃い茶色)をベースにしたカッコイイお部屋になっていて、それとほかにも、、

と、いうか百聞は一見にといいますね! ではまず一見めに!

tokyo180125_03

入口

入口からして他の住戸とは違う雰囲気が出てます。
玄関床は黒を基調にしているタイル調シートと、部屋に続く廊下はウォルナット色のフローリング。
確かにホテルのような雰囲気です。出てますホテル感。

そして廊下を進むとリビングです。

tokyo180125_04

じゃん!

tokyo180125_05

じゃじゃん!

なんか色々気になるところ満載で、どこから説明していいのか迷います。

tokyo180125_06

まず、他のURさんの住戸ではお目にかかることがないリビングにタイル。

タイルが女性に人気と聞いたことがありましたが、確かにお部屋の中にタイルがあるのはとても良い雰囲気です。

さらにこのタイル、オシャレだけではなく調湿効果、脱臭効果、有害物質の低減効果があるすぐれものらしいです。
後、ちょっとマニアックですが、普通のタイルはタイルとタイルの隙間の目地が見えますが、目透し張りのため、目地材が見えず、スッキリとした仕上げです。
さすがです。女性目線。きれいです。目地なしタイル。

tokyo180125_07

タイルに目地材を使っていない仕上げ

まだまだ続きます。

tokyo180125_08

洋室の壁

一部の壁紙を紺色にしています。全体的に色を入れるのではなく、ワンポイントで色を入れるというこだわり。さらに紺色が棚や床のウォルナット色との相性がすごくいいです。好きな色の組み合わせです。

そしてこの棚、「自由に動かせて机としても使用できますよー。」と岩倉さん。
ということで岩倉さんに机として使用している様子を演出して頂きました。

tokyo180125_09
tokyo180125_10
tokyo180125_11

棚を外して好みの場所に移動させます。
棚の付け外しも、岩倉さんのこの笑顔を見ていただければ、簡単なのが伝わるのではないでしょうか。

tokyo180125_12

テーブルの完成です。

1LDKの岩倉さんは、働く独身女性という役でお願いしています。
ばりばり働く女性が「リフレッシュのために次の休みにどこへ旅行しようか」と本を見ている感じでしょうか。 この部屋には、地球儀やどこかの国の地図が置いてましたからね。旅行好きなんでしょう。
ちなみに読んでいる本は、VARANASIと書いてあります。インドのバラナシに行く計画を立てています。

tokyo180125_13

またまたマニアックですが、壁紙に合わせてここだけコンセントカバーの色を変えていて良い感じです。好きです。調和感。
しかも実はカバーだけではなく、コンセントの差し込み口の色も黒色を使用していてさらにおしゃれ! というのは話が長くなるので、これぐらいにしておきます。

tokyo180125_14

部屋の明るさも抜群です。
写真では、部屋が明るすぎて逆光で暗くなる、という現象が起こっておりますが。

ベランダにもこだわりが!

tokyo180125_15

ベランダの床に木調のシートを貼っていて、ウッドデッキ感な仕上げになっています。
また、部屋の床材と色味が似ているシートを使っているので、部屋との繋がり感も出て部屋が広く感じます。
もう中なのか外なのかわかりません! 気づいたらベランダで心地良く寝てそうです。

tokyo180125_16

次は洗面所。
洗面所は、広々としたシンクで使いやすく、他の部屋の材料と同色のものを使用していて統一感が出ています。
UR COCOCHIこだわりの水まわりですね。
さらに実は、この洗面所は収納がすごいんです!

tokyo180125_17
tokyo180125_18

パカっと開けば、様々な収納場所がでてきます。
綿棒などの小物も入り、カラクリな感じです。
なぜか昔小学校で流行った、超カラクリな筆箱を思い出しました。
鉛筆削りとかついているやつ。

岩倉さんによると「ここに椅子を置いて鏡台として使用できます。」とのこと。
ということで、再び岩倉さん登場です。

tokyo180125_19

洗面所を鏡台として使えるのは便利ですね。シャワーノズル付きなので、寝癖も一瞬でなおります。
「よし! 今からお仕事!」という感じでしょうか。

tokyo180125_20

洗面台横の洗濯機置き場の上の棚も、可動式の棚で便利です。

こだわりはまだまだあります。

tokyo180125_21

浴室

浴室は、壁にシートを貼っていておしゃれ感アップ。
少しの工夫で見た目が大きく変わりますね。

tokyo180125_22

他にも大きいシャワーヘッドで満足の水圧。

tokyo180125_23

キッチン

キッチンは大きなシンクで使いやすいのと、収納もいっぱいあります。

tokyo180125_24

キッチン後ろには可動棚。
据付の棚があると、引っ越しするときに食器棚を運ばなくていいという便利さ。

tokyo180125_25
tokyo180125_26

トイレ

トイレにもこだわりがあります。
部屋の色に合わせた床や棚、そして一面だけ違う壁紙。
このトイレの床をどんな色にしようかと、なんども話し合ったみたいです。

tokyo180125_27

携帯などを置けるようなコンパクトな棚。

tokyo180125_28
tokyo180125_29

玄関

玄関の入口には、人感センサーの照明が付いていて、買い物帰りに重い荷物を持っていて電気スイッチを押せなくても自動で電気がついて明るくなります。
こういうのは本当に女性ならではですね。

