ダイアログ3

夫婦をつなぐピアノ

1階のリビングにて

花緑さん
ところで、ご主人は今、何歳ですか?
35歳です。結婚して約10年ですね。
花緑さん
ということは33歳で家を建てたわけですね。私はご主人より10歳くらい上なんですが、将来の自分の家を考えた時にね、30代で家を持つという選択もあるんだな~と。
借り上げ社宅に住めるのは10年で、その期限が近づいたことが家づくりのきっかけでした。
その頃は、2、3年くらい探して決めればいいかなと思ってたんですけどね。それがトントン拍子で決まって……。
早かったね。最初の相談から完成まで正味1年くらいでした。「もう建っちゃった」みたいな……。
決まると早いですね。勢いもあったかもしれない。「無印良品の家」は工期も短いのかな。
ここは延床面積で90m²くらいで、床面積だけなら社宅の頃と10㎡くらいしか違わないんですが、この家のほうがずっと広く感じます。
花緑さん
そうですか。もっと広いと思ってました。引き算の効用で広々と感じるのかな。リビングはピアノとクッションだけですもん。見事ですよ。
そこにソファを買おうかと悩んでるんですよ。
花緑さん
ああ、ここにソファがあるといいね!
オーセンティックな黒の革のソファがいいなと思ってるんですよ。でも、ソファって難しいですよね。洋服や日用品と違って、自分としては選んだ経験がほとんどないものですから、何が良いという決め手がないんですよ。
花緑さん
選ぶ時に気をつけたほうがいいのは高さですかね。お店でも座って座り心地を確かめると思うんですが、家では素足だけど、お店では靴を履いてますから。あとね、お店ではけっこう歩きまわるんで、知らない間に疲れていて、硬めの座面でもリラックスできちゃうんですよね。硬めが好きな人はいいんですが、買ってからもっと柔らかいほうが良かったな~と思う人も多いみたいですから。それに座るだけじゃなくて、ソファでうたた寝したい時もありますよね。寝転がった時の感覚も大事にしたほうがいいかもしれないですね。
夫・妻
参考になりますね~。

花緑さん
ところで、このピアノは誰が弾くんですか。
妻です。最近弾いてないですけどね。
はい……。
花緑さん
そうでしょうね。譜面の片付け具合でわかっちゃいますね。実は私、ピアノが弾ける落語家なんですよ。
夫・妻
おおおおお。
花緑さん
いや、落語もできるピアニストかな。ぜんぜん違うね。すみません、ウソをつきました。
夫・妻
あはははははは。
花緑さん
実はぼくも最近は商売にかまけてあまり弾いていないんです。兄貴はバレエダンサーなので、音楽はクラシックが良いだろうと子どもの頃はピアノを習ってまして、ボクは落語をやるので三味線を習っていたんですが、兄貴がピアノを弾く姿を見て、ボクもピアノが弾きたくなって両方稽古していたんです。今もシャレで落語会の合間にピアノを弾いたりするんですよ。でもピアノは練習しないと簡単には弾けないですからね。最近は土下座ピアノと呼んでます。聴く側がハラハラするピアノですね。最後まで行けるかな~って。
土下座ピアノ~(笑)
花緑さん
このピアノ、今は部屋の置物になってますね。もったいないですよ。で、どうですか? 弾いてみませんか?
え、今??
花緑さん
久しぶりに鍵盤蓋を開けてみましょうよ。
あ、開けるだけですよ~。先ほどの話の流れだと花緑さんが弾いてくれるんですよね~(パカッ)。
花緑さん
え? ぼく?
夫・妻
ぜひお願いしますっ!!
花緑さん
なんだか奥さんとピアノの位置がどんどん遠くなりますね。
(後ずさり)いやホントに何年も弾いてないんですよ。
花緑さん
弾かないと手が動かなくなりますもんね~。では……。
※花緑さんはショパンの「ノクターン」を演奏。
夫・妻
素晴らしいです!!(パチパチパチパチ……)
花緑さん
ボクも1年、弾いてなかったんですけどね、この前、ピアノの仕事をしたんですよ。そのために練習しました(花緑さんは新東名高速道路の浜松サービスエリアにある「ミュージックスポット」内、ヤマハの「NEOPASA浜松」の、ピアノ製造工程を紹介するビデオのナビゲーター役を務めていて、ビデオではピアノ演奏も披露されています)。
ボク、久しぶりにピアノの曲を聴いて感動しましたよ! やっぱりいいですね。
花緑さん
でしょう。奥さんにも弾いてもらわないと、そのうちコレ(ピアノ)が引き算されますからね。
いや、ちょっと思ってたんですよ。日用品や洋服は減らすけど、ピアノだけは手放さないんだな~って。
なぜかコレだけは手放しちゃダメな気がするんですよね。
花緑さん
たまには弾いてあげてください。リビングにあるのはピアノとクッションだけじゃないですか。長渕を弾けばご主人はクワガタの世話をしててもすぐに来ますよね。夫婦をつなぐピアノだね。じゃ、次は奥さんに弾いてもらわないと。
えええ、ホントに~?? さっきの花緑さんの演奏を聴いて一気にハードル上がった~。
花緑さん
そう言わずに、思い出して弾いてみてください。
え~、どうしよ~。
※奥さまはドビュッシーの「アラベスク第1番」を演奏。
花緑さん・夫
おおおおお!!(パチパチパチパチ……)
花緑さん
また難しい曲を選びましたね~(笑)。でも、ちゃんとピアノを弾いていた方の指運びですね。素晴らしいです!
引っ越してから弾いてなかったですから……。
ピアノいいですね。今日は本当に良かったですよ。こういう機会ができて! ありがとうございます!
花緑さん
音楽が人の心をつないでる感じがいいですよね。ここならグランドピアノも置けますよね。
あー、それはカッコいいですね~。ソファに座って、妻はグランドピアノで演奏。
アパートの頃と比べると音がぜんぜん違いました。吹き抜けがあるからでしょうか。引っ越したばかりの頃に、主人に鍵盤を叩いてもらって、外で音漏れ具合を確かめたんですが、音はほとんど漏れなかったです。

