三鷹の家大使の住まいレポート『ぜんぶ、無印良品で暮らしています。』

夏の準備

2013年4月18日 のっぴ(夫)&ナタリー(妹)

夏の準備

忘れた頃にやってきてプレミア感を出そうと試みてます。
イロモノの方の三鷹の家大使 のっぴ(夫)です。

さて、男無印第2回
前回は僕の報告に対して少なからず周りの反応があったのですが、

「読んだよ!……で、家のことなんだけどさ」
「あ、見たよ……、家の住み心地はどう?」

と、何故か気まずそうに話をはぐらかして、本文の内容には触れてくれません。
本当に読んでくれたのでしょうか。

挙げ句、「…うん、大丈夫だよ!で、今度家呼んでよ」
なんて励まされました。
僕は日頃より大丈夫です。
しかし、みなさんは僕よりも家に興味があるようですね。

みなさんの想い届きましたよ。

日に日に暖かくなるこの頃、みなさん衣替えは済みましたか?
僕はいつも同じような服装です。

130418_11.jpg 家もいつも同じように見えて、季節とともに変わるものです。
我が家のシンボルツリーも葉をつけ始め外観に少しづつ変化を与えています。

130418_01.jpg そんな自然の変化とあわせて、暖かい日に向けて仕込みを始めました。

男なら一度はやってみたい、グリーンカーテンにチャレンジ。
もちろん目的は遮光と冷却。
夏を涼しく過ごすための準備です。

周りから助言をいただきゴーヤがよいであろうということなので、早速、種を買いつけました。

130418_03.jpg
種植えの時期をみてみると……「今でしょ!」

130418_04.jpg
まだまだ涼しい日もあるのに暑い日に向けて動き始めなきゃいけないなんて、
ファッションと同じで季節を先取りしてないといけないようですね。
ファッションあまり興味ないですけど。

ゴーヤの育て方の詳しくは各自検索していただくことにして…(怠慢)
今朝、一つ芽が出てきました。

130418_05.jpg こちらちょくちょく進捗をご報告します。

グリーンカーテンもそうなのですが、先ほど登場したシンボルツリーも葉を大きくし、夏場に南からの日差しを遮ってくれる予定です。
冬は葉が落ちて光を多く取り込み、夏は葉を付け日差しを遮ってくれる落葉広葉樹を南側に植えるのはおすすめです。
一時クリスマスを楽しむために「モミの木」案が家族会議で上がりましたが、却下して正解でした。

なんか自然を利用して快適に過ごすなんて、自然と共生してる感じがしていいですよね。
半年後にはこんな感じですかね。
130418_06.jpg

家にももちろん、暑い日を快適に過ごすための仕掛けがあります。
夏・冬の日照を計算した設計はもちろんですが、

130418_07.jpg
このひさしの…


130418_08.jpg
このしゃくれた憎いやつ!

こいつにすだれなんかを引っ掛けることができます。
こんな細かいところでも意外と効果があるらしいので、この窓がついているへやの主(妻)をターゲットに実験していきたいと思います。
細かいところにも気を使って、重ねていくことで全体的に大きな効果がえられるのではと、ホームランよりヒットを重ねたい派としては信じていきたいところです。

すだれは、小さい窓のカーテンを昇降するためのボールチェーンのあまりがたくさんあったので、それを利用して自作すだれを作ってみたいと思います。

130418_09.jpg
家庭内ではこの「ボールチェーンすだれ」の遮光効果が疑問視されており、この話が今後パタリと出ないようでしたらお察しください。
皆さんだったらなにをひっかけます?

さて、これまでのブログで冬期の家の保温能力の高さをお伝えしてきましたが、
「夏はどうなのよ?」
「風通しは?」
気になりますよね。
窓を全開にして風通しを実感できるのはこれからですが、
東の窓と西の窓の開く方向が別なのでどちらからの風もキャッチ、逆側の窓から抜けやすい作りになっています。

130418_02.jpg 時には風を集めて天井のシーリングファンを回して、こうでしょう。
130418_10.jpg
夏に向けての準備はまだ始まったばかり、
進捗は随時みなさんにご報告いたします。
自然が相手な部分もあるので思い通りにいかないことも多いと思いますが、
日陰のウッドデッキでじっとり汗をかくのを夢見ながら。

少々ペダンチックが過ぎましたかな。

次回の男無印は、「なまぐさ庭師とメカ山水」です。
ご期待ください。

以上、イロモノ大使でした。


「三鷹の家大使の住まいレポート」の単行本が発売されました!

著者は、我らがあみいちゃん。タイトルはそのまま『ぜんぶ、無印良品で暮らしています。「無印良品の家」大使の住まいレポート』。2016年5月26日より、全国の書店およびAmazonなどのWEB書店で販売しています。

ぜんぶ、無印良品で暮らしています。

家も、家具も、ぜんぶ無印良品で生活したら、どんな毎日になるんだろう。
無印良品では三鷹に建てた「無印良品の家」に2年無料で住む人を募集。当選した住まいモニターの無印良品に囲まれた暮らしがここに実現しました。
入居までのストーリー
動画(YouTube)

三鷹の家大使プロフィール

住まいレポートをするのは、57,884の住みたい宣言から選ばれた、2012年最も幸運なご夫婦。
プロフィールを更に詳しく