三鷹の家大使の住まいレポート『ぜんぶ、無印良品で暮らしています。』

ナタリー日記 -三鷹の家大使の妹-

2014年3月24日 のっぴ(夫)&ナタリー(妹)

ナタリー日記 -三鷹の家大使の妹-

背後にいる私がナタリーです
三鷹の家大使の住まいレポートをお楽しみの皆様。こんにちは、そして初めまして。あみいちゃんの実の妹、ナタリーと申します。 三鷹の家に赤ちゃんが登場したのを機に、子育て大使として三鷹の家に赴任中です。ブログには幾度か登場していたようですが、まさか、私が執筆することになるなんて。(お願いしたんですけど。)・・・・と、まあ堅苦しいご挨拶は以上です。きっと、皆様もあみいちゃんのブログばかりではなく、たまには男無印も読みたいな。なーんて思ってたことでしょう。そこで満を持して私の登場。期待を大幅に裏切る私の登場。 来客という立場から見た無印良品の家!!そして、この家に住んでて気づいたあんなことこんなこと、三鷹の木の家ver、皆様にぶちかましていきますね。 けろけろぱーー!!!!!! 140324_01.jpg
実家(北海道)にテレビ電話してたら寝た
とりあえず言いたいのは、絶対これみんな気になってるでしょ。 ってしばらく思い続けてたこの議題から参りますが・・・・ 「この家にプライベートはあるのか」 私がレポートに取り上げるのは、この議題ってずっと決めてました。 では、ざくっと私の住処についてご説明致しますと・・・ 140324_02.jpg
ここ!
こちら2階の、もともと夫婦のベットが置いたあったところなんですが、 140324_08.jpg お察しの通り。壁が、、、、、ドアが、、、、、ないんです、、、、、、壁がないドアがないってことで分かりやすく言うと、公衆のおトイレよりあけっぴろげな空間ですね。(失礼) さて、今回の赴任にあたり私に与えられたスペースはこの場所でした。 私もお年頃です。嫁入り前のアラサーです。気になる異性と連絡をとりあったり、もちろん一糸まとわぬ姿でお着替えだってしますし、でも、この家にはそう。のっぴお兄様もいらっしゃいます。 140324_11.jpg
ある日ののっぴお兄様
で、ここで結論を述べます。 「プライベートは思ったよりあって、逆に心地よい」 私のせっかち具合に皆様ついてこれますでしょうか。なんの迷いも無く結論を述べるこの気の短さ!職場ではせっかちすぎて、よくマーカーのペン先を折ってます。そんな私のSPEEDに。 140324_03.jpg これがどういうことか!!!!検証いたします。   まず、ここの寝室エリアにある木の壁。 140324_04.jpg プライベートを確保するのに都合のいい場所に木の壁が存在しています。この壁のおかげで何も気にせず暮らすことができました。 140324_05.jpg 身長150センチとあと少しの私が立ってて、顔がこのくらいでる。適度な目隠しになっていて、開放感もアリーの、プライベートもアリーのって感じです。 140324_06.jpg とはいえ、人にみられて困ることも特別ないのですが、着替えのときとかね、やっぱり気になります。でもこの木の壁のおかげであまり余計なことを気にしなくても全然見えないのですよ。 暮らしの状況とかお話すると、一応のっぴお兄様は2階に来るとき「あがるよーーー」って言ってくれるんですけど、私の返答を待ってから。とかではなく、言ってるのと同時に上がってきますね。なので壁がないと大変なことに・・・。まとめると、この壁の存在が絶妙です!!!!おねーちゃんはここの壁の高さとかちゃんと測ったりしたことあるのかなあ・・・おねーちゃんどうなの?どうなの?感謝してるの?ちなみにほかのエリアはご存知、透明なパネルが壁を作っています。 140324_10.jpg こちらは、私がお布団にインにしている状態から見た感じです。このちょっとした作業スペースで、夜な夜なマニキュア塗ったりとかしてます。そうしていると、のっぴお兄様がパンツとTシャツというあられもない姿で階段を駆け上がってくるのですが、もうノーコメントですね。 ここで朝お化粧とかもします。最近少し気にならなくなりましたが、朝方暗くてお化粧がはかどらないので電気をつけちゃう、みたいなことが各ご家庭で生じてると思います。私もそうです。 でも、この無印良品のお家はやっぱり窓が多くて光を集めやすいなぁ・・・ つけなくても大丈ブイ!!でした。 あと、電気の話でいえば、この家は1階で赤ちゃんが寝てるので割と早い時間に電気が消されるんですが、私は二階で遠慮なしに電気つけてましたが、下に影響がでることもないようです。 なんでだろ。なんでなんだろ。無印良品さん。なんでなんでしょ。 私に対する文句が多いので、有名な姉・あみいちゃんから苦情がでませんでした。 ほんとね、おねえちゃんってこわいんですよ。どこのご家庭もそうですよね!!!! 総まとめに入ります。音は全部聞こえるけど姿は常に見えるわけでもなく、 だからといって丸出しではない!!!!!これです。西洋の言葉でいうと、チラリズムってやつでしょうか。かの有名な程よいやつです。いちばんの程度を表す言葉ですね。音の筒抜け具合は、多分小説家の方とかであれば気になると思うんですけど、一般の私には全く気になりませんでした。 そんな環境の中で黙々と漫画を読んだり、お手紙を書いたりしていました。 でもメインはお昼寝でした。 人がいるなーーって感じることができると、なんででしょう。人ってすごくリラックスして眠れますよね。私だけ?私だけなのかな。 人の存在を感じる一軒屋。これが無印良品の家に居候した感想です。 あと、単純に一軒屋って素晴らしい。 普通にピアノが弾けるってことが素晴らしいです。 140324_07.jpg
私が使ってたピアノを姪にあげました
ちょっと音楽に覚えがあったので、こんなこともして楽しみました。 ここが東京ということを忘れられるのびのび空間です。 のびのび。 そんなわけで、プライベートがあるのか否か、という暮らしぶりをレポートしました。どうもありがとうございました。実はこの日記を書いてる今日は、私は三鷹の家子育て大使の役目を終え、家を出て行く日でした。ただひたすら姪と別れるのが悲しい。悲しい・・・悲しい・・・ そんなわけで、あみいちゃんの妹・ナタリーのレポートでした。ちゃんちゃん。

最新の記事

関連記事


「三鷹の家大使の住まいレポート」の単行本が発売されました!

著者は、我らがあみいちゃん。タイトルはそのまま『ぜんぶ、無印良品で暮らしています。「無印良品の家」大使の住まいレポート』。2016年5月26日より、全国の書店およびAmazonなどのWEB書店で販売しています。

ぜんぶ、無印良品で暮らしています。

家も、家具も、ぜんぶ無印良品で生活したら、どんな毎日になるんだろう。
無印良品では三鷹に建てた「無印良品の家」に2年無料で住む人を募集。当選した住まいモニターの無印良品に囲まれた暮らしがここに実現しました。
入居までのストーリー
動画(YouTube)

三鷹の家大使プロフィール

住まいレポートをするのは、57,884の住みたい宣言から選ばれた、2012年最も幸運なご夫婦。
プロフィールを更に詳しく