三鷹の家大使の住まいレポート『ぜんぶ、無印良品で暮らしています。』

THE二年点検・壁編

2015年6月1日 三鷹の家編2015

THE二年点検・壁編

てんけんてんけん!
三鷹の家に住みだして、もう二年半になろうとしてますが、つい先日二年点検をしてもらいました。無印良品の家は、6か月・1年・2年・10年の4回、おうちの点検を実施します。6か月点検の時の様子と、1年点検の時の様子はこちら。 購入後、初めての点検ということもあり、壁のクラックや、穴開いたり、へこんだりしたところの補修、傷ついた床の補修などなどを、できる範囲でササッとやってくれました。塗装の保証は1.5年だったりするので、ほんとは有償になるのですが、今回は購入後ということもあり、特別にサービスでやってくれました。感謝感謝。 まずは出産後にカーテンをつけてたんだけど、私が引っ張って落としてしまったので取り外すはめになったレール部分の穴をふさいでもらいました(産後のカーテンの取付についてはこちら)。 150601_02.jpg
色が違うところわかります?
現状はとりあえずという形で穴を塞いでもらっていましたが、塗装屋さんの手にかかればこれが生まれ変わるようにきれいになるそうで… 150601_03.jpg
まずは何かを塗る!
その次は 150601_04.jpg
何かを塗る!
何かを重ねて塗って頂いた結果、こんな色に。ええ…?ほんとに何事もなかったかのようになるんでしょうか… 150601_05.jpg
何をしていたかの説明ができずすいません
塗装屋さんの腕の見せ所! たぶん壁に塗ってるものに近いものを刷毛とコロコロするやつで塗っておられました。 150601_06.jpg
ぬーりぬーり
150601_07.jpg
もうすごい馴染んでる!
これを塗った段階で、晴れてどこに穴が開いていたのかわからなくなりました。プロの底力、見させていただきました。 150601_08.jpg
あとは乾かすだけ
あと、以前壁につけられる家具を付けていた穴も塞いでもらいました。自分らの意図して開けた穴にも対応してくれるなんて…。 150601_09.jpg
こんな穴も塞いでくれます
塗装屋さんの手腕が光る!またもやプロの腕前を見せつけられ、腰が抜けました。 150601_10.jpg
ささっとやってくれるところがすごい
あれあれ穴はどこへやら。すごいです。 150601_11.jpg
奥側の落書きは、ホワイトボードになってる壁に書いてます
あとは、壁のクラック。家が年を重ねるごとにどうしてもできてしまうものなので全然気にしてなかったんですが、これにも出来うる限り対応してくれます。 150601_12.jpg
壁がね、ちょっと割れてくるんですよね
こんなのを使って対応されていました。ここだけちゃんと道具撮ったぞ!! 150601_13.jpg
ボンドカベコークとやら
これを指につけてささーっと手早く補修。またもやプロの手腕を見せつけられ、腰が抜けました。クラック、見る影も無くなっていました。有っても良いけど、無いならないでステキな壁ですよね。 150601_14.jpg
手作業
そんなこんなで二年点検の補修・壁編。長くなっちゃったので他の補修は次回に。お楽しみにっ! 150601_15.jpg
やるわねっ
妻のあみいちゃんでした

最新の記事

関連記事


「三鷹の家大使の住まいレポート」の単行本が発売されました!

著者は、我らがあみいちゃん。タイトルはそのまま『ぜんぶ、無印良品で暮らしています。「無印良品の家」大使の住まいレポート』。2016年5月26日より、全国の書店およびAmazonなどのWEB書店で販売しています。

ぜんぶ、無印良品で暮らしています。

家も、家具も、ぜんぶ無印良品で生活したら、どんな毎日になるんだろう。
無印良品では三鷹に建てた「無印良品の家」に2年無料で住む人を募集。当選した住まいモニターの無印良品に囲まれた暮らしがここに実現しました。
入居までのストーリー
動画(YouTube)

三鷹の家大使プロフィール

住まいレポートをするのは、57,884の住みたい宣言から選ばれた、2012年最も幸運なご夫婦。
プロフィールを更に詳しく