tokyo180125_30

玄関の横には大きい鏡も付いています。大きい鏡ウィズミーです。
毎朝身だしなみチェックです。


いやー、色々こだわりのポイントがありますねー
女性目線ならではですし、普通に男性としてもここは使いやすさがグッドです。
プロジェクトのメンバーは全員で5人いるらしく、みんなで話し合って決める大事さって本当にありますよね。

岩倉さん「他にも室内で洗濯物も干せるようになっています。」
と説明していただきました。

まっ、まだあるんですね。

tokyo180125_31
tokyo180125_32

天井にあるくぼみに棒を差せば、室内で洗濯物を干すところができます。
使わない時は、外しておけば目立たないし邪魔にもなりません。

UR COCOCHI良いです。
1LDKの間取りはこちら

tokyo180125_1ldk

さー、続いて「2LDK」のお部屋。
もう心地良くなってます。

こちらは、1人のお子さんを子育しているご家族をイメージしてつくられています。
室中は先ほどと違って、ナチュラルな色をベースにつくられていて、玄関に子育てする方ならではの工夫があったり、子供の成長に合わせた仕掛けがあったり、それと、、、
またまた百聞は一見ですね。
では二見目に!

tokyo180125_33

入口

先ほども言いましたが、このお部屋は1LDKの部屋と違いナチュラルな色の床材を使っています。色でいうとグレージュ。グレーがかったベージュです。

そして、先ほどのお部屋との違いは、玄関からありました。

tokyo180125_34
tokyo180125_35

玄関

土間続きの収納があり、子育ての方に必要不可欠なベビーカーを玄関収納に入れられるようになっています。 収納が土間の上にあるので、雨の日でタイヤが濡れていても拭かずにそのまま収納できます。

tokyo180125_36

逆から見るとこんな感じ。
玄関の人感センサーも先ほど同様です。

tokyo180125_37

廊下に収納もあります。

tokyo180125_38
tokyo180125_39
tokyo180125_40

リビングダイニング

ここにもあります。万能なタイル。
このお部屋は、壁一面に貼ってあります。

tokyo180125_41

子供部屋

この部屋も先ほどと同様にワンポイントで違う色の壁紙が貼ってあり、その壁が収納棚になってあります。

2LDKということで、リビングダイニングの横にもう一部屋あり、このモデルルームではここを子供部屋にし、もう一部屋を夫婦寝室にしています。
子供が小さい時は子供の遊び場所やリビングとして使えると思います。

この収納棚も、簡単に移動させることができます。なので収納として使ったり、テレビ台や机としても使えます。
ということでお馴染みの「岩倉さーん」

tokyo180125_42

先ほど同様に可動棚を机として使っている様子です。
2LDKでは、子育てお母さん役として登場していただきます。
「家事を終えて、子供が寝た後にホッと一息なお母さん」な感じでしょうか。

tokyo180125_43

収納もありますよ。

次はキッチン。

tokyo180125_44

キッチン

こちらのキッチン、先ほど違うのはシンクの前の壁に開口があり、料理をしながら子供の様子を見ることができるようになっています。子供が何をしているか気になりますが、これなら落ち着いて料理を作れます。
本当に女性目線ならではですね!

では、子供目線ではどうなんだと、

tokyo180125_45

母います。安心して寝れます。

tokyo180125_46

ベランダのウッドデッキ感も、部屋のフローリングと合わせたナチュラル色になっています。

そして、このお部屋から見える景色が!

tokyo180125_47

東京~!!
実は、この建物の裏が川になっている、リバーサイドな物件なんです。
街が見えたり河川敷が見えたり、スカイツリーが見えたり。
関西人。感動します!

tokyo180125_48

洗面所

この洗面所も、全体的な統一感で白ベースのナチュラル色になってます。さらに工夫がありまして、小さい子供が「洗面所高くてとどかないよー」と言う時は、 じゃじゃじゃん!

