三鷹の家大使の住まいレポート『ぜんぶ、無印良品で暮らしています。』

三鷹の家2021キッチン周り情報

2021年8月27日 三鷹の家編2021

三鷹の家2021キッチン周り情報

激動の2021年・夏。娘の夏期休校が本日にてENDを迎えます。激動とは言ってみたものの、自分たち自体に特に動きはなく、今の所平和に過ごしておる次第でございますがっ! このコロナウイルス期間というのは間違いなく世界史に載るであろう歴史の1ページでしょうね。今更ですけども。生活の仕方がだいぶ変わりまして、やはり持ち家を欲する人がかなり多くなられたようですね。おうち時間というのを充実させたい、であれば、もう家買っちゃう。という考えに至るのは、当然でございましょう。友人にも家を探しているご家族がいるのですが、なかなかいい家を見つけても一日で売れてしまうというような情勢のようで…うちの夫も今年に入ってから考えても4回くらいしか出社していませんからね。生活もそうですが、働き方も大きく変わっていますね。

210827_02

私は特に喋る必要がなくてもずっと喋り続けられる性質なのは、こちらのブログを読んでいただいている皆さんには周知の事実だと思いますが…あ、この人全然喋ることないのにいっぱいしゃべってる…っていうのがもうお見通しでツーカーの仲だと勝手に思っているのですが、色々喋ることがないんだかあるんだかの状態でですね。まあ外出していないからネタが切れていくという状況にも陥りがち…ということで、インスタなどでも人気爆発中の、真似したくなるキッチン周り☆とかそういうテーマを立ててみてはいかがか? とムジハウスさんからアドバイスをいただきましたのでキッチンの周りを紹介したいと思います。ただ、ご存知だとは思うんですけど、着飾るような人間ではございませんから、ありのままの姿を見せていく所存でございますから。ご容赦ください。

210827_03

先ずはわたくしの愛用のキッチンの全体図でございます。スポンジが今、無印良品ではなく、どこぞの馬の骨かわからないスポンジになってしまっておりますが、これは失態でした。目をつぶってください。見ていただくとわかる通り、生活感の溢れる、生き生きとしたキッチンでございます。

210827_04

正面からせめて見ますと、こんな感じでございます。肉眼で見たときより写真で見たときの方がキタなっ! というのも、わたくしの視力がどんどん落ちていってるのでしょうね…先日人間ドッグでしたが、右1.0左1.2という好成績を残しましたが、それでも一眼レフには到底かないません…

210827_05

キッチンの下はこんな感じになっています。お客人が来た時のみに活躍する皿などを、無印良品の竹材のボックスに詰め込んで、保管しています。どこに何が入っているかわからないからぜんぶ開けないといけないというのが難点。ですが、おそらくラベリングをすれば良いのでしょうけど、ここをラベリングしますと一気に所帯染みて参りますから、所帯染みることは悪いことではないですが、ここはこのままにしておきたいのです。

210827_06

こちらは雑誌などへの掲載率の高い切り取りをしてみました。キッチンツールを一挙に吊るしてあります。あまり何も考えていませんが、壁に吊るすという方法が一番楽ですね。

210827_07

愛用のキッチンツールたちの紹介をしていきたいと思います。どれもこれもフル稼働です。

210827_08

最近、無印良品のキッチンタイマーを購入しましたが、これはかなりいい商品ですね。麺を茹でる時など、迅速な動きが求められるときに、とても使いやすいです。ダイヤル式なので、右にカチカチ回すといい感じに何分、というところまで設定できますので大変便利です。これは、間違いなく皆様にオススメしたい商品の1つとなりました。

210827_09

大変オススメしているのですが、無印良品の分解して洗えるキッチンばさみ! これはとてもいいものですね〜。というのも、あれですね、キッチンばさみというのは結局開かなくなって使えなくなっていきますから…用途が色々ございますからね…うちの可愛い姪っ子のなっちゃんが来た際などにも、うどんを細かく切ったりいたしますから…やはりキッチンばさみは分解して洗えないといけませんね。

210827_10

こちらのように簡単に、本当に手間なく分解することができて、とても洗いやす〜いですね!

