三鷹の家大使の住まいレポート『ぜんぶ、無印良品で暮らしています。』

三鷹の家に住む以前の話

2018年3月2日 三鷹の家編2018

三鷹の家に住む以前の話

なんだかかんだか月日が過ぎていき、しばし昔のことを思い出していました。いまでこそ、「『無印良品の家』でブログ書いている者です…」とお伝えすれば、「おお!知ってます!」となることも、少しではありますが増えました。おかげさまでいろいろな仕事をやらせていただけるようになり、イラストや文章でお伝えできるような仕事をさせていただけて、本当に楽しくて素敵な毎日です。ありがたい気持ちでいっぱいなのです。
無印良品の家に住む夢だけではなくて、おうちに住んだことをきっかけにめまぐるしく環境が変わりました。そりゃあ楽しいことばかりではなかったけれど、娘も4歳になり、三鷹の家に住んで6年目になり、夫と結婚して7年目になり、振り返る時期なのでしょうか…なんだか涙が出てきそうでございます。

180223_02

娘と二人で雛壇を表現してみました。いかがでしょうか。

180223_04

お雛様、今年もセットいたしました。うちのお雛様は可愛らしい顔をしていてとても好きですよ。私が子供の頃に買ってもらったものです。なかなか七段飾りを置けるほどの場所はないので、今は一段のお雛様が主流でしょうか。大きなお家のご家族は七段飾りをどーんと飾っていらっしゃるのでしょうかね。

180223_05

梅の花も開花しておりました。お雛様の前にある梅の花が「どうして白と赤なの?」と聞いてきた娘に、ここできちんと実物を見せてお話をしてあげることができてよござんした。まあ結局なんで白と赤なのかはわからなかったんですけど、実物見せただけで…

そう、昔のこと思い出しついでに、三鷹の家に住む前はどんな家に住んでいたか、少し紹介しようかなと思い立ちました。場所は東京・吉祥寺だったので、あまり違いはありませんが、住宅街とはいえ少しガヤガヤと騒がしい感じでしたね。ジム帰りに汗だくでSEIYUにいたら、変質者に追い回されたりしました。着替えろよって感じですよね。

180223_06

賃貸住宅で、40平米ないくらいの広さです。間取りが迷路みたいでした。一応2DKだったんですかね。リビング(作業部屋兼)とダイニングキッチンと寝室ですね。
新婚で、初めて一緒に住む家だったので、お綺麗なところを探しました。ですが、お家賃も吉祥寺ということでなかなか…値がはりました。

050223_07

とにかく日当たりが悪く、なのに間取りが細かく区切られていて、寒い家でした。決して住んでいた賃貸住宅をディスりたいわけではなく、事実をお伝えするとそういう感じでございました。今の開放感のある家とは対照的だったと思います。でもどんな家に住んでいても、結局は住んでいる人のモチベーション次第といった具合ですので、腐ってはおりませんでしたよ。楽しく暮らしておりました。

180223_08

探せど探せど寝室の写真がありません。三鷹の家に引っ越して心底良かったと思うことは、騒音問題でしょうか。結婚して三年目くらいに子が出来て、こちらが気を使わないといけない立場となりましたので、その点では本当に良かったです。夜泣きで周囲を気にしなくてはならないという事態がありがたいことに一度もなく、音へのストレスはほぼなかったという記憶があります。一軒家最大のメリットと言っても良いのではないでしょうか。

180223_09

あっ!すっごい探したら寝室の写真が一枚だけありました! ベッドを置いて終了の寝室!でも全部は映ってなくて何も伝わらないですね…懐かしき〜。のっぴ(夫)が半裸なのは大変申し訳なく思っております。いつもすみません。だいたい半裸なのです。

180223_10

唯一よかったのは、小さな庭が付いていたことでした。しかしヤブ蚊が多く、私は完全防備の上、庭に飛び出していた次第でございます。懐かしいです。

当時はコンデジしかもってなかったので、なんだかアンバランスな写真ばかりで申し訳ありません。以前どんな家に住んでいたか気になる方もいるだろうかと今更、昔の写真を引っ張り出してきました。あまりみなさん、気にならないような気もします。このブログはすべて気のせいで成り立っているような気すらします。よく、「本当にコネなしで選ばれたの?」って聞かれることがあるのですが、本当にコネなしでした。このように前は普通の賃貸住宅に住んでおりました。

さて、次回からは整理収納アドバイザー春の陣、クローゼットお片づけ大作戦を放送します。どうぞよろしくお願いいたします。

妻のあみいちゃんでした

最新の記事

関連記事


「三鷹の家大使の住まいレポート」の単行本が発売されました!

著者は、我らがあみいちゃん。タイトルはそのまま『ぜんぶ、無印良品で暮らしています。「無印良品の家」大使の住まいレポート』。2016年5月26日より、全国の書店およびAmazonなどのWEB書店で販売しています。

ぜんぶ、無印良品で暮らしています。

家も、家具も、ぜんぶ無印良品で生活したら、どんな毎日になるんだろう。
無印良品では三鷹に建てた「無印良品の家」に2年無料で住む人を募集。当選した住まいモニターの無印良品に囲まれた暮らしがここに実現しました。
入居までのストーリー
動画(YouTube)

三鷹の家大使プロフィール

住まいレポートをするのは、57,884の住みたい宣言から選ばれた、2012年最も幸運なご夫婦。
プロフィールを更に詳しく