団地と暮らしとジャズ喫茶

団地と暮らしとジャズ喫茶

北本団地秋まつり

2022年 11月 15日

北本団地秋まつり

10月30日(日)に北本団地秋まつりが開催されました。
久しぶりの団地のお祭り、今回は準備から当日までをレポートしたいと思います。

毎年恒例だった夏の団地祭は、2019年から3年連続で中止となっていました。 今年は形を変え、そして規模も縮小して、どうにか開催できないかと北本団地自治会役員を中心に春ごろから毎月集まって話し合ってきました。
今まで通り出来そうなこと、変えなくてはならないこと、新しくやってみること。何十年もお祭りを取り仕切っている先輩達も探り探りの状況でした。久しぶりのお祭りの準備は大変でもあり楽しくもあり。そんな雰囲気が皆さんの表情に出ていました。

私たちにとっては初めての団地全体のお祭りで、右も左も分からず、やれそうなことを担いました。
私は団地全戸に配布するお祭りのプログラムを作りました。

「中庭」によく遊びに来てくれる子ども達にイラストをお願いして、可愛い絵を挿入しました。

踊り、ゲーム、キッチンカーなど、縮小とは言いつつも盛りだくさんの内容です。

「中庭」ブースでは、ヨーヨー・お花すくい・かぼちゃの重さ当てゲーム・フェイスペインティング(仮装)・森のジュークボックス(太陽光発電でレコードをかけよう!)の5つを準備することに。

ご近所さんの花壇から、お花すくい用の花をたくさんいただきました。

自治会の方々にヨーヨーの作り方を教えてもらいました。
慣れた手つきのみなさま、経験値が違います。

前日のお祭り準備。たくさんの人の手が集まり、あっという間にテント設営も終わりました。

迎えた当日は、午前中から重労働なヨーヨー作り。作ったそばから子どもに人気で休むまもなく大忙しでした。

水に浮かべたお花、とっても可愛くなりました。

子ども達に楽しんでもらえて、お花集めに走った甲斐がありました。

かぼちゃの重さ当てゲームは、ジャズ喫茶「中庭」の常連さんからもらったアイディア。
男の子に人気で、天才的に当てる子も出現しました。

仮装の呼びかけをしたら、予想以上の大物が!! お母さんお疲れ様です。

こちらも素晴らしい出来上がりのブリ。

フェイスペインティングは、恥ずかしがる子が多く、、
手に描いてひとしきり盛り上がって飛び出して行きました。元気!

よさこいの踊り。
合計1時間半ほどを3団体で入れ替わり立ち替わり踊りまくります。やっぱり音楽と踊りは盛り上がります。最後は全員で埼玉県のよさこい総踊り曲「コバトンよさこい」!
お祭りのフィナーレに向かって盛り上がっていく感じ、なんとも言えずたまりません。

久しぶりの団地のお祭りは、初めて参加する私にはとても新鮮でした。
一体感がありつつ、それぞれが自分のことをこなしていて、運営側も参加者側もごちゃごちゃになりながら時間を過ごし、全員でお祭りを作り上げていました。
この成り立ち方は本当に素晴らしいと思いました。

最後に、ぶりに扮する私と、重さ測り用のかぼちゃ収穫に行ったら泥棒みたいに見える夫。

とってもエネルギッシュな1日でした。
団地のお祭りいいですね。

最新の記事

このブログについて

自由な交流の生まれる自分たちの場所としてジャズ喫茶をつくるべく、埼玉県北本市のUR北本団地商店街に移り住んだコントラバス奏者とごはん屋さんの落合夫妻が、団地と暮らしとジャズ喫茶「中庭」で起こるいろいろをお届けします。

お店を持ちながら暮らす、新しい団地の住まい方レポートです。

さらに詳しく

profile02

「中庭」イベント情報はこちら

sns_twitter sns_instagram