東京・大阪・団地暮らし

東京・大阪・団地暮らし光が丘と千里、2つの団地の住まいレポート

東京光が丘パークタウンの気になるお部屋案内

2017年 10月 26日

光が丘パークタウンの気になるお部屋案内

父親からこんなメールが来ました。

tokyo171026_photo

嬉しいです。

みなさん、こんにちは。
トーリーです。

今回は、光が丘パークタウンの周辺情報と住戸情報をお伝えします。

それではさっそく紹介していきましょう。
そしてなんとなく今回は、~タイトル~ ごとに進めて行こうと思います。
レポートの書き方、模索中でして。

~光が丘パークタウンのその昔~

光が丘パークタウンは、約36年前に建設が開始された団地で、一番古い住戸で約35年前、一番新しい住戸で約13年前です。もともと米軍の飛行場だったそうで、更地にそのまま建物を建てていて、建設の際に出た残土を公園に使っています。

光が丘パークタウンの敷地はなんと!東京ドーム約40個分あるみたいです。
その中で公園が33%、住宅が44%あります。
ということは、公園が約13.2個分、住宅が約17.6個。
、、、。

はい、全く想像がつきません。そういえば、東京ドームに行ったことがないからなので、我が家と比べることにします。
我が家は60㎡、敷地の広さが186ヘクタールらしいので、変換して186万平方メートルとして、

1,860,000㎡ ÷ 60㎡ = 31,000個分

もっとわからん!!
とりあえず、デカイということだけはわかります。

tokyo161208_map

ということで、ケーシーさんの写真を勝手に引用。
そして、その他情報もケーシーさんのレポートで。
ということで、歩いてみましょう~

僕が住んでいる、ゆりの木通り北エリアの団地は、このエリアで2番目に建てられたところです。
そして今回案内して頂いたのは、光が丘パークタウンで一番新しい住戸。
ということは、その差20年ほどでしょうか??

建物はこれ!

tokyo171026_01

いつも横を通るたびに新しいきれいな建物だなと思っていたら、なんと同じ団地の建物だったみたいです。ずっと気になっていたのでかなり楽しみ。

~隅々までこだわり、100点のお部屋~

早速お部屋の中。

tokyo171026_02

リビング

tokyo171026_03

リビング

きれい!広い!明るい!
さすがに文句なしです。

築年数が浅いだけでなく、URの住戸は入居者が変わるたびに壁紙を替えるなどの補修工事をしているので、ずっときれいが保たれています。床も人気のフローリング。

そしてトーリー家にはない、これ。

tokyo171026_04

ベランダの横にあり、外の様な中の空間。
床は石のタイルを使っていて、リビングの床と違う素材なので、室内ですが外にいるような不思議な気持ちになります。

tokyo171026_05

ここで洗濯物干したり、作業場所にしたり、机と椅子並べて夜空を見ながら晩酌したり、、。
良い!色んな使い方ができる!
こういう細かいところのこだわり良いっす。
こだわりポイント10ポイント!!

tokyo171026_06

そしてカウンターキッチン。
憧れ~
プラス10ポイント!

URの収納力!

tokyo171026_07 tokyo171026_08

10ポイント!

それぞれの部屋に収納があるのはとてもいいです。
落合団地の時は、部屋を広くすることを優先して、収納をできる限りなくし収納にとても困ったので、収納の大事さがとてもわかります。

と、謎なものを発見。

tokyo171026_09

ん?

tokyo171026_10

むむむ?

tokyo171026_11

、、、!!

tokyo171026_12 tokyo171026_13 tokyo171026_14 tokyo171026_15

ちょっとドヤ顔。

部屋と部屋の間の間仕切り扉を収納できる場所でした。
子供の人数や年齢で間取りを変えることができる仕掛けみたいです。
確かに考えてみたら、外したら行き場のないこの間仕切り扉たち。
なるほどです。

20ポインツ!!!!

tokyo171026_16 tokyo171026_17

ドア上部の換気用の回転!
10ポイント!

tokyo171026_18

コンクリートの壁で押しピンが刺さらんから、代わりの引っ掛けるやつ。
10ポイント!

tokyo171026_19
tokyo171026_20
tokyo171026_21

広い玄関と大きい下駄箱と玄関のコート掛け。
10点!
10点!
10点!
プラス30点!!

tokyo171026_22

ピカピカの取っ手!!

