三鷹の家大使の住まいレポート『ぜんぶ、無印良品で暮らしています。』

吹き抜けの下の景色

2014年7月28日 新しい生活編2014

吹き抜けの下の景色

三鷹の家に住み始めたのは2013年の一月。三鷹の家モニター生活も残り半年を切ってしまいました。 というわけで膨大な写真を整理しておりましたところ、二階から撮ってる写真が微妙に見ごたえがありそうだったので、今日はまとめてみようかなと思います。吹き抜けってどうなの?家がせまくならない?とお思いの皆さんも、この吹き抜けありきの生活を見て、なにか感じていただけることと存じます。定点でも何でもないのですが、今回は「二階から見たリビング」に限定してお送りさせていただきます。 2013/2/2 140728_02.jpg 入居して一か月もたたない頃ですね。机は自分たちで持ってたものをメインに使っている頃ですね。そうそう、あのリビングの大きな机はオーダーの品だったので、ここからあと10日後くらいに届いたような記憶があります。IDEEの絨毯もまだ横使いしていますね。始まったばかりの夢のような新生活に心臓の音が鳴りやまなかった日々です。 2013/2/22 140728_03.jpg 初めての見学会ですね。IA(インテリアアドバイザー)さんらが沢山我が家に来てくれた日でもあります。詳しくは「大使の役目」ご参照のほど。このとき林さんの面白さに気付きました。IAさんたちと仲良くなれてとっても嬉しかった日でした。あと最終的に皆さんが帰られた後に、わたしのズボンの社会の窓が全開だったことに気付くという、大変恥ずかしい思いをした日でもあります。 2013/3/10 140728_04.jpg 私のアルバイト先の人たちを招待しました。小さな子が初めて我が家にきた日でもありますね。吹き抜けの構造は子供心を刺激するらしく、うちにはその後も沢山の子供たちがきてくれましたが、おもちゃは無いけど遊びどころ満載というわけで、みんな色々と楽しんでくれていました。人が沢山いる風景というのはいいものですね。この日のことも記事にしたんでした。詳しくはここに書いてます「三鷹の家で職場の人をもてなす試み」。 2013/3/31 140728_05.jpg この日は札幌から可愛いお友達が泊まりに来てくれた日でした。お泊り用の寝具を使ったのは確かこの日が初めてだったような…この日のことも記事にしています(「憩いの洗面所」)。こう考えると、私は記事にしない限りは写真を撮っていないのではないかという疑いもでてきますね。食卓に載ってるのは四人分の朝食です。友人はウッドデッキで遊んでいますね。 2013/6/28 140728_07.jpg いきなり三カ月ほど飛びました!黒い絨毯をとって、夏仕様にしているところですね。2013年の夏の模様替えの際の写真と思われます。相変わらず担当の皆さんが手伝ってくれています(「劇的夏チェンAFTER~!その3(ラグ収納)」)。良く考えたらこのときもう身重だったわけですね。懐かしいなあ。ここでも林さんがとてもいいキャラクターだったんですよね。有楽町の林さん、お元気でいらっしゃいますでしょうか。 2013/7/13 140728_08.jpg 北の国から~2013奇襲~の時ですね。両親と妹が真夏に北海道から遊びに来るという向う見ずなことをやらかした時ですね。最も暑かった時期ですが、このときから約一年が経過したのですね。お腹も少し大きくなり始めていました。写真は妹が無印良品のカウチソファでごろごろしているところです。 2013/8/18 140728_09.jpg 真夏の写真ですね。無印良品の家が太陽の差し込む角度を計算してつくられているといういい裏付けになる写真ですね。冬は室内までぐわーと入ってくる日差しですが、夏はこの通り。それにしても一個前の写真とものすごく似ていますが、一か月ほど期間が開いています。何が似ているかと言うとティッシュの位置がものすごく似ています。 2013/8/23 140728_10.jpg 三鷹の家見学会PART2の時です。この時もたくさんのIAさんがうちに来てくれました。