210827_11

あとはかなり重宝しています、トングシリーズ。これは1つで何やくもこなせるので本当に便利です。例えばパスタを作ろうと思ったら、片一方のフライパンで具材を炒めまして、もう一方ではパスタを茹でる際にかき混ぜたりなどします。そして混ぜ合わせて盛り付けるというところまでできますよ。左が改良前で、右が改良後です。どちらも使いやすくて好きです。改良後のものは、全体が丸っとそのままウォッシャブルできるというパーツの少なさがいいですね。

210827_12

あとはこれを持っていないと無印良品を語る上でモグリと言われそうな強迫観念もあり購入した、シリコーンスプーンですね。小さいのも出たのですよ。最初は世論に流されて買ってみたものの、これは他社が色々とパクっているものの、無印良品に敵う質感のものはありませんね。実際に便利です。どういうところがいいかというと、汁気のあるものをかなり精密にすくい上げることができるんです。なので洗い物をする際にかなりの省エネ人道力で洗い切ることができます。小さいサイズのものは、大きいものを使うまでもないな…と思った時にすごくちょうどいいサイズです。お菓子作りするときなんかに最適ですね。まぁあまり作りませんけど。

210827_13

うちの食器棚です。実のところたわんでる感じが見受けられます。これはきっと重量オーバーなんですね。いけませんね。壊れたら困りますので、そのうち中だけ変えたほうが良さそうですね。

210827_14

あとここ数年で値下げしました、豆から挽けるコーヒーメーカーは毎日のごとく参上し、私の胃をコーヒーで満たしてくれます。今は夏なので、無印良品の水出しコーヒーをフル稼働しているのですが、間に合わないときはこちらで普通に豆から挽きまして、冷やしてアイスコーヒーにしております。これを書いている現在も飲んでいます。

210827_15

みみ子はキッチンでの作業中はいつも味噌ダルの隣にいます。何かおこぼれがあるかと期待しての行動だと思うのですが、キャベツの芯あたりを渡されてゲンナリしている様子もいとおかし。

210827_16

キッチンからは仕事をしている夫の姿が見えます。この人はずっとこの椅子に座って仕事をしているのですが、家にいても全くずっと仕事をしているので大丈夫かな? と思いますね。もう少し不真面目になってもいいのではないかと思います。

210827_17

キッチンからはテレビも見えます。リビングで絵を描いている娘の姿が見えます。今日は冷たいうどんにしようと思います。明日から学校なので、頑張ってほしい、いや、頑張ってほしいなどとは言わない。ぜひ楽しいことをたくさん経験してほしいですね。コロナは心配ですけれども、楽しいといいですね。

210827_18

そんなわけで、キッチン仕事をしていても家族の息遣いをハアハアと耳元で感じられる、楽しい我が家でした。皆さんもますますコロナには気をつけて、健康的に生きてまいりましょう!

妻のあみいちゃんでした

最新の記事

関連記事


「三鷹の家大使の住まいレポート」の単行本が発売されました!

著者は、我らがあみいちゃん。タイトルはそのまま『ぜんぶ、無印良品で暮らしています。「無印良品の家」大使の住まいレポート』。2016年5月26日より、全国の書店およびAmazonなどのWEB書店で販売しています。

ぜんぶ、無印良品で暮らしています。

家も、家具も、ぜんぶ無印良品で生活したら、どんな毎日になるんだろう。
無印良品では三鷹に建てた「無印良品の家」に2年無料で住む人を募集。当選した住まいモニターの無印良品に囲まれた暮らしがここに実現しました。
入居までのストーリー
動画(YouTube)

三鷹の家大使プロフィール

住まいレポートをするのは、57,884の住みたい宣言から選ばれた、2012年最も幸運なご夫婦。
プロフィールを更に詳しく

最新の記事