三鷹の家大使の住まいレポート『ぜんぶ、無印良品で暮らしています。』

新店・無印良品の家 鹿児島店

2018年11月9日 三鷹の家編2018

新店・無印良品の家 鹿児島店

お休みの日は、日がな一日ぼーっとしてしまう我ら家族に、嬉しき、そして楽しき、お誘いをいただきました。
無印良品の家 鹿児島店がこのほどグランドオープンに先駆けて内覧会を行うとのことで、我々家族が鹿児島にレポートに行かせていただくことになったのです。嬉しい楽しい大好きです。
鹿児島中央駅から車で20分ほどの場所、ダイレックスというスーパーさんの近くなので、ダイレックスさんをめがけて来てもらえれば、行程は簡単であるとお聞きしました。2018年11月3日から内覧可能ですよ。もう過ぎてるじゃありませんかっ! 鹿児島県民の美しき乙女たち、ぜひとも無印良品の家 鹿児島店に足を運んでみてくださいませ。

181109_02

それにしても桜島はどこまでも強く美しく、かなり離れた場所にいても見つけることができるので驚きました。桜島にも足を運んでみたかったのですが、なかなか時間の都合が合わず…でした。
その心の隙間を埋めるかのように、タクシーの運転手さんにも桜島のことなど、いろいろ聞いて、楽しい旅をさせていただくことができました。そしてこれはお世辞ではなく鹿児島の方は美しい? キャビンアテンダントさんも空港のレストランの人も道行く女子高生も、そして無印良品の家のスタッフさんも…みんな美しかったのです。なにか秘密があるのでしょうか?
というわけで、楽しいこと三昧だった無印良品の家 鹿児島店について、レポートしていきたいと思います!

181109_03

わたくし三鷹の家大使の住む家は、無印良品の家「木の家」でございますので、こちらのモデルハウスも「木の家」でございました。
娘は旅に疲れ、家に帰りたいとぐずっていましたけれども、こちらの外観を見たときから自分の家に帰ってきたような錯覚を起こしたのでしょうかね、すごく元気になりました。どこにあっても同じ佇まいで私たちを迎えてくれるのが無印良品の家のいいところでもあり、そしてそれは無印良品の店舗全体にもいえることだと私は思っています。それは判を押したように同じ、というわけではなく、その土地土地の風土や気候に合わせ、でも自分らしさは忘れないという無印良品にしかない素敵なところだと思うのです。私も外観を見つけたとき、正直なんだかホッとしてしまいました。

181109_04

アプローチがとても綺麗でした。私の三鷹の家は30坪ほどの土地に建っておりますので、あまり大きくはないのですが、こちらのモデルハウスは広大な土地をフルに利用して、美しい佇まいを讃えていました。ゆとりたっぷりです。贅沢な玄関アプローチが整然とした心をつくってくれそうです。まさに歩きたい玄関ですね。

181109_05

玄関の裏にまわると、L字型になったウッドデッキがこちらもお目見えしています。広くていいですね。そして新築なのでウッドデッキの木が美しい! 木目の美しさもぜひ体験してみてもらいたいところです。
お庭にも無印良品らしいシンプルで気取らないガーデニングが施されていて、かっこよかったです。

181109_06

モルタルの玄関を入りますと、じゃーん、リビングのソファのお目見えでした。おしゃれであります。こちらのソファも当然無印良品のものでしょう…。子供が楽しく感じられそうな鮮やかな青ですね。娘も大興奮。嬉しい嬉しい、ここに住みたい〜と転がりまわっていました。大人の余裕と子供への遊び心を感じる未来的なインテリアでございます!

181109_07

ソファの後ろにはダイニングとキッチン、その右手には洗面所とお風呂場へ続く道があります。勘のいい方は感じられたかもしれませんが、我が家の間取りに非常に似ていました! 同じ「木の家」でもなかなかこうも似ると、ほんとうに家に帰ってきたのではないかと錯覚を起こしましたね。ただうちより広い。ゆとりがたっぷりありますね。いいなあ、なんて贅沢にも思ってしまいます…

181109_08

階段の位置もうちと似ています。階段下の収納、参考にしたく、写真をとりました。スタッキングシェルフですね。階段下のうまい活用の仕方は、いまだめちゃくちゃ試行錯誤しているところです…いやー、しかしモデルハウスなので当たり前ですが、なんて美しい内装なのだろうかと…はあ…我が家の生活感バリバリな感じも、私はこれはこれで世の常じゃん!!! と思っているのですが、やはり物少ないのいいなあ〜…整理整頓し直したいと感じる次第でございました。

181109_09

こちら洗面所・お風呂場へ続くアプローチにございます。写真撮りまくっているので、トイレやお風呂の内装はまた別の回に詳しくさせていただきますね。

181109_10

キッチンにズームイン。ぬおお、ステンレスユニットシェルフにこんな吊り下げ式のものがあるんだ!? 知らなかったー!スチールユニットシェルフ・追加用ワイヤーバスケットという商品らしい。いいですね。これ。引っ張り出せるんですよ。

181109_11

収納マニアにもぜひ見ていただきたい、このキッチン下の収納用品。結構知らない物がたくさん使われている、新店らしいモデルハウスでしたね。無印良品マニアも楽しい気持ちになること請け合いです。あー整然としていて気持ちがいいー。

当然家電も無印良品で。いろいろリアルに物が置いてあるので、自分の家の物を考えながら当てはめるのも結構楽そうでしたよ。生活感、ほどよくデザインされており、リアルな生活を想像できそうなつくりになっていました。素敵です…

181109_13

キッチン側からのリビング。明かりをふんだんに取り入れる大きな窓は「木の家」らしいですね。木の香りが立ち込めていて、素敵な空間です。暮らしをいまにもはじめられそうな楽しいリビングですね…!

181109_14

次回も新店レポートがつんといきますぞー!
無印良品の家 鹿児島店はスタッフのお姉さんが兎にも角にも優しい。暇してた娘と真剣に遊んでくれて、すごく嬉しかったです。無印良品の家はしつこい勧誘など全然ございませんとのことなので、ちょっと休日に時間を潰しにいく感じで家族でぜひ立ち寄ってもらいたいですね。面白いですよっ! ではでは続くっ!

妻のあみいちゃんでした


「三鷹の家大使の住まいレポート」の単行本が発売されました!

著者は、我らがあみいちゃん。タイトルはそのまま『ぜんぶ、無印良品で暮らしています。「無印良品の家」大使の住まいレポート』。2016年5月26日より、全国の書店およびAmazonなどのWEB書店で販売しています。

ぜんぶ、無印良品で暮らしています。

家も、家具も、ぜんぶ無印良品で生活したら、どんな毎日になるんだろう。
無印良品では三鷹に建てた「無印良品の家」に2年無料で住む人を募集。当選した住まいモニターの無印良品に囲まれた暮らしがここに実現しました。
入居までのストーリー
動画(YouTube)

三鷹の家大使プロフィール

住まいレポートをするのは、57,884の住みたい宣言から選ばれた、2012年最も幸運なご夫婦。
プロフィールを更に詳しく