理想の住まいを手に入れるにはリノベーションが最短距離

施工例 | 2018.9.11

東京都江東区、豊洲駅から徒歩2分という好立地に建つ築34年、14階建のマンション。Nさんご一家は7階の一室に、ご夫妻と2人のお子さま、愛犬1匹と暮らしています。

i180911_01

[概要]
・ご住所:東京都江東区
・築年数:1984年
・リノベーション完成年月:2018年4月
・面積:75.44m² / 7階
・ご家族構成:ご夫婦+お子さま2人+犬

以前は同じマンションの別の部屋に賃貸でお住まいだったNさん、偶然マンション内で売り物件が出たことを知りすぐに購入、同時にリノベーションの計画がスタートします。
「このマンションはロケーションが良く、築年数は経っていましたがメンテナンスやセキュリティの面もしっかりしていることがわかっていたので、迷わず購入を決めました」というご主人ですが、さかのぼること6~7年前には新築物件の購入を本気で検討していたのだとか。
「その頃はとくに住む場所にこだわりがなかったので、部屋の広さ、周辺環境、価格など、条件に当てはまりそうなところを片っ端から見てまわりました。でも結局そのときは決め手が無いまま転勤になり、家探しは一時中断していたんです」(ご夫妻)。

その後、数年間の地方勤務、海外勤務などを経て、再び東京で暮らし始めた頃には、新築購入という理想はなくなり、むしろ中古物件のリノベーションという選択に魅力を感じるようになっていたというNさん。ご主人はその理由をこう話します。「人生の中で、家を買うべきちょうどいいタイミングがあるとして、そのときにピッタリ条件に当てはまる物件と出会う確率はものすごく低いですよね。であれば、その条件に当てはまる物件は自分でつくる方が圧倒的に正しいし、リノベーションだとそれが実現可能だと思ったんです。それに気づいたのは大阪に住んでいた頃に『MUJI×UR 団地リノベーションプロジェクト』を見たのがきっかけでした」(ご主人)。

i180911_02

物件購入とときを同じくして、無印良品 有楽町へ買い物に訪れたNさんご夫妻は、無印良品のリノベーション「MUJI INFILL 0」を知ります。
「戸建て住宅(無印良品の家)は知っていましたが、マンションのリノベーションができるとは思っていませんでした。話を聞いてみると、かなり自由度が高く性能も良さそう。シンプルでおしゃれすぎないところも良いなと思いました」と振り返る奥様。
また、ご主人はこう続けます。「リノベーションってデザインを重視したものか価格を抑えたもの、その2つが主流という印象でしたが、無印良品はどちらでもなくてちょうど良いバランスだなと感じました」。

i180911_03

個別相談会、入居者宅見学会を経て、プランニングへと進んでいったNさん。プランニングではそれまでの住まいの不満点を解消するべく検討を重ねていきました。
「以前の部屋は日当たりが悪く、収納スペースも少ないのが難点でした。また、キッチンに収納がなく、洗面所も狭くて使いにくかったんです」(ご夫妻)。
「新築マンションだったら、はじめから2LDKとか3LDKと決まっちゃっていますが、フルリノベーションだとゼロからプランを考えられるので良いですね」(ご主人)。

heimen

完成したN邸の間取りは、広いリビングダイニング空間とオープンキッチン、寝室、水まわりというつくり。玄関土間は自転車などを格納できるゆったりとしたスペースになっています。
「玄関で家の印象がこんなに変わるんですね。キッチンの収納はたっぷり入って全面隠せるところが気に入っています」(奥様)。
ダイニングと玄関の間はステンレスユニットシェルフで間仕切りをして書斎スペースを確保。
「普段はだいたいリビングで過ごしています。子供たちは、家中すべてが遊び場という感じでのびのびと遊んでいますよ」とご主人。

i180911_04

性能の良さも実感しているようです。
断熱性能、とくにインナーサッシの効果を感じています。部屋の気密性が高くなることは説明を聞いて知っていましたが、正直ここまでとは思っていませんでした。窓を閉めていると外の音は全く聞こえないんです」(ご主人)。
「室内に壁が無いので窓を開けると風通しが良く、光もたくさん入るので本当に気持ち良いですね」(奥様)。

i180911_05

「将来的には子供のスペースをどうするかが課題ですが、それほど長い期間では無いので、家具で間仕切りをするなど工夫次第でどうにでもできると思っています」というご主人。
「そんなときに家具の組み替えお手伝いサービスが無印良品にあったら良いなと思うんですよね」(奥様)。

i180911_06

最後にこれからリノベーションを検討する人にむけてアドバイスをいただきました。
「リノベーションと聞くと、デザインへの関心が高い人がやるようなイメージがあるかもしれませんが、必ずしもそんなことはないと思います。私たちのようにとくに強いこだわりがあるわけではない人でも、よくよく考えると既製品では対応しきれない要望がいろいろあるんですよね。気に入った場所(物件)を自分の好きなようにカスタマイズできるリノベーションという選択は、理想の住まいを手に入れる最短距離なんじゃないでしょうか」(ご主人)。