東京・大阪・団地暮らし

東京・大阪・団地暮らし光が丘と千里、2つの団地の住まいレポート

神戸お菓子でおうちパフェ

2018年 8月 30日

お菓子でおうちパフェ

みなさんこんにちは! 神戸住まいのレポーター、アーリーです。
まだまだ暑い日が続きますが、暦の上ではもうすぐ秋。スーパーに行くともう秋の果物が売り場を賑わせております。

そのまま冷やして食べるのは、もちろん美味しいんですが、今回はひと手間。最近インスタグラムで気になっている「おうちパフェ」に挑戦してみます。パフェって実は簡単みたいですよ。しかも、パフェの材料に無印良品のお菓子を取り入れて作れば、さらに簡単で美味しいパフェができるんじゃないかとひらめきました。

kobe180830_01

というわけで、主役にイチジクを買ってきました。実のお尻が裂けかけているのが、完熟したイチジクの証。

kobe180830_02

真っ二つに切ると、鮮やかなピンク色。美味しそう~。

kobe180830_03

そして、無印良品のお菓子売り場で、パフェに使えそうなお菓子を探してきました。
全粒粉ビスケット
不揃い チョコがけいちご
蒟蒻ドリンク ナタデココ&巨峰
ひとくちメープルクロワッサン
不揃いバウム レモン
クレープロール オレンジチョコクリーム

本当にたくさんのお菓子があって、新商品も続々と出る無印良品のお菓子。今回は食材として、普段と違った目線で選ぶのが楽しかったです。

kobe180830_04

今回は、耐熱ガラス マグカップを器にします。ワイングラスを使ってもおしゃれになりそうですね。まずは底に、全粒粉ビスケットを敷きます。

kobe180830_05
kobe180830_06

そして蒟蒻ドリンクの登場。普通は缶を振って細かくして飲みますが、粗めにすればジュレっぽくなるのでは、という算段です。

kobe180830_07

そして重ねるように、切った不揃いバウムを詰めます。

kobe180830_08

で、パフェ作りで便利なのがヨーグルト。さっぱりして甘くなりすぎず、いいアクセントになります。プレーンタイプだったので、少しはちみつもかけました。

kobe180830_09

ここに切ったイチジクをごろごろっとのせます。贅沢!

kobe180830_10

あとは残りのお菓子で飾り付けをして、完成!

本当に切って乗せただけなんですが、これだけでデザート感倍増。子どもと一緒に作ったら楽しそうですね! だいたい10分ぐらいでできてしまうので、おすすめ!

というわけで、食欲の秋に女子力が上がってしまいそうな、アーリーでした。

関連記事

レポータープロフィール

東京

光が丘パークタウンMUJI×UR Plan14に暮らすのは、建築士の青年トーリーと奥様のヨーメー。

神戸

落合団地MUJI×UR Plan12に暮らすのは、情報誌編集者のアーリーと奥様のターナー。

東京と神戸の2つの団地、MUJI×URの2つの部屋から、団地の魅力をレポートします。
このブログについてさらに詳しく

カテゴリー

最新の記事