三鷹の家大使の住まいレポート『ぜんぶ、無印良品で暮らしています。』

男の無印良品

2013年3月14日 のっぴ(夫)&ナタリー(妹)

男の無印良品

初めまして、三鷹の家大使のヒゲめがね担当の夫(のっぴ)です。

これまでのブログは妻(あみいちゃん)による女性視点で描かれてきましたが、
今回に限り小休止。
今回は、「男の男による男のための硬派な無印」

130314_01.jpg 「男無印」 を
皆さんにお届けいたします。

それでは、幕間の戯れ言におつきあいください。


幾度かこのブログに私の写真が登場しましたが、「庭の植物を育てる前にもっと育てなきゃならないところがあるだろう」とお感じになられたかもしれません。


みなさんの想い届きましたよ。


男性の3割は薄毛にお悩み…とどこかの何かで聞いたことがあります。

その3割に選ばれた私は、特に悩んでいるつもりはなくとも、やはりヘアケア関連の製品に目がいってしまいます。

そんな製品の紹介文の中に「トラブル頭皮」という、なんというか遠回し過ぎて逆に失礼に感じられる表現を見ると、

「こちとら一切トラブってませんし!なんなら遺伝なのでむしろ家系に伝わるトラッドですから!」と、
ヘアケアを頑なに拒んでしまいます。

しかし、伝統を重んじるのも大事ですが、それと同時に伝統に抗うことも進化するためには必要です。


というわけで、我が家には伝統との戦いのための武器(ブラシ)がいくつかあるのですが、まずはお風呂におきっぱなので使用頻度が最も高く、攻守ともにバランスが取れた、

無印良品 頭皮ケアブラシ・ハード

130314_05.jpg

癖もなく掌へのフィット感と思った通りの箇所を思った通りに攻撃することができます。この頭皮ケアブラシには、ハードとソフトがあり、お好み次第ですが、硬派なのでハードを選択しました。

【総評】

130314_02.gif


続いて、科学の力を駆使した、妻からの誕生日プレゼント

■電動の頭皮エステブラシ
これは無印良品のものではないのですが、ヘアケアグッズとして一応ご紹介。お手軽感に欠けるので、ゆっくりとした休みの日しか使用しないのでお飾りになってしまっています。。。

【総評】

130314_03.gif


最後は「ヘアケア界の遊び人」、これまで感じたことがない使用感がたまらない。

無印良品 リフレッシュヘッドスパ

130314_06.jpg
お客さんが来たときに必ず話題になる実用性より話題性に優れた(?)逸品。
友人の印象にのこったらしくホワイトボードの落書きに書き込むほどです。

130314_07.jpg まったく余計なお世話です。
使用した後の「で、これ効くの?」は定番文句となっております。


【総評】

130314_04.gif 我が家での存在が「ネタ」になりつつある本品は、
使用用途からリビングのAVボードの上に置かれています。

130314_11.jpg


そんな私のどうでもいい話をよそに、庭では沈丁花が花を咲かせ、いい香りを漂わせています。

130314_10.jpg
こんな調子で育つといいですね!
いろいろ!


無印の家に暮らし始めてちょうど2ヶ月。

最初はこれまで住んでいたところより広い・キレイというところばかりに快適さを感じていましたが、

実際の「家の良さ」について、ようやく実感してきたところです。

この話はまた次回。


とりあえず玄関扉のカギを開けるときの適度な回転の重みと抜ける瞬間、同時に響く「シャコ!」という軽快な音がたまりません。

130314_09.jpg それでは、またお会いしましょう。


以上、ヒゲめがねでした。

最新の記事

関連記事


「三鷹の家大使の住まいレポート」の単行本が発売されました!

著者は、我らがあみいちゃん。タイトルはそのまま『ぜんぶ、無印良品で暮らしています。「無印良品の家」大使の住まいレポート』。2016年5月26日より、全国の書店およびAmazonなどのWEB書店で販売しています。

ぜんぶ、無印良品で暮らしています。

家も、家具も、ぜんぶ無印良品で生活したら、どんな毎日になるんだろう。
無印良品では三鷹に建てた「無印良品の家」に2年無料で住む人を募集。当選した住まいモニターの無印良品に囲まれた暮らしがここに実現しました。
入居までのストーリー
動画(YouTube)

三鷹の家大使プロフィール

住まいレポートをするのは、57,884の住みたい宣言から選ばれた、2012年最も幸運なご夫婦。
プロフィールを更に詳しく