三鷹の家大使の住まいレポート『ぜんぶ、無印良品で暮らしています。』

壁に付けられる家具を改めてつけてみる

2021年3月19日 三鷹の家編2021

壁に付けられる家具を改めてつけてみる

仕事場が汚い。いつもここにいるのにとても汚い。もうどうしようもない。でもなんかここのエリアを見ても特にみんなノーコメントで去っていくので、これはこれでおしゃれなのかな? と解釈していた。だが、整理整頓ができていない事態というのはとてもイライラする。あとものをうまく使いこなせていないことにもイライラする。というわけで、仕事場をちゃんとしたいと、ここ最近ずっと思っていた。

210319_02

私の仕事場の横にはみみ子(犬)の小屋があるので、匂いがしてこないようにとても気をつけている。臭かったらこの場にそもそも居たくなくなるからであります。仕事ができなくなるからであります。犬の匂いはこまめに処理しているのですが、いかんせん手前に犬小屋があることにかまけて、自分の机も汚くしている気がする。

210319_03

あとは自分が載ってる雑誌をどうして良いかわからない。載っているところだけをスクラップするのが正解らしいのだが、なんとなくだが雑誌全部取っておきたいのだ。本を手に取らないと娘には伝わらない気がするのだ。ただそれだけの理由で、本ごと取ってある。これがまあ猛烈に仕事場をどうしようもなくしている原因な気がする。

210319_04

机の上はこの有様。でも一応必要なものがどこにあるかは把握してある。典型的な汚部屋の感覚の持ち主であります。せっかく楽しい家に住んでいるのだからどうにかしたい。

210319_05

そして私の仕事部屋の壁のところだけ、ホワイトボードなのですけどもね、色々な人が色々なことを書いてくれたのをずっと取ってあって、でもいよいよ消すか、という風に思いました。8年くらい掲載されて居たのでもう良いでせう。

210319_06

さて壁におしゃれぶって乱雑に貼っていた写真なんかを取り外します。

210319_07

この0才の時の娘の笑顔は最高であった。立てました〜〜母上! というような笑顔で最高であります。可愛いです。

210319_08

というわけで張っていた物は剥がしました。急に寂しくなりました。

210319_09

確実に壁のマジックペンは落ちない予感がしたので、あらゆるアルコールを用意。

210319_10

ホワイトボードで落ちそうにもないようなインクはエタノールやらアルコールやら分類の違いは全然わかんないけど、そういうので落ちます。これは長年の実験の結果です。知ってるか…

210319_11

密かにここに置いてあった宝。宝の持ち腐れとはこういうことでありましょう。壁に付けられる家具が三つもあります。というか、PCモニターを乗せている家具も壁に付けられる家具なので、正確には四つあります。

210319_12

とりあえず、棚のものを出してみた。引っ越しかな? こういうのみたことある! 引っ越しの時だ!

210319_13

壁に付けられる家具は、正味な話、最初に封入されている取扱説明書があればすぐに付けられるのですが、ないとちょっと面倒臭いことになります。なぜならピンを打つ位置がよくわからなくなるのです。そちら専用のガイドが付いているのですが、どうも説明書は捨ててしまったようです。

210319_14

三つ付けますので、感覚でとりあえず平行っぽくマステを3本引いてみました。いい感じのように思う。

210319_15

色々と目分量でやったが、なんとかつけることができた。

210319_16

よく女性でも組み立て簡単! などと謳う商品がありますけれど、とりあえずマステで印を付けて、釘を打った時点で、今日の夕飯を作れる自信がなくなりました。

210319_17

あ! いい感じですね! 娘のイラストとスギちゃんのサインは消さずに取っておきました。たとえ見えなくてもね、あるという事実が大事なのであります。スギちゃんはとても優しくていい人でしたのずっと応援しています。

210319_18

二個目もなんとか付けられました! 今の所平行に見える! ここら辺、慎重な人はものすごく慎重にやりそうです。でも私はざっくりでいいのです。なんとなくできていればいいのであります。

210319_19

三つめも付いた! いい感じでありますっいい感じでありますっ! 写真は珍しく夫が撮ってくれました。一人で頑張っていると、たまに助けてくれることがあります。

210319_20

足元は依然として汚いですが、とにかく棚をつけることができました。いい感じであります〜まるで仕事できそうな感じがします〜!!

210319_21

だがあまりの汚さに悲しくなる卓上でありました。よし、ちょっとずつ綺麗にしていきます。

210319_22

とにかく雑誌をそのまま取っておきたいから、この収納法が正しいとは思わないんだけど、アクリルで向こう側からも見えるので綺麗に整列してみました。ちょっとだけいい感じ。上に何か詰んじゃうとやっぱり雑に見えますわね。

210319_23

せっかく机が横に広いのでプリンタを床に下ろしてみました。おおー! いい感じ! 娘と並んで仕事&勉強できそっ! 結構綺麗になった!

210319_24

手前には依然として犬の小屋があるのでやはりここも手をいれたいと思った次第。おしゃれで機能的な犬小屋ってないのかしら? テントみたいのは持ってるんですけど、この辺のレイアウトはもうちょっと考えてみるとしよう。次の課題であります。

210319_25

机の上に置いてあっておそらく気になった人も多いそうな「夫が描いてくれた油絵」は、家の割と高いところに飾ってみました。アナ雪のイメージ。貴族かな? よし、こんな感じですごくスッキリしたという話でございました! たまには気になるところの掃除、みんなもやってみようゼーッ!

妻のあみいちゃんでした

最新の記事

関連記事


「三鷹の家大使の住まいレポート」の単行本が発売されました!

著者は、我らがあみいちゃん。タイトルはそのまま『ぜんぶ、無印良品で暮らしています。「無印良品の家」大使の住まいレポート』。2016年5月26日より、全国の書店およびAmazonなどのWEB書店で販売しています。

ぜんぶ、無印良品で暮らしています。

家も、家具も、ぜんぶ無印良品で生活したら、どんな毎日になるんだろう。
無印良品では三鷹に建てた「無印良品の家」に2年無料で住む人を募集。当選した住まいモニターの無印良品に囲まれた暮らしがここに実現しました。
入居までのストーリー
動画(YouTube)

三鷹の家大使プロフィール

住まいレポートをするのは、57,884の住みたい宣言から選ばれた、2012年最も幸運なご夫婦。
プロフィールを更に詳しく