、、、。

tokyo171026_23

住戸の横にあるこの庭、入居者専用で借りれるらしいです。
団地に住みながら家庭菜園ができるのはいいですね。
10ポイント!!

合計100ポイント!
ということで、100点満点のお部屋紹介でしたー。


つづきましては、

~光が丘パークタウンの公園をぶらぶら~

tokyo171026_24

公園を散歩して、次の住戸に向かいたいと思います。

tokyo171026_25

東京ドーム13.2個ぶんの公園。

マップを見てみると、軟式野球場、テニスコート、弓道場、陸上競技場、少年サッカー場、体育館、図書館、プール、バーベキュー場、約1000本の桜、樹齢100年を超すイチョウなどなど。
確かに広い。

お子さんと来られている方や高齢者の方、カップル。たくさんの人です。
「都会」「ビル」のイメージがある東京に、こんなに広い公園があるとは。
公園のある地域は人気が出ると聞いたことがありますが、まさにという感じです。

tokyo171026_26

樹齢100年を超すイチョウの木

tokyo171026_27

工事中の清掃工場

光が丘パークタウンについての様々な質問に対して、全て答えてくれるURスタッフさん。噂の清掃工場を横目に光が丘駅周辺に到着。

tokyo171026_28

URのスタッフさん「ここもURの住戸で高さ30階もあります。」
僕「まさか!これもURなんですか!!」
 「ここ見たい!」
URのスタッフさん「実は、次に案内するお部屋はここの最上階ですよ。」
僕「僕が行きたいと思うところまでわかるんですか!? さすがです!!」

~景色抜群まさかこれがUR? 最上階のお部屋~

東京=ビル=高層ビル=UR
とは、とても想像できませんでした。
団地のイメージがあるURさん、実は高層住戸も多いみたいです。

tokyo171026_29

とりあえず記念写真

ではさっそくお部屋を。
の前に、これを。

tokyo171026_30 tokyo171026_31

思わず「東京~!」と叫びたくなる、関西人。
天気は良くないですが、景色はとてもいい!!
「東京タワーは!?」と思いましたが、さすがに見えないみたいです。残念。

お部屋。

tokyo171026_32

リビング

tokyo171026_33

リビング別角度

tokyo171026_34

和室

tokyo171026_35

キッチン

キッチンも広々していて使いやすそうです。

部屋は3部屋あり、一部屋ずつはそんなに広くないですが、それこそ「MUJI×UR」で改修して、壁をぶち抜いて広くすれば景色抜群で、おしゃれな広々とした部屋になりそうです。そう思います。
お家賃も飛び抜けて高いという訳ではないので、東京で憧れの高層マンションに住めるかもという気持ちが湧いてきました。少し。

光が丘パークタウンの周辺の住戸は、ほとんどURさんらしいので、他にも色々見に行きたいです。
あともう1件、案内してもらえる予定だったんですが、この2件をじっくり見すぎてまた今度になりました。
なのでまた、改めて光が丘パークタウンの公園や住戸情報をお伝えします。


最後に、光が丘にあるURの賃貸ショップも案内してもらいました。
今度じっくりとレポートしたいと思います。

tokyo171026_36
tokyo171026_37

スタッフの方々もいい人でレポートが楽しみです。
賃貸ショップのみなさん、今度よろしくお願いします。

それでは次回のレポートもお楽しみに。
トーリーでした。

関連記事

レポータープロフィール

東京

光が丘パークタウンMUJI×UR Plan14に暮らすのは、建築士の青年トーリーと奥様のヨーメー。

神戸

落合団地MUJI×UR Plan12に暮らすのは、情報誌編集者のアーリーと奥様のターナー。

東京と神戸の2つの団地、MUJI×URの2つの部屋から、団地の魅力をレポートします。
このブログについてさらに詳しく

カテゴリー

最新の記事