三鷹の家大使の住まいレポート『ぜんぶ、無印良品で暮らしています。』

DIYも楽じゃないよ! 壁に付けられる家具を付ける編

2015年3月9日 里帰りDIY編2015

DIYも楽じゃないよ! 壁に付けられる家具を付ける編

前回までのあらすじ!!北海道の実家の自室がダサいので、長期ステイ間に無印良品パワーで部屋をかっこよくしたい!だが実家の方に無印良品ない!どうする!? というわけで「無印良品の無い地域の人でもできる、無印良品によるDIY」を実行中です。今回は壁が大分乾いてきたので、無印良品 有楽町店のインテリア・アドバイザーの林さんが見繕ってくれた「壁に付けられる家具」にも色を塗ってみました。 150309_02.jpg
塗っていくのだから!
壁に付けられる家具シリーズの説明 150309_03.jpg ポイント ・いろんなところにつけられる ・思ってるよりも穴は空かない(後述) ・説明書を捨ててはならない(後述) 林さんが送ってくれたものは以下です。 150309_04.jpg 150309_05.jpg 150309_06.jpg 150309_07.jpg 写真が多い実家の私の部屋の様子を見て、この四点を数点ずつ送ってくださいました。むむーん、センスが問われるやつですね。頑張らなくてはなりません。まずは林さんがこれまた見繕ろってくれたペンキを塗っていきます。ただの家具としてそのまま使うのでも当然オシャレ極まりないアイテムではありますが、ここはDIYしてる感を存分に発揮していこうと思います。 150309_08.jpg
塗ったよ
そして前述したとおり、説明書の存在はとても重要になってきます。設置の際に目印となってくれるわけです。コーナーの家具で説明しますと、この通り、穴をあける位置が説明書によって指定されるわけです。 150309_09.jpg
表面塗り忘れてることになぜか気づいてない私
そんなふうに説明書の位置であたりをつけて、バランスをみるとより良いと思います。 150309_10.jpg
だいたいここだな、と
付け方は簡単。説明書に、ここに接続道具を置け、との指示がかかれているので、そこに接続用の部品をあてます。 150309_11.jpg
ここに置いてみろって書いてあるんです
そして画鋲みたいのを打つ! ここで空いてしまう穴の大きさを気にされる方は多いと思いますが、本当に画鋲の穴くらいなもんです。 150309_12.jpg
トンカチ的なもので打っていきましょう
ふたつ打ちます。 150309_13.jpg
壁へのダメージは思ったほどない
そしたらまあこんな感じでつくわけですよ!!! ちょっとまがってても、簡単に直すことが出来、便利です。 150309_14.jpg
じゃじゃーん
何をどこに置くのか考えながら、バランスをとってつけてみました。 150309_15.jpg 150309_16.jpg
こんな感じでどうよどうよ?
入口の方にはフックタイプのものを。便利に使えそう。 150309_17.jpg
便利~
均等な幅で配置していくのはちょっと難しいんですけど、結構感覚的にやってもなんとかなります。丁寧にやりたい方はどうぞメジャーをお使いくださいませ… 150309_18.jpg
いや~いい感じ
タンスとスチールラックも乾いたので、ちゃんと配置してみましたよ~。まだ物がないせいもあるけど、とってもいい感じでお気に入りです。ここに物が入ってくるとどうなるやら…上手に収納しないとダメですね。釧路に無印良品できないかな~。。。 150309_19.jpg
ちょっとずつ変化してきました
BEFORE 150309_21.jpg AFTER 150309_20.jpg ほらねっほらねっ、だいぶ良くなってきたと思いませんか。どうですか。次週は飾りつけ。とか実際の収納ぶりとか。を特集したいと思います。でもその前に旦那(のっぴ)が何か企てている予感が… 150309_22.jpg
無印良品のペンキキッド、お勧めです
妻のあみいちゃんでした

最新の記事

関連記事


「三鷹の家大使の住まいレポート」の単行本が発売されました!

著者は、我らがあみいちゃん。タイトルはそのまま『ぜんぶ、無印良品で暮らしています。「無印良品の家」大使の住まいレポート』。2016年5月26日より、全国の書店およびAmazonなどのWEB書店で販売しています。

ぜんぶ、無印良品で暮らしています。

家も、家具も、ぜんぶ無印良品で生活したら、どんな毎日になるんだろう。
無印良品では三鷹に建てた「無印良品の家」に2年無料で住む人を募集。当選した住まいモニターの無印良品に囲まれた暮らしがここに実現しました。
入居までのストーリー
動画(YouTube)

三鷹の家大使プロフィール

住まいレポートをするのは、57,884の住みたい宣言から選ばれた、2012年最も幸運なご夫婦。
プロフィールを更に詳しく