三鷹の家大使の住まいレポート『ぜんぶ、無印良品で暮らしています。』

MUJI HOTEL GINZA 探訪記

2020年1月24日 大使のお出かけ編

MUJI HOTEL GINZA 探訪記

2019年のオープン以来、いつも満室で、無印良品の社長さんですら当日予約が取れないほどの大人気という噂を聞きましたが、我々は2019年12月上旬ごろ、ようやく予約を取ることができましたっっっっ!!! MUJI HOTEL GINZA!!!!

「あ〜どうなっちまうんだろう、どうなっちまうんだろう」と考えあぐねいておりましたが、ある日突然取れるモノです。客室は全79部屋。それが多いのか少ないのか、ホテルに詳しくない私にはわからんのですが、1日100組も泊まれないんだとか考えるとフーンって感じますね。

我々はMUJI HOUSEさんの指令により9種類ある部屋パターンのうち、「TYPE G」というタイプのお部屋に潜入せよ、といわれておりましたので、そちらを予約いたしました。
TYPE Gのお部屋はなんとなんと、子どもワクワクの2段ベッドのお部屋なのですね〜! というわけでして、めちゃくちゃ細かく紹介していきますゆえ、お付き合いいただけますと幸いです。

200125_02

似つかわしくない自分たち一家が銀座に降り立ちました。歩行者天国がつくり出す人波のバリケードがいい感じに富裕感をもたらしてくれますね。娘にも「銀座に似つかわしい行動をしないと、銀座から追い出されちゃうかも…」といったら、とりあえず路上で鼻くそをほじるのはやめたようです。
でも、BVL○ALIやTIFFA◯Y、季節は12月、美しいイルミネーションと豪華絢爛な店頭ディスプレイ、私も子どものころにこんな場所を歩いてみたかった。毛皮のコートや響くヒールの足音、嘘でもいい、冷たくて豪華な銀座の冬、美しいなあと思いました。娘は可愛らしいディスプレイに釣られて高級店に入りたがり、す、すいませ〜ん…みたいな感じで店舗に入場する私たち家族でしたが、よくあることなのか、スタッフさんが微笑ましく出迎えてくれたりして、いいところだなーと思いました。

200125_03

そんな銀座の一等地に建てられた無印良品 銀座にMUJI HOTELは併設しています。
表側は店舗入口ですが、裏側は直でホテルに入れる入口があるのです。このひっそり感もいいですね…。住所でいうと東京都中央区銀座3-3-5 6Fがフロントでございます。

200125_04

エレベーターで一気に6階へ。
一般の人でも立入れるエリア内にMUJI HOTELのフロントがありました。木のぬくもり…

200125_05

ロビーはこんな感じ。ゆったりとしてソファが優雅さ満点でございました。
WA」と書いてあるのは翌朝の朝食会場です。和食を専門に扱う小料理屋さんですね。これはまた後ほど…

200125_06

チェックインの際にいただいた説明書き。専用Wi-fiがもちろんございますよ。

200125_07

そしてそして、すごく嬉しいいただき物。家族3人で泊まるので3人分、お守りをいただきました。このお守り、なかにホイッスルと「もしものときに役立つ情報が記載されたリーフレット」が入っています。いまは、夫も娘も私も、いつも持つカバンにつけて行動しています。
もしものときのための実用的なお守りですね。デザインが可愛くて、なにかに祈ってる感が主張少なめでいい感じなのです。普通に神社で買ったお守りもつけていたりしますが、主張が割と強くて、「お前そんなに健康のこと祈ってんの…? ってか何個つけてんの…? と思われたら嫌だな」という恥じらいが私には多少ありますので、こんなデザインのお守りだったら、なんかオシャレだしとてもいいなぁって思っています。

200125_08

ホテルの各部屋にはフロマデュフューザーが備えられているらしく、好きな香りを2種類のなかから選ばせていただくことができました。最高じゃないです…? とりあえずラベンダーで…

200125_09

さてさて。セキュリティもしっかりしておりまして、カードキーがないとそもそも宿泊フロアに上がれないようになっていました。フロントで用事を済ませていた私は、先に行っちまった夫がフロントに降りてくるまでしばしぼーっとするハメに… セキュリティしっかりしていて良き良きですね。

200125_10

私たちのお部屋は10階。眺めもなかなか良さそうではありませんこと?
インテリアの感じも間接照明がポっとともる感じで、JAPAN IS COOLって思いました。そして外国人のお客さんが相当多いように感じました。アジア圏の方達も多かったですが、アメリカかな? パリかな ?みたいな感じの荷物を持った人たちが大変多いこと!! でもここにきたら日本らしさ味わってもらえるんじゃないかなって思いました。落ち着きと整理というか… きっとここに泊った人たちは思い思いにMUJI HOTELを楽しんで、国に帰られるんだろうなぁって、高校時代、地理専攻の私はワクワクしたのでした。
お守りをもらったこと、アロマデュフューザーを選ばせてもらったこと、すでに思い出が美しい…

200125_11

この落ち着き様。先に部屋に飛び込んでいった娘はとても嬉しそうにしていました。
娘のみたものは一体何だったのでしょうか? うわーっっっ引っ張る感じのイヤなムードですねー… すみません… では、次週以降、MUJI HOTEL Gタイプのお部屋のなかを探索していきたいと思います! どうぞよろしくお願いいたします!

妻のあみいちゃんでした

関連記事


「三鷹の家大使の住まいレポート」の単行本が発売されました!

著者は、我らがあみいちゃん。タイトルはそのまま『ぜんぶ、無印良品で暮らしています。「無印良品の家」大使の住まいレポート』。2016年5月26日より、全国の書店およびAmazonなどのWEB書店で販売しています。

ぜんぶ、無印良品で暮らしています。

家も、家具も、ぜんぶ無印良品で生活したら、どんな毎日になるんだろう。
無印良品では三鷹に建てた「無印良品の家」に2年無料で住む人を募集。当選した住まいモニターの無印良品に囲まれた暮らしがここに実現しました。
入居までのストーリー
動画(YouTube)

三鷹の家大使プロフィール

住まいレポートをするのは、57,884の住みたい宣言から選ばれた、2012年最も幸運なご夫婦。
プロフィールを更に詳しく