三鷹の家大使の住まいレポート『ぜんぶ、無印良品で暮らしています。』

悲劇!ウッドデッキ閉じ込め事件

2015年11月10日 三鷹の家編2015

悲劇!ウッドデッキ閉じ込め事件

あとひと月もしないうちに娘が2歳になります。ほんとに時の流れは早いですね。俗にいうイヤイヤ期とやらも来襲しており、あれイヤこれイヤの毎日です。でも割と説得すれば聞いてくれるのと、切り替えが早いので、助かってます。しかしこれからが本番ですか…?うう、考えただけで恐怖… 151109_01.jpg
キラークイーンのポーズ
しかし先日三鷹の家でとんでもない事件が起こりました。仕事を終え、保育園のお迎えを終え、5時半ごろ帰宅した私と娘。するとウッドデッキに一匹の猫が。あれ〜なんだろう、初めて見る猫だな、と思ってウッドデッキに出た私。すると後ろでカシャンという音が。 娘が、窓の鍵を、いじっている。 まさか、まさかな。 いやまさか。 開かない。 151109_02.jpg
大ピンチ
娘は、やっちまったことにも気づかず、絵本を読み出しました。娘をこっちにおいで〜と呼び寄せて、鍵のところを指差し、ここ開けて〜とお願いするも、やり方がわからない。 次第に娘は、母親が家の中に入れなくなってしまったことに気付き、泣き出しました。 151109_03.jpg
鍵のかかった状態。錠を下ろさなくては…
携帯も何も持たずウッドデッキに出てしまったもので、これはまずいぞと思い、近所の奥さんが歩いていたので事情を説明。旦那の会社の電話番号を調べて、旦那にすぐ帰ってきてくれ〜と電話。 その間にも泣きじゃくる娘。 うちの窓は他にも開いてる場所がないか探しましたが、無かった… なにより今娘は窓のところで泣いてるからいいものの、恐れてる事態は、階段を登ってしまう、ということと、お風呂のほうに行ってしまう、ということでした。 階段の方は入り口にガードをつけているものの、簡易的なもので、引っ張れば開いてしまうんです。 お風呂は、今朝、お風呂の水で洗濯をしたので、ホースが洗濯機から伸びてるため半開き。 万が一階段を登って落ちてしまったら…、万が一お風呂に落ちてしまったら… 151109_04.jpg
外から見える階段なのです
おそろしい妄想で完全にテンパる私。そして狂ったように、あけてーーーあけてーーだっこしてーーままぁぁぁーーーーと叫ぶ娘。 近所の奥さんのお子さん二人が、てーたん(娘)、こっちにきて! とずっと窓のところに留めてくれるように気をひいててくれました。だけど泣きじゃくってほんとにわけわかんなくなってる様子の娘。 近所の奥さんは鍵屋さんとかにも電話してくれたけど、どこにかけても一時間以上待つとのこと… 本当にどうしようどうしようってなってしまい、みんなで色々と考えを巡らせました。 151109_05.jpg
いつもは平和なのに…
すると恐れていた事態発生。娘が階段を上り始めたのです!!!うわああああああああああああああ。テンパった私は窓を割ることを決意。こちらのジョウロて本気で窓をたたき割ろうとなんども窓を殴打。が、傷ひとつついてねええええええええええ!なんだよこの無印良品の家のすげえ窓は!!! この時ばかりは家の素晴らしい窓に憎しみを持ちました。でもすごいわ、これ。冷静に考えて。 151109_06.jpg
めっちゃ強そうなジョウロ(無印良品)
ガンガンとジョウロで窓を叩く私を見て、余計テンパる娘。ここは冷静に階段を登りきってもらわないといけないと思い、大丈夫だよからゆっくりね、ゆっくりね…といいながら笑顔で見守ることにしました。体はブルブル震えていたけど。 151109_07.jpg
この階段を一人で…
無事に2階に登りきった娘。何をしようとしていたのかというと、誰か人がいないか探していたようでありました。助けてー助けてーって大声で叫んでいました。しばらく上にいたけど、そのうち降りることを決意した模様。この瞬間が一番緊張しました。 一度だけ、階段は尻から降りるんだよ… と教えていたのが効いたのか、娘は一歩一歩尻から階段を降りて行きました。ほんとうに緊張して、冷や汗がだくだくでました。娘はちゃんと、一番下まで降りることができました。その間もずっと泣いている娘。娘の気持ちを思うとかわいそうで仕方ありませんでした。 またもや窓のところに戻ってきた娘。近所の子供達が、てーたんてーたん、こうやって鍵を開けるんだよ! ってなんども教えてくれてて、その間私は消防に電話しようか、やはり窓を割ろうか、それともこのまま頑張ってここに惹きつけていられるなら、旦那の帰りを待とうか、などなど色々な考えを巡らせていましたが、なんと!!!娘が近所の子供達の助言を受けて、鍵を解錠することができたのです。 その時の盛り上がりといったらなかった。娘は大泣きしながらやったあやったあ!!!!!って言ってるし子供達もすげえ!!!ってなってるし私は安心して泣いちゃってるし近所の奥さんもすごい喜んでくれてるし… 窓が開いたら娘が私の胸に真っ先に飛び込んできました。 ほんとに怖かったしおそろしい経験だった… 子供を残してウッドデッキに出てはいけないと誓ったのと、あと結局何が言いたいかって、無印良品の窓の性能すげえ。 151109_08.jpg
いつもは素敵なウッドデッキなのよ
その後、帰って来た旦那と菓子折りを持って近所の奥さんちに謝礼にいきました。ほんとに子供達のおかげでどうにかなったぁ。ありがたいなぁ。ありがとう子供達。こんなこともあるので、皆さんも是非お気をつけくださいませ… 151109_09.jpg
それから後追いがひどくなってしまったぜ
妻のあみいちゃんでした

関連記事


「三鷹の家大使の住まいレポート」の単行本が発売されました!

著者は、我らがあみいちゃん。タイトルはそのまま『ぜんぶ、無印良品で暮らしています。「無印良品の家」大使の住まいレポート』。2016年5月26日より、全国の書店およびAmazonなどのWEB書店で販売しています。

ぜんぶ、無印良品で暮らしています。

家も、家具も、ぜんぶ無印良品で生活したら、どんな毎日になるんだろう。
無印良品では三鷹に建てた「無印良品の家」に2年無料で住む人を募集。当選した住まいモニターの無印良品に囲まれた暮らしがここに実現しました。
入居までのストーリー
動画(YouTube)

三鷹の家大使プロフィール

住まいレポートをするのは、57,884の住みたい宣言から選ばれた、2012年最も幸運なご夫婦。
プロフィールを更に詳しく

最新の記事