我が家が、前よりもっと好きになりました

施工例 | 2020.5.19

東京都江東区にあるマンションの一角に「MUJI INFILL 0」によってリノベーションされたさNさんご夫妻の住まいがあります。お2人が新築時から暮らしていた住まいをリノベーションしてから、1年ほどが経ちました。

i200519_01

[概要]
・ご住所:東京都江東区
・築年数:2007年
・リノベーション完成年月:2019年3月
・面積:65.54m² / 5階
・ご家族構成:ご夫婦

以前の住まいには、いくつか気になるポイントがあったとお2人は振り返ります。
「キッチンや玄関など、狭いと感じる場所がいくつかありました。その一方で、使わないスペースもあって、空間を有効活用できていないと感じていたので、いつかリノベーションをしたいと話しあっていました」。
そんなご夫妻は、愛犬が天寿を全うしたことをきっかけに、「MUJI INFILL 0」でリノベーションをすることを決断しました。

i200519_02

「以前から『無印良品の家』の存在は知っていて、『シンプルで暮らしやすそうだな』と感じていました。その後、『無印良品』がリノベーションを行っているのを知り、『ここしかない』と、決めました。他のリノベーション会社と比較検討する必要は感じませんでしたね」(奥さま)。
無印良品 有楽町(現在は閉店しています)のモデルルームを見学したり、ホームページの施工例・入居者インタビューを読んだりしてイメージを膨らませていったお2人、実際に担当者に相談をするころには、リノベーションする際の希望もはっきりしていました。

i200519_03

「玄関に土間をつけ、キッチンも大きくしたい。リビングを広々とした空間にしたい。いくつかのポイントをベースにして、詳細を決めていきました」そう語るご夫妻は、入居者宅見学会に参加したことも、自分たちの「より良い住まいづくり」のために役立ったといいます。
「見学させていただいたお宅は、置くものを最小限に抑えて、室内をとても広く使っていらっしゃっていて、とても好感を持ちました。その間取りを参考にしながら、収納用の棚を多く設けることにしました」(ご主人)。
「玄関が自転車を置けるくらい広くつくっておられました。あとキッチンもとても可愛らしかったですね。気になっている部分を見せていただくことで、『自分たちだったらどうするか』とより具体的に考えることができました」(奥さま)。

i200519_04

リビング・ダイニングのまんなかに大きなアイランドキッチンを設けるなど、大幅な間取りの変更も行いました。
「料理人という仕事柄、食器や調理器具など非常に多く、収納にもこだわりました。また、キッチンや玄関に加え、トイレも広くしました。この間取りに落ち着くまでは何度も担当の方に相談しました。玄関のそばに寝室を設けましたが、この空間にキッチンを配置するなどの試案も出してもらいました。配管などの問題でどうしても変更できなかった部分もありましたが、自分たちが気になることを徹底して検討したことで、心から納得できる間取りにすることができたと思います」そう口を揃えるご夫妻、実際の住まいでの暮らしにも十分満足しています。

i200519_heimen

「ほぼ思い描いたイメージ通りですね。リビングを広くしたことで、とても過ごしやすくなりました。ダイニングテーブルも兼ねられるアイランドキッチンがとくに気に入っています。2人で料理をして、出来上がったものをここで食べるひとときが楽しいです。あと、寝室も静かで落ち着く空間になりました」(ご主人)。
「以前は使えていなかったスペースも有効活用するなど、無駄がなくなりました。生活動線を考えて間取りをつくったこともあって、動きも楽になって、とても快適に過ごしています。風通しもいいし、断熱性も高い。夏はエアコン1台だけで過ごせました」(奥さま)。

i200519_05

リノベーションした住まいは、お知り合いたちにも好評を博しているそうです。
「来てくださった方には、土間とアイランドキッチンが『おしゃれだね』といってもらえることが多いです。『ここでお店をはじめるんですか?』といわれたこともあります」と笑うお2人は、お互いの時間のあるときは、リビングのソファに座って映画を鑑賞してくつろぐなど、新たな住まいでの暮らしを満喫しています。そんなご夫妻に、これからリノベーションを考えている方々にアドバイスをいただきました。

i200519_06

「住まいに対して感じている『不満』にきちんと向かいあうことが大事だと思います。私たちの場合は、玄関やキッチンなどの狭さや、無駄なスペースがあることなどにストレスを感じていました。その不便さを解消するにはどのような住まいにしたらいいかをよく考えることで、リノベーションに求めるポイントが明確になって、結果的にいい住まいにすることができました」と語る奥様にさまご主人も言葉を継ぎます。
「より良い暮らしにしたい、という思いを持つことだと思います。私は家のなかで過ごす時間がとても大事だと思っていますから、その思いがひときわ強くありました。だから、今回も間取りから徹底的に見直したかったので、スケルトンからリノベーションをする『MUJI INFILL 0』はとても良かったですし、実際に住んでみて、前よりもずっと家のことが好きになりました。いろいろ希望を聞いてくれた担当の方にもお世話になりました。やっぱり『人との出会い』も大事だと思います」。

開催予定の「イベント・相談会・物件見学」