東京有明に新しい無印良品の百八貨店ができます!

コラム | 2020.11.24

すでにMUJI Passportや、無印良品 WEBサイトを見てご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、来る12月3日(木)に、無印良品の新しい大型店「無印良品 東京有明」がグランドオープンいたします。
新型コロナウイルス感染症の拡大により生活様式や価値観が大きく変わるなかでオープンするこちらのお店は、お米や新鮮な野菜などの食品、スプーンや靴下など日々の生活を満たす道具から、部屋のリフォーム、戸建販売、そして街の活性化まで、暮らしの全てに関わり、店舗周辺に住む方々の「感じ良いくらしと社会」の具現化をお手伝いする店舗を目指しています。
「百八貨店」という言葉には、最新の無印良品のほぼ全ての商品を揃えたうえで、【暮らしのサポート】【家づくり】【街づくり】の3つをテーマにおいた8つの新商品・サービスを加えることで、百貨店を超える“百八貨店”として、永く地域の方々のくらしに役立つ存在になりたいという思いが込められています。

ということは…、無印良品の家やリノベーションも実物が展示され、販売されます!
無印良品の家」そのものを丸ごと店舗のなかに展示するというダイナミックな取り組みは、関東地方で最大を誇る売り場面積と「百八貨店」の発想があってこそ実現しました(無印良品の店舗内には現在、「無印良品 MUJI新宿」と「無印良品 グランフロント大阪」に家センターが設置されていますが、「MUJI新宿 家センター」は1階の一部を再現、「グランフロント大阪 家センター」では、1/2模型の展示となっています)。
また、「無印良品のリノベーション」(MUJI INFILL 0)の販売拠点としては、2018年12月に青山店がオープンして以来の記念すべき2号店となります。
このように、一つの店舗内に戸建て新築とマンションフルリノベーションの両方が展示され、常駐の住宅専門コーディネーターにご相談いただける店舗は、日本(=世界)初となります!

201124_01

「家」は、最新商品である、「陽の家」がウッドデッキまでコンプリートされたかたちで展示され、このイメージ写真と同じように背景の森まで再現されています。もちろん、内部のキッチンなどの設備もすべて実物が展示されています。オープン後は広いデッキを使ってのセミナーなどのイベントも企画中です。

201124_02

もう1つ、全面リノベーション商品「INFILL 0」の住戸全体を表現したモデルルームも展示されており、自由に編集できる「一室空間」の様子が体感できます。
キッチンや、浴室などの水まわりは一箇所に集約され、メインの空間は連続した引き戸の開閉で全く違う間取りに編集できるしかけが施されています。
どのようなしかけか、それは来店してからのお楽しみ、ということにしておきましょう。

最初にご案内した通り、今回の「無印良品 東京有明」は、百貨店を超える百八貨店と銘打ち、暮らしに関わるすべての商品・サービスを揃えるという主旨ですが、「ほぼすべての無印良品の商品とサービス」の数はもちろん108どころではなく、7千アイテムを越えています。
それらの販売準備に、いまスタッフはおおわらわですが、また新しいかたちの無印良品の店舗をお披露目できる期待感で、その顔は全員輝いています。
12月3日(木)以降お近くにお寄りの際は(お近くにお寄りでなくても)、ぜひ「無印良品 東京有明」にお越しいただき、無印良品の新たなチャレンジ、世界観を感じてください。そして忌憚ないご意見ご感想お寄せいただければ幸いです。