tokyo180125_49

「下から踏み台が出てくるー」という仕掛けになっています。感動します。親心。

これを使えば、子供が手を洗う時に踏み台を用意しなくてもいいですね。
一緒に手洗いしましょう。

tokyo180125_50
tokyo180125_51

もちろん、洗濯機上の棚と、浴室の壁と、シャワーヘッドも。

tokyo180125_52

洋室

こちらは、先ほどにはなかった洋室です。
入り口すぐ横にあって、夫婦の寝室や子供部屋、納戸として使えます。

tokyo180125_53
tokyo180125_54

トイレ

トイレも先ほどと違いますよ。
壁紙、床、木材の色を変えてます。
緑の壁紙にすることで、トイレが明るくなっていいです。

どうでしょうか?
UR COCOCHIの心地良さ、UR COCOCHIの良さ伝わってますでしょうか?
2LDKの間取りはこちら

tokyo180125_2ldk

そしてついに次は、ラストの「3LDK」。
もう、女性目線を見すぎて、気持ちが乙女になってきそうです。

3LDKの部屋は、子供が2人いる家族に向けたお部屋です。家事や仕事を頑張るお母さん、家でも仕事をするお父さん。アクティブに部活をしている子供達のための工夫が詰め込まれています。

そしてお部屋の中はと言うと、こちらもナチュラル色をベースした空間でリビングダイニング、キッチン、そして3部屋あり、キッチンから三方向に部屋の行き来ができて、それに、、、
わかってます。一見です。
では三見目に。

tokyo180125_55

ちなみに共用部の廊下の写真です。
廊下も景色がリバーサイドです。

tokyo180125_56
tokyo180125_57

入口

こちらの玄関も、人感センサー付き照明、そして玄関収納。
玄関収納も土間と繋がっているので、部活をする子供達の運動用具を置くことができます。

tokyo180125_58
tokyo180125_59

リビングダイニングと洋室1

ナチュラル色のフローリングに壁のタイル、ワンポイントの壁紙。
このパターン覚えてきました。

そして部屋干しと壁の可動棚、、、あれ、この部屋には可動棚がない!
いや、あるんです。後ほど登場します。
部屋干しは、部活のユニフォームを洗って乾かして次の日に持って行く、という時にかなり役立ちそうです。

tokyo180125_60

キッチン

広々としたキッチン。
家族4人分のご飯を作ることができる、大きいキッチンです。
収納もバッチリ。

tokyo180125_61
tokyo180125_62

洋室

洋室です。
先ほどの部屋ともう二つ部屋があり、子供部屋や夫婦寝室として使うことができます。
と、部屋の押入れの奥になにやら人影が、、もしかして?

tokyo180125_63

岩倉さんです。
3LDKでも撮影協力してもらいました。今回は一人三役です。
この部屋では、先ほどの2LDKのお母さんに子供がもう一人できて、子供が大きくなって引っ越してきたというシュチュエーションです。
この部屋は、部屋の中に間仕切りがついていて、机と収納が隠れています。
そうです。ここに可動壁が登場します。

tokyo180125_64

今回も何やら海外の地図を見ているみたいです。
結婚して子供が大きくなっても、海外旅行が好きということですね。

tokyo180125_65

裏には収納が。
その奥の扉を開けるとキッチンになっています。
この部屋の間取りは、キッチンからリビングと、洗面所に続く廊下、夫婦寝室に繋がっています。寝室から直接キッチンに行けるので便利です。さらに書斎が欲しいお父さんのために、キッチンとこの半透明の間仕切りを閉めれば一人の空間ができます。

tokyo180125_66

リビングからキッチン。

そして、お馴染みのこだわりポイント。

tokyo180125_67
tokyo180125_68

洗面所

広いシンクとシャワーヘッド付き。
もちろん洗濯機の上の棚も。再びウィズミー

tokyo180125_69

浴室

そして、浴室の壁のおしゃれ度アップと、大きいシャワーヘッドの水圧。

tokyo180125_70

トイレ

3LDKのトイレは、ナチュラル色とモノトーンの壁紙、携帯電話などの小物置きも。
tokyo180125_71

ベランダ

部屋のフローリングと合わせたウッドデッキ感のシート。

3LDKの間取りはこちら

tokyo180125_3ldk

tokyo180125_72

ということで、UR COCOCHIの紹介は以上になります。
岩倉さんありがとうございましたー

モリモリ盛り沢山の女性目線いかがでしたでしょうか?
他にも玄関横のコート掛けや、キッチン横の便利そうなカウンターなどなど紹介したいところはいっぱいありますが、続きは見に行っていただくということで。

2月8日(木)から抽選募集が開始になりますので、ご興味のある方はぜひURさんのHPをチェックしてください。


裏の河川敷もとても魅力的です。

tokyo180125_73

トーリーでした。

関連記事

レポータープロフィール

東京

光が丘パークタウンMUJI×UR Plan14に暮らすのは、建築士の青年トーリーと奥様のヨーメー。

神戸

落合団地MUJI×UR Plan12に暮らすのは、情報誌編集者のアーリーと奥様のターナー。

東京と神戸の2つの団地、MUJI×URの2つの部屋から、団地の魅力をレポートします。
このブログについてさらに詳しく

カテゴリー

最新の記事