vol.19 日曜の家
「無印良品の家」で暮らしている方を訪ねて千葉県千葉市のニュータウンへ。
caf? vivement dimanche 店主の堀内隆志さんが、
静かな住宅街の真っ白な「木の家」に会いに行きました。

施工例 | 2015.8.25

ダイアログ2

趣味の部屋と土地のお話

奥様の趣味の部屋へ

堀内さん
この扉はアンティークですか?
奥様
はい。WEBで見つけたアンティークの扉でイギリス製です。サイズに合わせて枠だけつくってもらい、そこに自分たちではめ込みました。
堀内さん
ここは奥様の趣味部屋なんですね。
奥様・ご主人
そうです。
堀内さん
じゃあ、この部屋には奥様のコレクション遍歴が……。
ご主人
……あるんですか?
奥様
はい。あります。
堀内さん
ええええ、ご主人は関知してないんだ。中に入ってもいいですか?
奥様
どうぞどうぞ。
堀内さん
ああ、雰囲気ありますね。インテリアに木箱をうまく使ってますね。
奥様
昔は甘~い感じのデザインが好きだったけど、最近は大人っぽいデザインにシフトしていて、少しずつ切り替えたいんですが、今は過渡期なのでいろんなテイストがごちゃまぜです。
堀内さん
切り替えるタイミングは難しいよね。

ご主人
この収納も私がつくりました。
堀内さん
このチェストをですか?
ご主人
はい。
堀内さん
こんなのつくれちゃうんですね~。ひょっとしてこの棚も?
奥様
そうです。マスキングテープも集めているので、テープの高さに合わせてもらって。
ご主人
はい、言われたサイズで図面を引いて……。
奥様
あと下は、小さなサイズの本が入るように……。
ご主人
サイズが決まっているとつくりやすいんですよ。そのサイズを基準にして全体のバランスを考えて。

堀内さん
ホントにスゴイとしか言えないです。ところで、ご夫婦で集めるモノとか違うんですか。
ご主人
僕は収集癖はないんですよ。あまりモノを置かないタイプです。
堀内さん
ああ、そういえば、そうおっしゃってましたね。
ご主人
ええ、そのせめぎ合いが……。最初はこの部屋の中は自由にしていいことにしていたのですが、少しず~つリビングのほうにも……。
奥様
……。
堀内さん
あ、じゃあ話題を変えて……今、製作中の棚は?
ご主人
今はないですね。調味料入れの棚をつくって一段落です。何か新しい発注はありますか?
奥様
今のところ大丈夫です!
堀内さん
この窓から見えるリビングの景色もいいですね。奥様はここでどんなふうに過ごすんですか?
奥様
たいてい何かつくってます。刺繍をしたり、編み物したり、アクセサリーをつくったり。手先を動かすのが好きなんですよ。
堀内さん
ご夫婦で手が動くのスゴいですね。
ご主人
僕は木工くらいしかできないですけど。
堀内さん
いやいや、相当なもんですよ。

ここに家を建てるまで

堀内さん
家にはお友だちもたくさん来るんじゃないですか?
ご主人
多いですね。この季節は月に2回くらい、休日は昼からバーベキューで、夜まで飲んで、ってパターンが多いです。
堀内さん
そうですか。同僚で30代で家を建てる方って多いんですか?
奥様
ええ、いますね、最近……。
堀内さん
でも、家を建てるって、けっこうな決断だったでしょ。
ご主人
勢いでしたね。賃貸の契約更新が迫っていて、同じところに住むか、引っ越すか、というときに、じゃあ家を買おう、と。最初は建売で探していたんですが、長く暮らすなら納得のいく家にしようと、結果的に家づくりを選びました。
堀内さん
無印良品の家はもともとご存知だったんですよね。
ご主人
はい。「木の家」の原型になった住宅シリーズにも興味がありましたから。

堀内さん
この土地は……?
ご主人
まず、道路が北側の土地を探しました。建物を北側にできるだけ寄せて建てて、南側に庭のスペースを確保する建物配置が良いと思ったので。今は南側に建物がないから開放感がありますが、仮に家が建っても、これだけセットバックさせていれば十分、日差しは入ると思うんですよ。「木の家」には理想的な土地だと思います。道路は南側が良いと考えたこともありましたが、やっぱり、前面道路に面して大開口は抵抗がありました。
この住宅街は、近所にある美術館の帰りにたまたま散策していたときに見つけて、大きな公園があって気持ちよくて、静かで、会社からもほどよい距離で、駅も近いし……。
奥様
新しい住宅街なので、外から来て、ここに家を建てる若い家族が多いと思ったんですよ。地域のしがらみみたいなものもなくて、私たちも共働きですからしっかりご近所付き合いできる自信もなかったので、それぞれ適度な距離感があっても、自分の家だけ浮かない環境を求めていたので、まさにピッタリでした。都心まで電車で一本ですし。
堀内さん
家づくりは二人がそれぞれ建築担当とインテリア担当だったんですよね。
ご主人
土地の方角や配置は、彼女の意見を聞きながら僕なりにアドバイスして決めましたね。
堀内さん
家具は奥様が決めたんですか?
ご主人
妻は情報収集が好きなので、彼女が持ってきた家具や照明器具の情報を見て二人で相談する感じでしたね。以前は賃貸だったので、家具をつくっても置く場所がなかったけど、今は置く場所があるし、庭で木工もできますから。それはホントに良かったと思います。やっぱり自分がつくったものは手放し難いですよ。
堀内さん
家はいいですよね。僕の家は嫁さんがほとんど管理をしている状態なので、僕は家で焙煎しているだけなんですが、それでも今の家を入手してから「暮らし」を意識するようになりました。以前はお店が自分の時間の大部分を過ごす場所で、それに疑問は感じなかったけど、引っ越してから、今では家がずっといたい場所になった。人も暮らしも、環境や家によって変わっていくんだなーと実感しています。賃貸で暮らしていたころはそこまで考えなかったですからね。当時は、家は寝に帰る感じでしたが、今は早く帰りたいと思うようになりましたよ。
ご主人・奥様・ネコ
わかります!