1階ダイニングテーブルにて

花緑さん
この階段が特長的ですね。上に抜けているのが気持ち良い。
「窓の家」は本来は階段室の仕様なのですが、建てるならスケルトン階段がいいな~と思いまして。
花緑さん
そうか。そういう間取りや仕様は自分たちで考えられるんですね。
二人で考えました。
この階段はネットの施工例を参考にして決めましたね。
花緑さん
間取りでもめたりしませんでした?
まあ、ありましたが、結局は押し切られることが多かったかな。
花緑さん
あははははは。ご主人には違う希望もあったんですか?
ええ、ぼくは階段には水槽を組み込みたかったんですよ。その頃は金魚好きだったので。
花緑さん
えええええええええ。それは押し切られますよ(笑)
「よく考えろ」って言われました(笑)。まあ、そんなことを話し合ったことも楽しかったですね。
花緑さん
よく、二人でお友だちを呼んだりするんですか?
そうですね。呼ばなくても同僚がよく遊びに来て好き勝手やってますね~。
花緑さん
そうなんだ。居心地が良いんでしょうね。このダイニングのテーブルが実にいい感じですね。
これは伯父さんの古い家の縁側に使われていた材なんですよ。しばらく雨ざらしだったそうです。
花緑さん
それがいい感じになってるのかな。白いインテリアのアクセントになってますよ。ステンレスのキッチンとのコントラストもステキです。普通のテーブルならこんな雰囲気出ないですよね。
そうですね。
このテーブルは父がつくってくれたんですよ。父は粘土の彫刻家で母は陶芸をやっています。菓子鉢代わりに使ってるこの焼き物も母の作品ですね。
花緑さん
そうですか。なるほど、そういう家で奥さんのセンスや意識が磨かれたんでしょうかね。
つくることは昔から大好きです。
その点、ボクは苦手なんですよ。苦手というより横着者ですかね。
花緑さん
横着者じゃないでしょー! あんなに生き物飼おうっていうんですから~。横着ならクワガタも生きてないですよ。
確かに。手入れとか大変そう。マメにやってますけど。
花緑さん
むしろ世話好きですよね、むしろ……。
まわりから見ると変な人だと思われてるはず。家の前で飼育箱を掃除して、手入れしている時は、常に話しかけてますからね。「おまえ、おったんかい!?」とか。
花緑さん
あはははははは。
前の道が犬の散歩コースになってますから、いろんな人に見られてますね。
花緑さん
でも、話しかけると、クワガタも聞いているかもしれない。
ええ。返事もしますよ。
花緑さん
えーー!! ほとんどファーブル先生じゃない、それ。
だって、コイツは今日は顔色が悪いとか言ってるんですよ。
花緑さん
顔色って、みんな同じ色に見えますよね~(笑)

帰り際、玄関の前で

花緑さん
うわ、やっぱりこの景色すごいよ、コレ。
初日の出もここから見れますよ。
花緑さん
そうですか。海はどちら?
あの山の向こうが水島港ですね。
花緑さん
本当にいい環境ですね。ところで取材の前に話してた、掘ったとか埋めたとかの話は何?
エントランスまでの路地を掘り返して踏み石代わりに枕木を埋めたんですよ。
花緑さん
この枕木? これをご主人が埋めたの?
そうそう、それでこことこのラインが揃っていなかったので……。
それでやり直し……炎天下……。
花緑さん
あ~そりゃー大変だ。
そうなんですよぉ……。
花緑さん
で、この枕木が裏の庭までつづく予定なのね。あー、確かにこれはぐるっといきたくなりますよね。あとは鉄道を敷くだけだね(笑)
ひえ~。無理無理(笑)。今の自分の作戦は庭に池をつくることなんですけどね。
花緑さん
お、枕木の先に池が来ますか?!
ええ、そのうちやったろーかな~と思ってます。でも、朝、池を掘って、仕事に行って、帰ってきたらたぶん埋められてますね。
花緑さん
ええええ、池になる前に埋立地ですか。
管理が大変じゃないですか~。池は良いと思うんですが、よく手入れされずに空になってる池があるじゃないですか。あんなふうになりそうで……。
花緑さん
池、いいじゃないですか。いろいろできる余白があるっていいですね。これも戸建ての良さですよ。今日は楽しかったです。おじゃましました。どうもありがとうございました。
夫・妻
ありがとうございました。お気をつけて。