東京・大阪・団地暮らし

東京・大阪・団地暮らし光が丘と千里、2つの団地の住まいレポート

落葉しました! ブラインドと日差しの入り方

2017年11月13日 1年目の秋 編

落葉しました! ブラインドと日差しの入り方

こんにちは。「鎌倉の家大使」みーさんです。
ここ最近はメグスリの木の落葉がすごくて、掃除に四苦八苦していましたが、ほぼ落葉しました!ご近所の奥様がたからは「これ枯れちゃったのかと思ってたのよ。」と言われたりもしましたが、「これ落葉樹だから葉っぱが落ちてるだけで、枯れてないそうですよ、多分ですけど…。」っていう会話を何人にもした日々。

mado171113_001

まだちょっと残ってるけど

今朝ごみ出しをしたときには、もっと大きめの葉っぱもついてたんですが、昼ごはんの買い出しで出たときに見たら、もうこんなサッパリな状態になってました。きっと午前中の風で飛ばされたんですね。朝掃除した芝生の上に、またてんこ盛りに葉っぱが落ちてましたから。小さいのはまだついてるけど、もう落葉しました宣言出しちゃいます!

mado171113_002

これでやっと、朝晩の落ち葉拾いから解放されますー。特にこの10日くらいがひどくって、朝落ち葉を拾っても夕方にはかなり落ち葉が散らかってた状態。海風のせいなのか?よく飛ぶんですよ、ご近所にまで。申し訳ないのでちょこちょこ落ち葉拾いしていたんですが、ようやく解放です。ふうっ。あとは新春にちゃんと芽吹いてくれますように!

mado171113_003

あ、社長!おつかれさまです!

今日は本当にポカポカと暖かな日だったので、社長がうちの庭先で昼寝してました。あ、社長っていうのはこの猫のことでして、私が入居した翌日からチョイチョイ姿を見せてくれる猫なんです。とてもボス感があるので、私は社長って呼んで楽しんでます(笑)。きっと「鎌倉の家」が建つ前から、このあたりを縄張りにしてたんだと思います。なのに家建てちゃって…。すみませんね、社長(猫)。申し訳ない。

mado171113_004

閉めてます

さてさて、今日は「鎌倉の家」のブラインドと日差しの入り方をレポートしてみたいと思います。「鎌倉の家」にはバーチカルブラインドという、縦型のブラインドが付いています。上の写真は、ブラインドを閉めている状態ですが、光は通すので閉じてても十分明るいんです。日差しの暖かさも感じられますよ。外で社長(猫)が昼寝しているとも知らず、のんきなウチの猫大使たち。

mado171113_005

ちょこっと開け

こちらは、ブラインドを少し開けた状態です。床をみてください。日差しが筋状に入るようになって、閉じているときよりもグッと温かさが増します。開けてはいるけれども、外からはほぼ室内は見えないし、室内からも外はほぼ見えないという、私がいちばん気に入ってる状態です。猫大使たちも、ブラインドを開けるとラグの上で寝ています。日差しが暖かいのを知ってるんですよね。

mado171113_006

全開!!!

そしてこちらはブラインドを全開した状態です。ホント明るくって、日差しもたっぷり入って来てありがたいんですが、外からも中からも丸見え! この状態にしていると、みんな中をのぞいていきます(笑)。「鎌倉の家」には塀がありませんので、この状態は残念ながらちょっと厳しいです。低めの塀でもあれば、全開もありかなと思えますが、「鎌倉の家」の日常は、ブラインドちょこっと開けが基本です。

mado171113_007

室内の温度を見てみましょう。1階リビングは23.2度とポカポカで快適です。冬の快適室内温度が20度前後と言われていますが、それに比べると少しあたたかめでしょうか。今日は午前中早い時間から暖かかったので、暖房はつけていません。リビングのこの大きな窓、そして吹き抜け上にあるまたまた大きな窓から、たっぷりと日差しが差し込んでくるので、この時期の晴天の日中は快適に過ごせます。

mado171113_008

私は今まで、住まいではブラインドを使ったことがなくて、このバーチカルブラインドってなんかオフィスみたいだな…って思っていたのですが、開け閉めの加減が調整できるのはいいところです。ただ、猫大使たちがヒモを噛んでいるのか? 暴れてダッシュした時の勢いで切れてしまってるのか?分からないのですが、2~3か所ほど切れていまして。中には、この下の部分はもうヒモなしで使ってらっしゃる方もいらっしゃるのだとか。あまりに切れるようなら、そうしてみようかな~と思っている今日この頃。

mado171113_009

噛んでません!(いや、アンタがいちばん怪しい)

11月ももう半ば。例年は二か月前からクリスマスディスプレイをするのですが、今年はちょっと出遅れ気味。
そろそろ準備をしないとね、と思っているみーさんでした。

ぜんぶ、無印良品で暮らそう。

家も、家具も、ぜんぶ無印良品で生活したら、どんな毎日になるんだろう。
あの三鷹の家住まいモニター募集から4年。無印良品では、無印良品の家「窓の家」に2年無料で住む、鎌倉の家住まいモニターを募集しました。
入居までのストーリー

鎌倉の家大使プロフィール

住まいレポートをするのは、12,562の応募から選ばれた、ひとりの女性と猫4匹。
プロフィールを更に詳しく

鎌倉の家ってこんな家