鎌倉の家大使の住まいレポート『猫4匹と無印良品の家で暮らしています。』

鎌倉の家大使の住まいレポート『猫4匹と無印良品の家で暮らしています。』

猫大使は1日何して過ごしてるの?

2018年9月3日 2年目の秋 編

猫大使は1日何して過ごしてるの?

こんにちは。「鎌倉の家・猫大使」末っ子のボクです。
今日は、みーさんに代わって、ボクたち「猫大使」がどんな風に1日を過ごしているのか?レポートしたいと思います! ボクはひとりでレポートをしたことがないんだけど、がんばりますので、最後まで読んでもらえるとうれしいです。

夏の間、ボクたちは早起きをしています。だいたい、朝の4時半くらいに起きて、ベッドで一緒に寝てるみーさんのお顔をぺちぺちしたり、髪の毛を引っぱって、起こしています。みーさんが文句を言いながら渋々起きてきたら、ダッシュで1階へ。

mado180903_002

ボクは、階段の内側カーブをギュッと攻めるタイプです。でも、走り屋じゃありません。このほうが早く1階におりれるから、そうしているだけです。猛ダッシュだったので、みーさんのカメラが追いつかなくてブレちゃいました。ごめんなさい。

mado180903_003

ボクたちはごはんを食べる場所が決まっているので、各自それぞれの場所で食べています。食べる場所はキッチンのお向かいなので、みーさんはお皿を洗ったりするのが近くて便利だって言ってました。

mado180903_004

最初は自分たちの場所で食べてるんだけど、早く食べ終えたお兄ちゃんたちは、お隣のカリカリを取ろうとします。他のお皿のカリカリが美味しそうに見えるみたいだけど、これ、ホントやめてほしいです。ボクは最後まで自分のお皿で食べる派なんです!

mado180903_005

カリカリが頭についてました。みーさんが「何でこんなとこにカリカリがあるのー?」って言うけど、そんなことボクだってわかりません。お兄ちゃんたちがお口にカリカリを入れたまま、モグモグしながら、ボクの頭の上をとおったのかな?

mado180903_006

ボクたちのごはんのお皿は、無印良品の「アクリル仕切り棚」の上に置かれています。床にじかに置くよりも、少し高い位置に置くほうが、ホコリとかボクたちの毛とかが入りにくくなるから、だそうです。たまに、この下にカリカリが落ちていることがあるので、しっかりチェックしています。今日も1粒見つけました。今日1日、いい日になるような気がします。

mado180903_007

ご飯を食べたら、トイレに行きます。ボクたちはシステムトイレを使っています。1階に2つ、2階に1つ置いてあります。でも、よく使うのは1階のトイレなんです。「猫の頭数+1がトイレの適切な数」とよく言われてるみたいですが、ボクたちは別に増やさなくてもだいじょうぶです。みーさんはトイレのお掃除もマメにしてくれるので汚くないし、数が少なくても困ってないです。おうちによって、それぞれですね。

mado180903_008

三男のお兄ちゃんがトイレをしてるのを見てたら、ボクもつられちゃいました。これは猫の多頭暮らしあるあるです。

mado180903_009

ご飯を食べてトイレに行ったら、あとはしっかりと寝ます。長男のお兄ちゃんは、リビングのソファー前テーブルが最近のお気に入り。ここは吹抜けから2階の涼しい風がふわっとおりてくる、いい場所なんです。

mado180903_010

三男のお兄ちゃんは、階段を上ったところに居ることが多いです。ここも、風がふわっと通るところなんです。ボクたちはエアコンの風が直接当たる場所はちょっと苦手。だから、ふんわり風が通る場所を探します。

mado180903_011

次男のお兄ちゃんは、まだ眠たくないみたいで、ウロウロしてました。最近足の内側をよく舐めているので、ちょっとハゲてます。やめたほうがいいと思います。

mado180903_012

そしてボクは、みーさんがお仕事で遠くへ行くときに使ってる、無印良品のキャリーバッグがお気に入りです。みーさんが中身を片づけているとき、たまたま座ってみたら、すごく座り心地が良かったんです。なので、最近はずっと、キャリーバッグを開けて、床に置いてもらってます。これはもう、ボクのベッド。だから、出張に持って行かれると、すっごく困るんです。

mado180903_013

こんな感じで、ボクたちは、ご飯を食べたらトイレに行って寝て、を1日に何度も繰り返しています。猫の語源は「寝る子=寝子」だと言われてて(※諸説あり)、ボクたちは寝るのが大事な大事なお仕事なんです。グウタラさぼってるわけじゃないんですよ!

「鎌倉の家」は風の通る場所も多くて、ボクたちにとっては快適なお家です。ボクたち猫が快適に過ごせるということは、じつは、いいお家だってコト。無印良品の家はハジメテ住んだけど、いいお家なんですね。

みんなが「快適です、暮らしやすいです、家にいるのが好きになりました」っていうのがわかる気がした、猫大使末っ子でした。

ぜんぶ、無印良品で暮らそう。

家も、家具も、ぜんぶ無印良品で生活したら、どんな毎日になるんだろう。
あの三鷹の家住まいモニター募集から4年。無印良品では、無印良品の家「窓の家」に2年無料で住む、鎌倉の家住まいモニターを募集しました。
入居までのストーリー

鎌倉の家大使プロフィール

住まいレポートをするのは、12,562の応募から選ばれた、ひとりの女性と猫4匹。
プロフィールを更に詳しく