三鷹の家大使の住まいレポート『ぜんぶ、無印良品で暮らしています。』

ありがとう三鷹の家(最終回)

2015年1月12日 最終回編2015

ありがとう三鷹の家(最終回)

三鷹の家に入居したのは、2012/1/11でした。ちょうど昨日で2年。 ついにモニター契約の終了でございます。 長らくこのブログを読んでくださってた皆さん、本当に有難うございました! 拙い文章と小汚いイラストでお送りしてきましたが、無事「三鷹の家大使」の任期を終えることができて、感無量です! 150112_04.jpg さて、三鷹の家、モニター契約終了後は「買う」もしくは「借りる」もしくは「出て行く」の三択です。 もちろん、我々すでに決断をいたしました。 150112_02.png 大変お世話になったこの三鷹の家。 無印良品最大のキャンペーン、無印良品の家に2年間タダで住む人募集!(家具付き)という太っ腹すぎるモニターに応募したところから始まり、面接のため無印良品有楽町に行ったり、建設中の家を見に行ったり、家具を選んだり、模様替えしたり、子どもができたり、模様替えしたり、子ども産まれたり、模様替えしたり…ほんとにこの二年間いろいろなことがありました。 150112_03.jpg 150112_09.jpg 150112_10.jpg 150112_13.jpg 二度の冬に、二度の夏。二度のクリスマス、二度の結婚記念日、二度の誕生日… また、前述の通り子どもが産まれるという一世一代のビッグイベントがあったため、私にとっても主人にとっても、この二年間は他に類を見ないとても濃密で貴重な時間でした。その間わたしたちを優しく包み込んでくれた三鷹の家。 150112_06.jpg 私たちは、三鷹の家を購入することにしました〜〜〜〜〜!!!!! ふう。言えた。というわけで、本当に買うことにしました。安い買い物ではございません。なんてったって東京の一軒家。でも二年住んで、字のごとくモニタリングしてみて、普通に悩んで、うん、買おうっていう結論に至ったわけです。 私が購入を決めた理由は、無印良品の家の性能に惹かれたところが大きいかなぁと思います。具体的には、冬のあったかさでしょうか。吹き抜けって冬だとどうしても上下での温度差ができてしまい、寒く感じてしまうと思うんですが、我が家はとりあえず二階のエアコンつけときゃ〜あったかいんですよね! 夏は夏でシーリングファン回しておけば涼しいですし! 150112_05.jpg 150112_07.jpg 東京の賃貸の家に住んでた時、どうしてこんなに部屋間で温度差があるのかと憤慨していたのですが、そういうことを感じないですごせるのが無印良品の家の魅力。あと、電気代をみてみても、快適な割に安いなと。長い目で見たらとても大事なことですよね。その辺りが決め手となって購入に至りました。 のっぴ(夫)の方は、ちゃんと聞いてないからちょっとわかんないけど、彼は私以上にこの家を気に入っているので、購入に至ったのは当然の流れでありましょう(最終回にもかかわらずこの雑さ)。 そして、普段できないたくさんの経験をさせてくれたムジハウスさんに感謝です。取材や、撮影や、レポートや、いろいろなものを試させてもらったり…楽しかったなあ。平凡な人間がなんかちょっとだけ日の目をみて、何度も調子に乗りそうになりましたが、そこはもうぐっとこらえました…人生、調子にのるとろくなことがないですよね… 150112_08.jpg 150112_11.jpg
あの著名な方も…
というわけで、ストーリー的にも最高の結末(笑)でモニター企画は終了するわけです。本当に幸せな2年間でした。読んでくれてありがとうございました〜。本当に本当にありがとうございました〜。涙 150112_12.jpg それではみなさん、また会う日まで!ありがとうございました〜っっっっ!
妻のあみいちゃんでした

最新の記事

関連記事


「三鷹の家大使の住まいレポート」の単行本が発売されました!

著者は、我らがあみいちゃん。タイトルはそのまま『ぜんぶ、無印良品で暮らしています。「無印良品の家」大使の住まいレポート』。2016年5月26日より、全国の書店およびAmazonなどのWEB書店で販売しています。

ぜんぶ、無印良品で暮らしています。

家も、家具も、ぜんぶ無印良品で生活したら、どんな毎日になるんだろう。
無印良品では三鷹に建てた「無印良品の家」に2年無料で住む人を募集。当選した住まいモニターの無印良品に囲まれた暮らしがここに実現しました。
入居までのストーリー
動画(YouTube)

三鷹の家大使プロフィール

住まいレポートをするのは、57,884の住みたい宣言から選ばれた、2012年最も幸運なご夫婦。
プロフィールを更に詳しく