毎度のことながら林さんも来てくれました。この一年は林さんの思い出で一杯だな。のっぴルームのホワイトボードに何か書き残してくれたのはこの時が初めてで、その後同じエリアにスギちゃんのサインも書かれることとなりました。宝物だなあ。 2013/10/19 140728_11.jpg お、これはまた二カ月くらい飛び、秋になりましたね。階段からの撮影ですが、これも一応吹き抜けの風景としてカウントしておきます。昨年はけっこう色々とテレビに出させていただきましたが、こちらもとあるテレビの取材の時の写真ですね。懐かしさ満点です。テレビの撮影ということもあって、なかなか家が綺麗ですね。撮影が入るときはそれはもう、必死に私が片付けをしているのですよ。そんなの当り前ですね。 2013/11/18 140728_12.jpg ついに冬を迎えましたね。冬仕様チェンジしたリビングです。黒い絨毯が出てくると一気に暖かい感じになりますよね。完全に臨月なので、この頃は仕事もしておらず、毎日ゆっくりお風呂に浸かっていました。産後、ゆっくりお風呂とかまったく無縁になるとは想像もしていませんでした…。 2013/11/20 140728_13.jpg たった二日後ですね。赤子のものに水通しをした日だったと思います。詳しくは「無印良品の新生児用品」をご参照のほど。はー懐かしや~懐かしや。今もうこの頂いた肌着はほとんど役目を終えてしまいました。それでも第二子が使うであろうと思い、大切にとっておいています。ほんとうに、娘の一番デリケートな時期を守ってくれて、ありがとうと言いたい。 2013/12/31 140728_14.jpg どうやら産まれましたね。小さい!!!娘がまだ小さい!!そして私もまだまだ絶賛太り中ですね。脚パンパンです。この日は大晦日なんですね。またうちの実家の者どもが集まってきています。2013年は人生初、東京で年越しをしました。日差しが部屋の中まで入り込んでいるのがわかりますね。本当に計算されているんですよ。嘘ではないのですよ。 2014/1/11 140728_15.jpg 年越しましたね。なかなか部屋が荒れ狂ってますが、この日は千里シェアルーム大使が我が家に来てくれた日です。詳しくは「おいでやす 千里シェアルーム大使」ご参照のほど!人が来ると沢山の座布団が出てくる我が家。もちろん無印良品の低反発のものです。人をダメにするソファで有名な「体にフィットするソファ」も、娘のベッドとしてバリバリ現役だった頃ですね。今はもう動いて落ちてしまうので、ベッドとしては使っていません。 2014/6/22 140728_17.jpg こちらつい最近。夏になったので、黒い絨毯がまた姿を隠しています。夏と冬で全然表情が違うでしょー?今気づいたけど、クッションカバーが冬仕様のママだ…夏仕様に変えましょう。娘も大分大きくなっていますね。上から見るとよくわかる。一年前とはウッドデッキの色味も結構違うなあ。わかりますか?一年後の味。 そんなこんなで吹き抜けだからこそ見える、神様目線のリビング風景でした。そう、どこに居てもお天道様が見ていると感じながら、清く正しく生きていきたい。ほんとはそんな大それたこと思ってない。うむ!また次回に続きま~す。
妻のあみいちゃんでした

最新の記事

関連記事


「三鷹の家大使の住まいレポート」の単行本が発売されました!

著者は、我らがあみいちゃん。タイトルはそのまま『ぜんぶ、無印良品で暮らしています。「無印良品の家」大使の住まいレポート』。2016年5月26日より、全国の書店およびAmazonなどのWEB書店で販売しています。

ぜんぶ、無印良品で暮らしています。

家も、家具も、ぜんぶ無印良品で生活したら、どんな毎日になるんだろう。
無印良品では三鷹に建てた「無印良品の家」に2年無料で住む人を募集。当選した住まいモニターの無印良品に囲まれた暮らしがここに実現しました。
入居までのストーリー
動画(YouTube)

三鷹の家大使プロフィール

住まいレポートをするのは、57,884の住みたい宣言から選ばれた、2012年最も幸運なご夫婦。
プロフィールを更に詳しく