三鷹の家大使の住まいレポート『ぜんぶ、無印良品で暮らしています。』

新章! 実家の部屋がダサすぎる編

2015年1月19日 里帰りDIY編2015

新章! 実家の部屋がダサすぎる編

最終回の反響がとても大きくて、本当にもう書くのやめたほうがいいんじゃ…と思ったんですけれども、実は…続きます!!!
惜しんでくれた方たちごめんなさい!!!ごめんなさい!!! そんなこんなで、三鷹の家を買いました。という矢先に、私と1歳の娘だけ北海道釧路市の実家に帰ってきてます。 理由、理由は…噂の待機児童じゃあ〜〜〜!!!!! 子どもを産んで一年、おうちのローンもかかってきますし、私そろそろお仕事をしないとならないのですが、我が娘も社会問題になっている待機児童でございまして、三鷹市の方からお願いしてもらって釧路市の方の園に入れてもらっているのです。そういうこともできるのですよ。ご存知でしたか。
少し手続きは面倒なのですが、住民票を変えずに別の市の認可保育園に入ることができるパターンがあるのですよ。私は家でもできる仕事なので、これまた認可保育園に入れる優先順位が低いのですねぇ〜。でも、子ども見ながらお仕事とか無理無理ムリ〜でございますからね。
というわけで、釧路市に三月末までいようと思っています。四月からは東京の園に、入れると…いいな…いや、もう認可保育園は全て落ちた通知がきたんですけど…どうしよう…でも認証保育園なら入れるかな…そんなこんなでのっぴ(夫)一人東京に置いて、実家に帰ってきてます。 で、実家にいながら無印良品の家住まいレポートなんてどうやって書くんじゃい!!と思いますよね。しかも釧路市には無印良品がない。 ちなみに昔々はありました。みんなの筆箱にはかならず(と言っていいほど)無印良品の商品が入ってました。定規とか。筆箱自体とか。だが無印良品は消えた!なぜなんだ!無印良品さん、釧路市民は無印良品を求めています。釧路に店舗くださ〜い!何卒何卒。といった具合にして、ほんとに無印良品と接点がない。それで、わたくし考えました。 まずは私の実家の自室がダサすぎることに注目。 150119_02.jpg
たすけてください!!!
これを無印良品の家、無印良品POWERでかっこよくします!!! 実家も築20年くらいが経過し、いろいろなところにほころびが出てきました。私の部屋も例外ではありません。そして、持ち家(父のだが)だからどうしたってかまわないわけです!!! ということで、近所に無印良品がない人でもできる、無印良品DIYにチャレンジいたしますっ!!! 今回はひとまず、私の実家の部屋がどれだけダサいか見ていただこうと思います。 みなさん、実家を出て何年になりますか?実家の自室は自分が住んでいた時の形状を保っていますか?物置と化してますよね…?私の部屋の場合は完全に父の趣味の部屋になっていました。簡単に言うとスポーツミュージアムみたいになってました。 150119_03.jpg
父の趣味
150119_04.jpg
父の趣味
150119_05.jpg
出窓にKEI…
六畳の我が部屋。置いてあるものは、タンスと、スチールのラック。そしていらんもの。 150119_06.jpg
北海道らしき土産物
150119_07.jpg
シドヴィシャスのポスターが若気のいたりを演出
150119_08.jpg
とにかく物を置いただけの部屋
150119_09.jpg
スチールラックも隠れるほど物が…
実はもともと12畳の部屋で、ドアが二つあったのですが、わたしが小学5年生くらいになったときに、部屋の真ん中に壁をつけて、妹と私別々の部屋をあてがってもらいました。ゆえに、中央の壁は小5当時の私が選んだ超かっこいい壁紙です… 150119_10.jpg
ちなみに妹の部屋は星柄の壁紙…
150119_11.jpg
壁の片側だけこの柄です
150119_12.jpg
誕生日にもらったランプ
部屋の真ん中のすごく微妙な位置に天窓がついていて、妹の部屋と一部つながっています。というかここは設計ミスな気がします。電話の声がうるさいだのなんだので、よく妹と喧嘩しました。 150119_13.jpg
もののやり取りにも使われた隙間
このタンスは何かに使えそうな気もしなくもないですね。おしゃれに加工できるといいのですが… 150119_14.jpg
タンスをおしゃれにしたい!!!
たった三ヶ月とはいえ、やはり年に数度は帰ってくる実家の自室。乱雑になっているよりかは、憩いの場所であってほしいものです。部屋の上部には、小6の時にペーパークラフトクラブで作った面も飾ってありますが、こういうものも精神の安定を図る上では処分対象になると思われます。 150119_15.jpg
紙の割に長持ちしている面
ちなみにカーテン。母が選びました。バラ?の柄。これはさすがにカーテンの構造上、どーにもならないような気もします。布に色つけるようなものがあると良いのかな? 150119_16.jpg
子ども部屋っぽくない柄
おまけに部屋の入り口です。DANGER。ほんとそのままですね。いろんな意味で危険です。 150119_17.jpg
友人のオーストラリアのお土産だったと思います
という感じの我が実家の自室でした。ダサかったでしょう…。これを頑張ってDIYしていこうと思います~! 偶然なのかなんなのか、ホーリーの方もDIY企画なんですね。なんか運命を感じます。でも負けそう。私も救世主、呼ぶしかないですね。あの伝説のインテリアアドバイザーさんを… というわけで、終わったと見せかけてさらりと再開。4月までは三鷹の家から離れちゃってますが、たまには三鷹の家との中継をつないでいきたいとおもいますので、見捨てないでくださると嬉しいです。そんなわけで、どうぞよろしくお願いいたします。
妻のあみいちゃんでした

最新の記事

関連記事


「三鷹の家大使の住まいレポート」の単行本が発売されました!

著者は、我らがあみいちゃん。タイトルはそのまま『ぜんぶ、無印良品で暮らしています。「無印良品の家」大使の住まいレポート』。2016年5月26日より、全国の書店およびAmazonなどのWEB書店で販売しています。

ぜんぶ、無印良品で暮らしています。

家も、家具も、ぜんぶ無印良品で生活したら、どんな毎日になるんだろう。
無印良品では三鷹に建てた「無印良品の家」に2年無料で住む人を募集。当選した住まいモニターの無印良品に囲まれた暮らしがここに実現しました。
入居までのストーリー
動画(YouTube)

三鷹の家大使プロフィール

住まいレポートをするのは、57,884の住みたい宣言から選ばれた、2012年最も幸運なご夫婦。
プロフィールを更に詳しく

最新の記事