三鷹の家大使の住まいレポート『ぜんぶ、無印良品で暮らしています。』

無印良品のリノベーション〜男の生き様〜その1

2017年9月1日 大使のお出かけ編

無印良品のリノベーション〜男の生き様〜その1

やほほい。無印良品のリノベーション「MUJI INFILL 0」潜入企画その2! 前回はファミリーの物件でしたが、今回は男の城。ダンディな男性おひとりで住まわれているという物件にお邪魔してまいりました。

170902_02

某都市の某マンション前に集合を命ぜられた私たち。勇み足で他の見学者さんたちに紛れ込ませていただいております。ところでみなさん、見学会なのですが、素敵な物件を見ることができて心が踊りますので、ぜひ参加してみて欲しいと思うのです。とってもとっても心が鼓舞するのですよ!こんな私でも鼓舞するのですから、住宅ファン、無印ファンの皆様なんかは相当鼓舞すると思うのです。自分の家がどれだけ素敵でも、そう、飽きる。これは今回の施主のYさんもおっしゃってました。でも人の素敵なおうちを見ることにより、あー私何してたんだろうってハッとさせられるのです。今の家でももっとできることあるじゃんと強く思うのです。平凡な毎日に飽きたら、「MUJI INFILL 0」の見学会、ぜひ…

というわけで施主のYさんです。ダンディズム溢れるお方…普通のマンションの普通の廊下を抜けて普通のドアを開けたらあ〜ら不思議、とってもダンディズムな世界がそこに広がっていました…また、前回のファミリー物件とは違った、こだわりのメンズメンズワールドです。ご賞味くださいませ…

170902_04

では、玄関からいきます。全貌はこう! 玄関の広さ、わかりますでしょうか〜? 「MUJI INFILL 0」の特徴である一室空間という考え方に伴い、玄関を広くとっていらっしゃいます。おおよそマンションに入った時にはこんな大きな玄関だとは想像もつきませんでしたね。リノベーション物件って既存の建物の概念に争ってすごく思い切ったことをできるようで、わたくしいつも関心してしまいます。

170902_05

床はモルタル製で、男らしさをガツンと味あわせてくれます。ドアをつけず、段差をつけることによって、玄関の広さがより際立っております。

170902_06

玄関右手には大きなシューズボックス。こちらももちろん特注でございます。大容量の靴箱には、これでもかと大好きな靴を詰め込むことができますね。また、Yさんがとても綺麗にしていらっしゃるので、その陳列の美しさが際立っていました。

170902_07

玄関から中に入ると、右手にキッチン、正面にリビング、左手側に寝室、といった配置になっていました。このマンションは「MUJI INFILL 0」のスタッフと一緒に探した物件だそうですよ。前回も言いましたが、「MUJI INFILL 0」は物件探しからプランニング、施工まで一挙にやってくれるのです。

170902_08

キッチン前のダイニングテーブルからの眺めです。キッチンは前回お尋ねしたTさん宅<と同じ、標準仕様のスリムカウンターキッチンの別カラーのものです。このキッチン、とてもフラットでやはりかっこいいですね…色味を強くすることによって、男らしいデザインに仕上がっています。

170902_09

Yさんのお宅もNOT・IHキッチン(ガスコンロ)でした。最近再びブームらしいです、直火の良さってやはりありますよね…。しかも今はこんなおしゃれなんですね…、素敵過ぎてしまいます。ちなみに、こちらのコンロはグリルがないんだそうです。今はグリルがなくてもいろいろなものが作れてしまう、かつ、グリルの掃除めんどくさい、ということで、グリルなしキッチンを選択する人も増えているそうですよ。

170902_10

今回はキッチンの写真をいっぱい撮ったので、キッチンの紹介だけで終わってしまいそうです。すみません。このシャープな角!ステキです。否応無しにシンプルです。食洗機も付いているので、キッチン上に洗い物カゴがないのがいいですよね。我が家はありそうでないんですよ。食洗機。この間、取り付けを検討したんですが、見積もってもらってまだ考え中です。こんなすっきりするなら長い目で見てよいかもしれないなあ。

170902_11

ちょっとした洗い物はシンクにかけた小型の洗い物カゴに。

170902_12

たぶん皆さんがよーく見たかったと思われる、食器棚です。こちらももちろん「MUJI INFILL 0」特製の棚でございます。見せる収納ってやつですね。置いてあるものにもセンスを感じますが、なにより、わりと料理をされる男性なのだなということが見て取れて、めちゃくちゃステキです…そしてステキな人の家に行くとものすごくコーヒーが飲みたくなるのはなぜなのでしょうか?「コーヒーください」って喉元まで来てましたが、失礼すぎるのでやめました。

170902_13

足元のキッチンマットにもこだわりを感じます。シンプルで品の良いものを選ぶのが上手なYさん。「MUJI INFILL 0」に決めた理由をお聞きしましたら、「ぼったくられなそうだったから」と言っていました。なるほど。リノベーションの会社は色々あるけど、盛って金額を出される不安、確かに少し感じますよね。

また、Yさん自身、いわゆる「無印良品」っぽい家にはあんまりしたくなかったんだそうです。お持ちでいらっしゃる家具類をみても、多少癖の強いものを所持されているというか、個性的なんです。で、「MUJI INFILL 0」にまかせてみたら、それらに合うように設計してくれたと。逆に言うと、こだわりがない方でも「MUJI INFILL 0」にお願いすれば、ちゃんといい家になると思いますよ、と話してくれました。

170902_14

これ、この癖のつよめの洗濯機〜見えますか? 奥の方にあるやつです。これも、しっかりぴったり収まるように設計してくれたんだそうです。

170902_15

これ!完全に海外製ですね。おしゃれすぎませんか?いいのですか?

170902_16

冷蔵庫も正面からフルで撮る事は叶いませんでしたが、メタリックでステキです。男らしいですよね。メタルの風合いがそれはもう見事にマッチするよう、設計されています。

170902_17

というわけでYさんのお家のキッチンでした。画像は一記事につきだいたい10枚前後載せる…と自分の中で決めているので、リビングなどはまた次回以降にお見せ致しますっ! ぜひ次回も見てくださいませー!

170902_18

妻のあみいちゃんでした


「三鷹の家大使の住まいレポート」の単行本が発売されました!

著者は、我らがあみいちゃん。タイトルはそのまま『ぜんぶ、無印良品で暮らしています。「無印良品の家」大使の住まいレポート』。2016年5月26日より、全国の書店およびAmazonなどのWEB書店で販売しています。

ぜんぶ、無印良品で暮らしています。

家も、家具も、ぜんぶ無印良品で生活したら、どんな毎日になるんだろう。
無印良品では三鷹に建てた「無印良品の家」に2年無料で住む人を募集。当選した住まいモニターの無印良品に囲まれた暮らしがここに実現しました。
入居までのストーリー
動画(YouTube)

三鷹の家大使プロフィール

住まいレポートをするのは、57,884の住みたい宣言から選ばれた、2012年最も幸運なご夫婦。
プロフィールを更に詳しく