ほぼイメージ通りの快適さです

施工例 | 2019.7.23

都営地下鉄 船堀駅から少し歩いたところにある住宅街。その一角のマンションに「MUJI INFILL 0」によってリノベーションされた、Sさんご夫妻の住まいがあります。広々とした明るいリビングでは、ご夫妻の愛猫も気持ちよさそうに伸びをしています。

i190723_01

[概要]
・ご住所:東京都江戸川区
・築年数:2001年
・リノベーション完成年月:2018年10月
・面積:73.06m² / 2階
・ご家族構成:ご夫婦+猫

ご夫妻が「MUJI INFILL 0」の存在を知ったのは、住んでいるマンションを自分たちのライフスタイルに合わせて快適にしたいと思ったことがきっかけでした。

「いくつか気になる部分がありましたが、最大のポイントは、2人で暮らしていくなかで、少し部屋数が多すぎること。ほとんど使わない部屋もあり、住まいを有効に活用しきれていないと感じていました。戸建てに引っ越すことも考えましたが、立地などを含めマンションそのものは気に入っていたので、住んでいる部屋をリノベーションしようと話し合いました」。

i190723_02

そう振り返るご主人。情報収集をする中で「無印良品」がリノベーションを手がけていることを知りました。興味を感じて、さっそくご夫妻で相談会、さらに物件見学に参加しました。
「実際に暮らしている方の住まいを見ることで、自分たちが住むイメージができました。寒い季節だったのですが、部屋に入った瞬間に『暖かいな』と感じたのが、とても印象的でした」と語る奥さまに、ご主人も言葉を続けます。
「部屋の質感が、好みに合致しました。シンプルな内装で、家具で室内をコーディーネートしていける感じがいいな、と思いました」。
他のリノベーション会社もいくつか調べましたが、最初に感じた印象と自分たちの価値観が合うことが決め手となり、ご夫婦は「MUJI INFILL 0」を選択しました。

i190723_03

リノベーションのポイントは明確。「南北に光が届く一室空間」、「広い玄関と土間」そして「ウォークインクローゼットなどを使って収納を集約すること」の3つを優先しました。
「リノベーションする前の住まいは、バルコニーのある南側は明るかったのですが、廊下で分断された北側が暗くて湿っぽい雰囲気があったので、解消したいと思いました。また、サーフボードや自転車、アウトドア用品といった趣味のアイテムを収納しやすくする意味合いもあって、玄関スペースを広く。そして、収納をすっきりさせたいと感じていたので、思い切って一箇所にまとめました」。

i190723_04

そう語るご夫妻は、他にも「洗面スペースが狭い」など、実際に暮らしているなかで見えてきた改善点をピックアップしていくことで、「リノベーションで叶えたいこと」を明確にしていきました。
細かな部材にも共感できる部分が多かったとか。
「コンセントや引き戸の取っ手などの少しレトロなデザインが気に入りました。シンプルな内装に映えるいいアクセントになっていますね」とご主人は語ります。

i190723_heimen

お2人の希望や思いを反映させた空間となった住まい。実際に暮らしてみての感想は、「ほぼイメージ通りの快適さです」と口を揃えます。

一室空間にしたことで、住まい全体が明るく、そして風通しが良くなったところが一番嬉しいですね。また『対面式キッチンで、リビングが少し狭く感じるかな?』などいくつか心配していたポイントがありましたが、どれも杞憂に終わりました。そういった意味では、想像以上に快適かもしれません」と語るご主人。

i190723_05

一方、奥さまも「友人を招いてホームパーティーを何度か開いたのですが、キッチン越しに会話ができて、とても楽しかったです。友人たちからは、玄関と土間の広いスペースが『心地良いし、お洒落だ』といって褒めてもらうことが多いですね。そういえば、この前は宅配便の方にも褒められました(笑)。『こうすれば良かった』と思ったところは、洗面所のシンクが小さいくらい。といっても『強いていえば』くらいで、不便だと感じる点はないに等しいですね」と続けます。

i190723_06

アクティブな趣味をお持ちのご夫妻ですが、家にいるときは、広々としたリビングにいる時間が増えました。
二重サッシにしたことで、外の音が入ってこないこともあり、居心地が良く、くつろげますね」。そう語るお2人に、これからリノベーションを考えている方々にアドバイスをいただきました。
「私たちは『快適な2人暮らしをしたい』という思いを叶えることができました。人それぞれのライフスタイルに合わせて自由に変えられる『MUJI INFILL 0』のリノベーションはおすすめです。決断するまでには悩むことも多いかもしれませんが、いくつもの物件を見たりして、情報をたくさん収集するといいと思います。『こういう暮らしがしたい』、『こういう住まいがいい』という思いが明確になりやすいですから」。
そう話すと、ご夫妻揃って笑顔になりました。

開催予定の「イベント・相談会・物件見学」