花粉シーズンや雨の日に「部屋干し」が楽になる実例まとめ

住まいのかたち | 2022.3.1

花粉のシーズンは、衣類に花粉がつかないよう部屋干しが鉄則。
梅雨など雨のシーズンは、否が応でも、室内で洗濯物を乾かすことに…。

など、部屋干しの機会が多い方にとって、ランドリールームやサンルーム付きの住まいは、憧れですよね。さらに、「洗濯する・干す・乾かす・収納する」の家事動線が綿密に設計された間取りであれば、濡れて重たくなった衣類を運ぶ苦労や、家族それぞれの収納スペースへ片付ける手間も軽減され、日々の暮らしが楽になります。

本記事では、「毎日の悩みの種・洗濯が楽になり、家族時間が増えた!」と語ってくださった入居者のみなさんの住まいの実例をまとめてみました。ぜひ、みなさんの家づくりの参考にご覧ください。

実例1

千葉県我孫子市 I邸
■ご夫婦とお子さま1人の3人家族
■延床面積:108.47m²(32.81坪)

220301_01_madori

洗面所から洗濯機、洗濯物干しスペース、クローゼットまでを一直線で続く動線に。

220301_01

洗濯物を干してそのままかけて収納できるので、とても楽に効率的に洗濯ができています。

また、お風呂場には洗面台を2つ並べています。脱衣洗濯室をつくったことでスペースが余ったので、もう1つの洗面台をつくりました。子どもの洗濯物のつけ置き洗いなどに使えて便利です。(Iさん)

この実例の全文はこちら »

実例2

埼玉県八潮市 K邸
■ご夫婦と猫
■延床面積:105.16m²(31.81坪)

220301_02_madori

水まわりは2階にしました。2階で洗濯物を洗って干して畳むまでが完結するので、とても楽です。主人は仕事の来客も多いので、いちばん生活感が出る洗面所と洗濯物が来客の目に触れないようにしました。(Kさん)

220301_02_1

220301_02_2

この実例の全文はこちら »

実例3

青森県三戸郡 K邸
■ご夫婦とお子さま1人の3人家族
■延床面積:134.14m²(40.57坪)

220301_03_madori

広々とした室内空間を確保することを第一に考えて、ディテールを決めて行きました。開放的で整った空間にいると、時間がゆっくりと流れ、自分たちのペースで物事を進められるような感覚になります。(Kさん)

220301_03

この実例の全文はこちら »

実例4

鹿児島県鹿児島市
■ご夫婦とお子さま1人の3人家族
■延床面積:96.88m²(29.30坪)

220301_04

天候に左右されずに洗濯物を干したいと思い、ドライルームを設けました。洗濯から干すまでの動線がスムーズなので、家事がとても楽になりました。

担当営業のコメント:
鹿児島という土地柄、雨だけでなく火山灰も降るので、ドライルームのある家は人気です。家事の時短で、家族時間も増え、いいことづくしだと思います。

この家のルームツアー動画を見る »