二拠点居住・移住という暮らし方を考える

コラム | 2021.2.2

暮らしが大きく変化するなかで、テレワークや在宅勤務が多くなり、街や電車、近所の公園などの風景にも変化を感じるようになりました。コロナ禍の影響により、住まいや働き方に対する考え方が変わった方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そのようななか、無印良品でも家具や「無印良品の小屋」、リフォームや家づくりなどのサービスを通じて、二拠点居住や移住を検討している方からのご相談も増えてきていると感じます。
休日は、家族と近所の山や海で過ごす。平日も大自然のなかで仕事をする。近所のおじいさんやおばあさんと何気ない会話をする。広々とした家庭菜園。おすそわけ。
確かに、こういった過ごし方は都心部ではなかなか味わえない魅力が詰まっています。

また受け入れる側の各地域でも、移住体験の場を用意したり、二拠点居住や移住を検討する方に向けた取り組みが盛んになっています。
自然環境やアウトドアのアクティビティが魅力の地域などでは、訪れる方や企業の方に向けて空いているスペースを働く場として活用し、働きながら休暇も楽しめる「ワーケーション」という過ごし方も生まれています。

すぐに移住までは決断できないけれど、二拠点居住には興味がある、または、せめて週末テレワークするのならどこか気分転換できる自然いっぱいの場所で仕事したい、と考えている方も多くなっていると感じます。これを機にやりたいこと、できることを探しに、思い切って気になる地域を訪問してみるのも、よいかもしれません。

210202_01

ただ、なかなか一歩が踏み出せず、「どうやって地域を探そう?」「誰に相談してみようかな」「いまの仕事をそのまま持っていけたらな…」「買い物に不便はないの?」「ご近所と仲良くなれるかな」といった、疑問や不安の声も聞こえてきます。
訪れる方と受け入れる地域の方が、もっと気軽にコミュニケーションが取れる方法があると良いですよね。

そこで無印良品では、二拠点居住や移住に興味がある方や検討している方が前向きに考え、一歩を踏み出せるよう、二拠点居住・移住の「情報」「訪問と滞在」「地域との関わり」「住まい」「仕事」という5つのテーマについて、暮らし方を考えるアンケートを行います。

5つのテーマ
1、情報:地域を知る、見つける
2、訪問:訪問のしかたや、過ごし方
3、地域との関わり:ご近所との関係、地域活動
4、住まい:希望の住まいや家づくり
5、仕事:仕事を探す、持っていく

こちらのアンケートをきっかけに、ゆるやかに移住を検討する環境を考えたり、受け入れる側の地域の方々とつながるきっかけをつくることができればと考えています。ぜひみなさんのご意見をお聞かせください。

アンケートは終了しました

実施期間:2021年2月2日(火)~2月12日(金)午前10時まで
たくさんのご回答ありがとうございました。