vol.24 光の家
「無印良品の家」で暮らす人を訪ねて神奈川県逗子市へ。
建築への造詣も深いKIKIさんが、日向に佇む「窓の家」に会いに行きました。

施工例 | 2018.2.13

プロローグ

そのときが来るまで。

高校生のとき、建築家にあこがれていた。きっかけは実家の建て替え。担当してくれた女性建築家の姿に影響を受け、彼女に進路を相談するうちに、美術大学の建築学科を目指すことにした。
初めのうちは住宅建築に一番興味があったけれど、空間プロデューサーのもとでアルバイトをするうちに店舗やランドスケープデザインなど、もっと広く人の目に触れる建築に関心が移っていった。さらに学生時代からモデルの仕事をはじめると、自分の文章や写真で、また少しだけ専門知識を持つナビゲーターとして建築を「伝える」ことができることに気がついた。
そんな経緯もあり、モデルを20年近く続けていても建築から遠くに身を置いたとは思っていない。新築なのか、マンションのリノベーションなのか、別荘なのかわからないけれど、両親が実家を建て替えたように、いつか自分や自分の家族のための空間を作りたい。そしてそのときが来るまで、たくさんの建物を見て、その空間を気に入って暮らす人の話を聞いて、アイディアを蓄えておきたいと思っている。

KIKI|きき
武蔵野美術大学建築学科卒。同大在学中よりモデルとしての活動をスタートさせ、多数の印象的なCF・広告をはじめとして雑誌やカタログ等で活躍。興味の対象は幅広く、建築のほか、アートやデザインにも造詣が深い。モデルの枠にとらわれずさまざまなフィールドで活動中。

01_img02