東京・大阪・団地暮らし

東京・大阪・団地暮らし光が丘と千里、2つの団地の住まいレポート

神戸無印良品でおもてなし(準備編)

2018年 2月 15日

無印良品でおもてなし(準備編)

みなさん、こんにちは! 神戸住まいのリポーター、アーリーです。
神戸の今のお部屋に引っ越して来て、はや4ヶ月。あっという間に時間がすぎてしまい、まだお客さんらしいお客さんを呼べていません。

kobe180215_01
kobe180215_02

せっかく素敵な部屋に引っ越したのにもったいない! というわけで、今度の週末にターナーの友達を招いて我が家で晩御飯を食べることに。大きなテーブルがあるので、こういう時には余裕があります。

初めてのお客さんということで、おのずと気合が入っております。何はともあれ無印良品のお店で、いろんなものを見ながら作戦会議。

神戸にありますは「無印良品 神戸ハーバーランドumie店」にやって来ました。ショッピングエリアにある店舗だけあって、広いです。

kobe180215_03

まず目に飛び込んで来たのが、エプロン。そういえばエプロンって持ってないなぁ。でもあったら匂いや汚れも気にならないし、よさそう。というわけで試着!

kobe180215_04

こちらは「肩掛けエプロン」。すっぽりかぶるだけでよくて、ダボっとしてて楽です。ポケットも大きいのが気に入りました。

kobe180215_05
kobe180215_06

こっちは「肩クロスエプロン」。紐が調整できて、すっきり着れますね。

kobe180215_07

最後は「割烹着」。意外としっくりきます。これを着れば料理への本気度が伝わりそうですね。そんな風に思えてくるシルエットです。

kobe180215_08

さて、格好から入ってしまいましたが、一体何を作ろうかなと思い、レトルトやパスタソースの並んだ棚の前に来ました。

いつ見てもすごい品揃えですね。無印良品のカレーが種類豊富なのは結構知られてるとは思いますが(43アイテムあります)、ほかにもスープなんかも沢山種類があって、いつも重宝してるんですよ。レトルトのパウチやお湯を注ぐだけの簡単タイプもあって、化学調味料や香料、合成着色料は不使用。

kobe180215_09

今回はリッチな気分で「素材を生かしたスープ ポルチーニクリーム」を買ってみます。

そしてメインディッシュは、無印良品のとある製品を使って作ってみることにしました。どんなレシピかは、次回のお楽しみです。

kobe180215_10

そういえば、取り皿が人数分無かったと思い、食器コーナーへ。この木のお皿で揃えたら、食卓が一気におしゃれになりそう! この綺麗な木目はアカシア材のもので、料理を美味しく引き立ててくれそう。ちなみにこのプレートは直径11cm~30cmのものまで、サイズも幅広いです。

kobe180215_11

さらに、こんなアイテムも見つけました。このカッティングボードに生ハムやチーズを盛り付けたら、パーティー感が出そうですね。軽くて柔らかいゴムの木製なんですって。

自分たちだけだと思うと、なかなか手が出ないものでも、誰かを招くと思って買い物に行くと、いろんな考えが浮かんできてワクワクしますね。

さて、来週のパーティーは成功するんでしょうか。
アーリーでした。

関連記事

レポータープロフィール

東京

光が丘パークタウンMUJI×UR Plan14に暮らすのは、建築士の青年トーリーと奥様のヨーメー。

神戸

落合団地MUJI×UR Plan12に暮らすのは、情報誌編集者のアーリーと奥様のターナー。

東京と神戸の2つの団地、MUJI×URの2つの部屋から、団地の魅力をレポートします。
このブログについてさらに詳しく

カテゴリー

最新の記事