vol.26 理の家
「無印良品の家」で暮らしている方を訪ねて愛知県豊川市へ。
建築家の永山祐子さんが、心地よく整頓された「木の家」に会いに行きました。

施工例 | 2019.6.4

ダイアログ2

子供の宝物と収納を考える

再び収納のキレイさに驚く

永山さん
もう、何度も言いますけど、収納が本当にキレイ。キッチンもこれずっとキープされてるんですよね。
え、あ、はい。
そんなに収納上手ですか? 僕はこの家しか知らないのでよくわからなくて。
永山さん
素晴らしいと思います!
そうなんだ。ウチの奥さんがんばってるんですね。
永山さん
あれ!? カトラリーをしまう木製ケースが並べられたコレは……。
無印良品のMDF書類整理トレーです。
永山さん
キッチンにオフィス用品って意外だけど、ぴったりじゃないですか。無印良品の木製ケースが横に3個キレイにおさまってますよね。無印良品はキッチン用品とステーショナリーも同じモジュールで設計されているんですね。これはいいアイデアですよ!
いろいろな商品のサイズを測って、どれがぴったり合うのか調べて、結果、無印良品の組み合わせになりました。
永山さん
なるほど。で、こちらはタオルのたたみ方がホントにキレイ、すごい。ホテルみたい。これも何度も言いますが、収納コンサルのプロとして仕事できますね。職業にしたほうがいいですよ。私も依頼したいくらい。

03_img01

ま、まさか。でも本当はキチッとしてないほうなので、すぐにでも崩壊しそうで、とにかく気をつけるようにしていますよ。
永山さん
え!?
夫・妻
??
永山さん
あのー、崩壊のイメージゼロなんですが……。ありえないですよ。
あーでも、昔は片付けできなかったらしいですよ。服も部屋に山積みだったそうです。
そうなんですよ。その思い出もトラウマなんです。母は収納が苦手なタイプだったので、身近にお手本もなくて、逆に収納の仕組みに興味を持つようになったのかもしれません。いまも雑誌やテレビで収納の特集があるとつい見てしまします。
永山さん
いや、その雑誌の収納特集に載るレベルですよ。ご主人は、奥様は収納がこんなに得意だったこと、結婚してから知ったんですか?
そうですね。家に帰ってきたらいつも片付いているし、自分は、どんな収納が能率的なのかとか、あまり考えたことないですから。

03_img02

永山さん
(バスルームを見て)お風呂の吐水口と排水口のキャップはいつも洗って外しているんですか。
お風呂掃除は僕の担当なので、お風呂から出ると毎回キャップを外して洗ってますね。中に湯垢がつくことがあるので。
永山さん
素晴らしい!
え、普通は外して洗わないんですか?
永山さん
普通は、毎回は外さないですね。ええ。
本当にキチンとされててホントにびっくりです。私の家もこちらと同じ築2年で、建ててしばらくはがんばっていたんですが、いまでは家のことを考える時間がどんどん少なくなって……。
でも、テレビで拝見するとすごくキレイなお家で、そこで暮らしている方が今日来られるなんて、ホント恐ろしいと思ってました。はい。
永山さん
いえいえ、とにかく仕舞っちゃえばそれなりに見えるように、部屋の一角に大きな収納スペースをつくり、そこに衣装ボックス60個積んで、どんどん組み替えながらモノを収めています。とにかくぱぱっと入れて、時間がないときは、衣装ボックスの中はちゃんとたたまなくてもいいことにして。自分の中で手抜きルールをつくらないといろいろ大変なので。収納の効率が良いと、家事の効率も良くなりますよね。家の中が煩雑だと頭の中も煩雑になりがちですし。
そうですね。まさにシステム=効率だと思って収納を考えています。

03_img03

子供の宝物はどうしまう

永山さん
もう着れなくなった子供服は人にあげたりして、貯めずに手放しているんですよね。
ええ、処分しますね。捨てるときはちょっと躊躇しますけど。
そういうときは僕が思い切って捨てたり、譲ったりしています。
永山さん
そうやって整理していても、子供はいろいろ家に持ち込みますよね。石とか虫とか、学校のプリントもあるし、図工の工作もあるし、それに幼児教育教材のオマケがどんどん増えたり。
それはすぐには捨てられないので、一旦貯めて、保管スペースがいっぱいになったら、残すか捨てるか分別して整理しています。保管のスペースも大きくするとどんどん貯め込んじゃうので、できるだけ小さなスペースにしていますね。
永山さん
うちは長男が毎日大量に絵を描いて、それを切り抜いて貯めていて。でも、いつも大事な切り抜きなくして、探すの大変だから、切り抜きをしまう箱をつくりました。いまはそこからも溢れて、知らない間にルンバに吸われてます。
夫・妻
一緒だ(笑)!!
永山さん
で、ルンバのゴミ捨てのときにこっそり救出してます(笑)。
まったく同じですよ。絵を切り抜いたら箱に入れて、そこから溢れたら選り分けて捨ててもらってますね。
永山さん
ただ、やっぱり紙なので、箱に入れるとくしゃくしゃになるから、最近はスクラップブックに貼ってしまうようにしました。
それ、いいアイデアですね。
永山さん
でも、結局、子供に代わって親が貼る羽目になり、余計な仕事が増えて、自分は何をやってるんだろう……って(笑)。
あはははは。でも笑いごとじゃないですね。子供の絵はとっておきたいけど、どれが大事なのか本人しかわからないし、でも全部はとっておけないし。でも、捨てると怒られるし。
永山さん
あー、そうそう。難しいですよね。わかるわかる(笑)
永山さんの家と同じ事件が、わが家でも起こっていることがなんだか不思議ですよ。

03_img04