三鷹の家大使の住まいレポート『ぜんぶ、無印良品で暮らしています。』

シンボルツリーから見る我が家の成長

2017年6月13日 三鷹の家編2017

シンボルツリーから見る我が家の成長

シンボルツリーが年々大きくなっているということで、一時間くらいかけてほぼ同じアングルからとったであろう写真を探してみました。ツリーも大きくなっていますが、物も増えている…これが生活ってもんでしょうか。 170619_02.jpg

2013年
170619_03.jpg 秘密のベールに包まれた我が家。まだまだシンボルツリーは植えられてもいません。こんな姿も、いと麗しいですね。入居前のこんな姿も写真で残っていて、とても嬉しいですね。この頃、家とはまだ友好関係を築けていません。家も私たちのことを知りません。そう思うと、切なくなってきますね。

2014年
170619_04.jpg 残念ながらどんだけ探しても葉が付いている画像が見つからず…枝の伸び具合で葉の付いているところをイマジンしていただけると幸いです。この時はまだ、木がこんなに成長する物だとは、知りませんでした。この時点では家よりは大きくないですね。

2015年
170619_05.jpg かなりたわわになりまして、手に負えない感が少し出てきた年です。だいぶ変化がみられますね。一枚目の写真ではかなり貧弱だった我が家のツリーですが、このように素晴らしく成長を遂げました。若干家からはみ出していますね。まだまだ序の口といったところでしょうか。

2016年
170619_06.jpg 正直、木の成長に悩み始めた頃ですね。あまりにも生命力を爆発させていたので、夫が若干上部を伐採しました。このようにして木は大きくなっていくのですね。それにしても成長が早い…冬の間に何を蓄えているのでしょうか?

2017年
170619_07.jpg 完全に爆発していますね。公園にある木とそんなに変わらないいでたちです。木なのか家なのか、少し迷うところですね。ついに電線をも越えまして、一人前の立派な木と相成りました。 来年は一体どんな姿になるのでしょうか。また、基礎の部分に影響があるのかないのかも少し気になってきました。どうなのでしょうか。木ってものすごいパワフルな気がしているのです…大丈夫かな? 170619_08.jpg ああ〜本当に大きくなりましたね。立派です。そのうち職人さんに切ってもらわないとならないかもしれませんね。その辺りの小難しいことも、家を管理する上でこれから勉強していかないとなりませんね。 170619_09.jpg あと最近、垣根にしていた木が一本枯れてしまいました。どうして…?なんで5年目にして枯れた…?どうやったら急に木が枯れてしまうのですか?もうこの子は復活しないのですか…?だとしたらすごく悲しいです。 170619_10.jpg あと友人にもらったガチのモミの木もいきなり枯れてしまいました。どうしてでしょうか…?すごく悲しいです。この子も復活は難しいのでしょうか?木に詳しい人がいたらぜひ教えて欲しいです。 気がつけば、この家に2013年から2017年、5年住んでいるのですね。長いですね。東京に来てからは2年ごとに家を変えていたので、なかなか5年も居ついたことはないなぁと感慨深いものです。そりゃあ娘も これから、 170619_11.jpg こうなりますよね。 170619_12.jpg ああ、不思議です。5年も住んでいるといろいろあるものです。これからも色々あるのだろうなあ。 とにかくとにかく、まだまだ三鷹の家で遊び足りません! 今後もワックワクするような家でありたいと強く思います。
妻のあみいちゃんでした


「三鷹の家大使の住まいレポート」の単行本が発売されました!

著者は、我らがあみいちゃん。タイトルはそのまま『ぜんぶ、無印良品で暮らしています。「無印良品の家」大使の住まいレポート』。2016年5月26日より、全国の書店およびAmazonなどのWEB書店で販売しています。

ぜんぶ、無印良品で暮らしています。

家も、家具も、ぜんぶ無印良品で生活したら、どんな毎日になるんだろう。
無印良品では三鷹に建てた「無印良品の家」に2年無料で住む人を募集。当選した住まいモニターの無印良品に囲まれた暮らしがここに実現しました。
入居までのストーリー
動画(YouTube)

三鷹の家大使プロフィール

住まいレポートをするのは、57,884の住みたい宣言から選ばれた、2012年最も幸運なご夫婦。
プロフィールを更に詳しく

最新の記事