三鷹の家大使の住まいレポート『ぜんぶ、無印良品で暮らしています。』

劇的夏チェンAFTER~!その5(台所収納)

2013年7月18日 夏仕様チェンジ編

劇的夏チェンAFTER~!その5(台所収納)

ぬっぽーん。完全に先週は暑すぎましたね。そんな中、私の両親が北海道から遊びに来ていました。北海道釧路市は18℃だったそうですが、三鷹市は35℃。全っ然ちがいますね~。三鷹の家もエアコンフル稼働にして両親をもてなしました。その話はまた後日… というわけで夏チェンの第五回目です。今回は台所。別に問題ないだろーと思っていたのですが、のっぴ(夫)が絶対に直してもらいなさい!と非常に口うるさく言ってきてた箇所であります。 確かに食器がたくさん入っている引き戸の位置がですね、私の背丈に対して少し高いのです。その結果、取ろうとしたコーヒーカップが頭の上に落下し、こなごなに砕けました… 130718_02.jpg
砕けたコーヒーカップの一部
ちなみにこちらがbefore図。引き戸の位置が身長より高く、視界にすべての食器が見えてこない。 130718_03.jpg
私の身長は引き戸の下の段の中間くらい
立ち上がってくれたのは、もちろん例のチーム有楽町。王者の名にふさわしい働きぶりに脱帽です(ちなみにいままで特集した夏チェン作業は全て一日のうちに行われています。昼ごはんは蕎麦でした)。 彼ら彼女らは、いきなり台所のものをすべて下ろしはじめました。はじめたのはグルーピングという作業。とにかく何があるのか把握するため、さらに良く使うもの、使わないものを分けるために、この作業は整理整頓するうえで欠かせないんだそうです。 130718_04.jpg
広げられていくあれやこれや
中央にはいるとほ~ら、フリーマーケットみたいです! 130718_05.jpg
売りものじゃないよ
ことこまかに「これは良く使いますか?」「これはどのくらいの頻度で使いますか?」と聞いていただきました。さらに、これとこれは使用頻度が同じくらいです、といったものは一つにまとめました。 130718_06.jpg
「これは要りますか?」と聞かれる
とある新参者のボックスに掃除用具をおさめていきます。これは一体…? 130718_07.jpg
なんなんすかね
これはポリプロピレン頑丈収納ボックス・小。「簡易的な腰掛けとしてもご使用頂けます。」とあり、約100kgまで腰掛けても大丈夫だそうです! 130718_08.jpg 130718_09.jpg そうこうしてるうちに見る見る数を減らしていく、台所に収まっていたものたち。チーム有楽町の連携プレイにより迅速に作業が行われていきます。 130718_10.jpg
せっせっせっせっ
一方、ムジ・ネットチームは疲れていた!(もちろん私はこっちに加担していました) 130718_11.jpg
だって実際大変だったし
そんなこんなで棚の位置もずらしていきます。 130718_12.jpg
腕の見せ所です、林さん
130718_13.jpg
これが結構大変なのであります
棚の位置もばっちり、ということで、再度収納していきます。グルーピングで診断した内容に基づき、使うものは手の届きやすい場所、使用頻度の少ないものは高いところなどの取りにくい場所に収めていきます。 130718_14.jpg
いざ収納です!
こうして出来上がった台所がこちらです!!! 130718_15.jpg
after
箸などの使用頻度ウルトラS級のものなどが、一番手の届きやすい場所にあります。 130718_16.jpg そして食器類は、使用頻度順に手前から奥へ。下から上へ。これだけでほんとうに随分使いやすくなりました。これなんで今まで気が付かなかったんだろう… 130718_17.jpg 最上段には、ほんとに使用頻度の低いものをこっそりと隠していきます。統一感あるバスケットできちんと収納。入ってるのはグラタンの時の鍋式とか、夏しか使わない水筒とか。 130718_18.jpg また、魚焼き器の下にはお鍋がおけるコーナーがあるのですが、こちらにサランラップ。これでいちいち後ろ向かなくてもサランラップがとれちゃいます! 130718_19.jpg 後日…台所には、やすらかな表情で昼ご飯を作るあみいちゃんの姿があったとさ… 130718_20.jpg
安らかだろう…
以上、夏チェン速報第五弾、台所編でございました!次回はいよいよ例のたたみの出番だぜ…
妻のあみいちゃんでした。

最新の記事

関連記事


「三鷹の家大使の住まいレポート」の単行本が発売されました!

著者は、我らがあみいちゃん。タイトルはそのまま『ぜんぶ、無印良品で暮らしています。「無印良品の家」大使の住まいレポート』。2016年5月26日より、全国の書店およびAmazonなどのWEB書店で販売しています。

ぜんぶ、無印良品で暮らしています。

家も、家具も、ぜんぶ無印良品で生活したら、どんな毎日になるんだろう。
無印良品では三鷹に建てた「無印良品の家」に2年無料で住む人を募集。当選した住まいモニターの無印良品に囲まれた暮らしがここに実現しました。
入居までのストーリー
動画(YouTube)

三鷹の家大使プロフィール

住まいレポートをするのは、57,884の住みたい宣言から選ばれた、2012年最も幸運なご夫婦。
プロフィールを更に詳しく