三鷹の家大使の住まいレポート『ぜんぶ、無印良品で暮らしています。』

MUJI 新宿に行ってみたら「もったいない」を大事にしていた

2021年10月29日 三鷹の家編2021

MUJI 新宿に行ってみたら「もったいない」を大事にしていた

わたくし、InstragramやTwitterなどを長年嗜んでいるんですけど、まあ、みなさん無印良品の商品紹介などを期待してページを開いてくださっていると思うのですが、これがまた全然家族のどうでもいいことしか書いておらず、大いに皆様を失望させてきたことと思います。で、この間、流石に無印良品情報を少し垂れ流してみようかなと思って、上の絵に描きました「洗えるUSBブランケット」をお勧めしましたら、結構みんな買ってくれましてね。あれ? やっぱこの情報需要あるんじゃ? と思って、もう少しこれからはインスタやTwitterなどに無印良品情報を書いていこうかなってちょっと揺らぎ始めた10月末期。ところでねえ。洗えるUSBブランケットはいいですよ。私は仕事の関係で、大体の新商品は店舗に赴き、把握しているのですが、これはなかなかいいですよ。本当は動物には使っちゃダメって書いてあるので上の絵はイメージ図ですけどね。2,990円で買えて、USBのバッテリーさえあればぽっかぽかです。しかもこんなシンプルな作りなのに四段階に温度が調整できるんですよ。これは全国の冷え性様に買っていただきたいですね。

211029_02

さてさて、タイトルの件なのですが! この間仕事で外出した帰りに、リニューアルしたてのMUJI 新宿に行ってみたんですね。すごい可愛かった! 一階はIDEEショップになっておりました。素敵〜〜!

211029_03

それでですね、特にどうリニューアルしたのかとか事前に調べないで行ったんですけど、この店舗はものすごい不思議な取り組みをしていました。ところでこのカレー入れてるケース、給食っぽくてかわいい。

211029_04

こちらの店舗「もったいない市」と銘打って、使用に問題はないけど、傷や汚れで販売できなくなった商品を販売するという、アウトレット的なものが全面的に繰り広げられていたのですっ! すっごい!

211029_05

20%OFF 30%OFF 50%OFFとシールによって区別ができまして、ええーっ全然使えるじゃん!!! というものが目白押しです。

211029_06

コレミテヨ…うちなんてこれ10年くらい使っとりますがな。新しいの買っちゃおうかなとすら思いましたよ。絶対ここにあるものの方が綺麗だもん。

211029_07

大きめのラタンバスケットなんかもありました。これ店舗でみたことあったかなーーーー? 記憶力があまり良くないので、ごめんなさいませ。いや、しかし50%OFFですよ。しっかりしたカゴなのにねえ!

211029_08

そしてみんなの大好きな、シリコーン調理スプーンもこんなにーーーー!!! いっぱいあるでよ。いいんですか? すいませんね…

211029_09

そしてさらに下の階、無印良品の家が展示してあるフロアにも…何と! 家具が! こんなにも! セミダブルベッドとかも売っていましたよ。新生活始める人とか、絶対嬉しいですよね! 妹一家にも激しくおすすめしておきました。

211029_10

はい、こちら家センター。妹たちの家の担当をしてくださっている伊賀野さんはいらっしゃらなかった…寂しい気持ちをこらえ、涙をこらえ、伊賀野さん不在の事実を受け止めました。

211029_11

もったいない市はこんな風にパネルでも展示がありました。1つ1つみて、欲しいものを探すときめき。これは良い試みですね。無印良品のアウトレット的なものなんてなかなか存在しないと思っていたけど、まさか、新宿ど真ん中にあったのかあ。

211029_12

歩き疲れたので、Café&Meal MUJIへ行きました。いつも混んでるけど、今日はスッと入れた。私の著書「全部、無印良品で暮らしています。」で、一緒に調理をしてくれたあっこちゃんは地味にここいらで働いています。あっこちゃんの作ってくれた料理、食べまする。

211029_13

と言いつつ、猛烈に甘いものを欲していたのでミルクレープにしました。このミルクレープ、弾けんばかりの甘さと甘さの織りなすオンステージと言った感じで、甘いもの食べたい欲をめちゃくちゃ満たしてくれました。季節の商品も色々と楽しめるCafé&Meal MUJIです。

211029_14

お会計の際に、20円多く払えば世界の子どもに給食が一食分食べさせてあげられるという試みをしていたので、参加してみました。募金の類って私は実は、これは本当に適切にお金が使われるのだろうか? ちゃんと子どもたちや、病気の方を救うお金に使われるのだろうか? と何となく疑心暗鬼で、なかなかたまにしか募金をできないのでありますが、ここはサクッと20円というプライスゆえに、払えてしまう。そして無印良品は悪いことはしないだろう。と思っているので積極的に参加。今後も誰かのために少しでもなればいいと思うので、また食べたら+20円したいと思います。

そんな感じでとても楽しいMUJI新宿。ぜひ行ける方は行ってみてくださいネ!

妻のあみいちゃんでした

関連記事


「三鷹の家大使の住まいレポート」の単行本が発売されました!

著者は、我らがあみいちゃん。タイトルはそのまま『ぜんぶ、無印良品で暮らしています。「無印良品の家」大使の住まいレポート』。2016年5月26日より、全国の書店およびAmazonなどのWEB書店で販売しています。

ぜんぶ、無印良品で暮らしています。

家も、家具も、ぜんぶ無印良品で生活したら、どんな毎日になるんだろう。
無印良品では三鷹に建てた「無印良品の家」に2年無料で住む人を募集。当選した住まいモニターの無印良品に囲まれた暮らしがここに実現しました。
入居までのストーリー
動画(YouTube)

三鷹の家大使プロフィール

住まいレポートをするのは、57,884の住みたい宣言から選ばれた、2012年最も幸運なご夫婦。
プロフィールを更に詳しく