三鷹の家大使の住まいレポート『ぜんぶ、無印良品で暮らしています。』

メイクボックスを使いやすくしました

2018年9月21日 三鷹の家編2018

メイクボックスを使いやすくしました

無印良品にはさまざまな便利グッズが売っているので、いつもいつもチェックしに行っている私です。
それは大使としての役目を果たすためでもあり、あとは完全に自分が楽しいからであります。さて、今回もひとつの引き出しを綺麗にするためだけに無印良品に行ってきました。

180921_02

今回綺麗にしたいのは、こちらの本棚(スタッキングシェルフ)付属の引出し(スタッキングチェスト)であります。この四つ全部やるの?と思われそうですが、違います。このうちのひとつだけを綺麗にします。ここはなかなかの魔境なのです。何が入っているかというと、化粧品が入っています。私の引き出しですね。

180921_03

右上のひとつを開けますと、このように化粧ポーチが入っている次第でございます。でもなんか浮いてない…?そうなんです、この下にもいろんなものが入ってて、なかなか引き出しが閉まらないという不測の事態なのです。

180921_04

ポーチをとると、こんな感じで乱雑にものが入っているという、さすがの魔境ぶりです。こういうのダメですよね…

180921_05

とりあえずインテリアアドバイザーさんが教えてくれた通り、いるものといらないものにわけました。結構いらないもの多いな…。左がいらないものです。問答無用で捨てます。

180921_06

さて用意いたしますのは、ポリプロピレンメイクボックス・1/2
これは店頭ですでに同じスタッキングチェストに納めてみたので、大きさはばっちりだということが確認済みなのです。無印良品の家具は無印良品の雑貨ととても大きさがよく合うのですよね〜。これも無印良品に統一することのメリットといえましょう。

180921_07

ホラぴったりであった!

180921_08

立てて保管しておきたいものもあるので、こちらのポリプロピレンコットン・綿棒ケースも2つほど買ってまいりましたよ。

180921_09

ああっ、面白いくらいにぴったり!

180921_10

ここに普段使いのメイク用品を立てていきます。ポーチの中だとごちゃついて、あれどこ〜?と毎朝探さねばなりませんでしたが、これでもう迷わずに済みます!

180921_11

もちろん取り出して使えるようになっていますよ〜。これをリビングに持って行ってそのままお化粧し、また整頓し直して、もとの場所に治めれば良いわけでございます。快適さ間違いなし!

180921_12

ふう、これからのビューティ活動にも気合が入りそうでございますよ。ほんとはメイクポーチが欲しかったんだけども、引出しに入らない大きさだったのですよね…。あれの使いっぷりもぜひためしてみたかったな〜!! というわけで、今回もひとつの引き出しが救われました。万歳。

妻のあみいちゃんでした

最新の記事

関連記事


「三鷹の家大使の住まいレポート」の単行本が発売されました!

著者は、我らがあみいちゃん。タイトルはそのまま『ぜんぶ、無印良品で暮らしています。「無印良品の家」大使の住まいレポート』。2016年5月26日より、全国の書店およびAmazonなどのWEB書店で販売しています。

ぜんぶ、無印良品で暮らしています。

家も、家具も、ぜんぶ無印良品で生活したら、どんな毎日になるんだろう。
無印良品では三鷹に建てた「無印良品の家」に2年無料で住む人を募集。当選した住まいモニターの無印良品に囲まれた暮らしがここに実現しました。
入居までのストーリー
動画(YouTube)

三鷹の家大使プロフィール

住まいレポートをするのは、57,884の住みたい宣言から選ばれた、2012年最も幸運なご夫婦。
プロフィールを更に詳しく