三鷹の家大使の住まいレポート『ぜんぶ、無印良品で暮らしています。』

MUJI INFILL 0「ハイタウン塩浜第二 #01」その2

2020年8月21日 三鷹の家編2020

MUJI INFILL 0「ハイタウン塩浜第二 #01」その2

少し時間が空きましたが、ハイタウン塩浜第二 #01について、またまた語って行きたいと思います!
それにしても、コロナが収まりませんね。再び緊急事態宣言が出るのでは…という不安を余所に、子どもたちは元気ですね。いつも元気。それがKids。子どもは本当に可愛いですね。子どもたちが元気に学校にいける日々が再び訪れ、給食のときもたわいもないおしゃべりができる環境になっていくと良いなぁと思います。いまは給食のときにお話ししたりできないんですって…なんとも悲しいですね。

200821_02

などとくよくよしていても仕方ありませんから、いまできる最大限の方法でこの世の中を楽しんでいかなくてはなりませんね。ということは、家のなかを充実させるしかないっ…! と私は個人的には思うのですが、みなさんはどう対策をしておられるのでしょうか? 気になるところです。
このハイタウン塩浜第二 #01は、そういう点でとても楽しそうですよぉ〜。しばらくは集会などはやりづらいと思いますが、コロナが落ち着いてきたら、このひろいテーブルを使ってハッピーハッピー食事会をしたいものですね。

200821_03

食卓側から玄関の方を見ると、こんな感じのリビングスペースになっていますよ。テレビなど置くとしたら、こちらの右手方面かな? ソファが複数置けるのが良いですね。子どももここでゴロゴロするに違いありません。一緒に遊びたいですね〜。

200821_04

壁はもともとの躯体に色をつけた感じになっており、モダンな感じが良いですよ。もともとあった構造をそのまま生かした設計は、毎度毎度驚かされてしまいますね〜。MUJI HOUSEさんは天才…一つ一つの住宅にここまで力を入れていたら死亡してしまうのでは…と思いますが、そうでもないのでしょうかね。死亡していたらやっていられませんもんね。

200821_05

リビングの方から対岸の部屋も見てみますね。こちらにはランドリーやバスルーム、そしてキッチンなどが集約されています。団地の一室とは思えないほどハイソなお部屋でございます… 素敵すぎます… 何度言っても伝わっている気がしない… 一度、見に来ていただきたい…

200821_06

こちらがですね、洗面所とランドリーでございます。綺麗〜! めっちゃくちゃ綺麗な暮らしができそう。ものさえ増やさなければ…! しかし、いずれの場合にしても収納がたくさんあるので、なんとかなりそうな気もしますよ。

200821_07

ランドリーの横にはお風呂場があります。こちらのお風呂もとても素敵ですね。体を洗った後にささっと化粧水などをつける導線もバッチリですね。

200821_08

洗面台もとても可愛らしいですよ。白で統一されたこちらの空間、おしゃれ以外になんのコメントができようか!? おしゃあああああ! 蛇口が右側についてるのは珍しいですが、なかなか使い勝手も良さそうですね。配置的に。

200821_09

ランドリーはちょっとした感じでございますが、窓があるし、これはよく乾きそうな気配がしますね。もしくは除湿機が映えそう。ちゃんとベランダもあるので、外干しも可能ですよ、もちろんろん!

200821_10

お風呂に少し入ってみましたよ。毎度恒例ですね。とりあえず入ってみてサイズ確認。私の足が伸ばせるタイプ!ありがたし〜。お風呂は毎日入りますから、自分の体に合ったものが一番良いですね。あとは掃除のしやすさとかでしょうかね…

200821_11

ランドリーあたりから後ろを振り向いてみますと、こんな感じです。キッチンととても良い感じのDOOR! これはなんでしょうね? 大体の方は検討がつくでしょうけれど、素敵なしつらえですね。

200821_12

このそっとした感じは独特ですね〜 正解はもちろんトイレです。素敵なトイレへの入り口! トイレもこうもさりげないとインテリアと化しますね。

200821_13

小ぶりなので私でも通せんぼできますね。通せんぼする意味は全くありませんが、サイズ感だけを感じていただきたくて、こうした次第でございます。

200821_14

いまは一人の食卓…いつかここに素敵な家族が住んで、楽しく食事を繰り広げられますよう、祈ります…! それでは、ほかの特長的な部分はまた次回お伝えしたいと思います! どうぞよろしくお願いいたします!

妻のあみいちゃんでした


「三鷹の家大使の住まいレポート」の単行本が発売されました!

著者は、我らがあみいちゃん。タイトルはそのまま『ぜんぶ、無印良品で暮らしています。「無印良品の家」大使の住まいレポート』。2016年5月26日より、全国の書店およびAmazonなどのWEB書店で販売しています。

ぜんぶ、無印良品で暮らしています。

家も、家具も、ぜんぶ無印良品で生活したら、どんな毎日になるんだろう。
無印良品では三鷹に建てた「無印良品の家」に2年無料で住む人を募集。当選した住まいモニターの無印良品に囲まれた暮らしがここに実現しました。
入居までのストーリー
動画(YouTube)

三鷹の家大使プロフィール

住まいレポートをするのは、57,884の住みたい宣言から選ばれた、2012年最も幸運なご夫婦。
プロフィールを更に詳しく